« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月31日 (水曜日)

その名前でいいのかな?

JR九州のICカード、名は「SUGOCA」

Smart Urban GOing CArdの略だそうだが、"IC"という文字列が含まれていない。
SuicaもTOICAもICOCAも皆"IC"を含んでいるのになあ。当事者が「すごか」しかないというのだから、よそ者がどうこう言う筋合いではないことだが(^_^;)。

民鉄系のPASMOやPITAPAは"IC"含んでいないが、こちらは最後が"CA"でないから、命名としては別系統と考えるべきだろう。

そんなことより、今週発売の週刊新潮の広告。

「50キロに5駅」の壮大なるムダ「古賀誠新幹線」建設中
確かに新鳥栖、久留米、船小屋、新大牟田、新玉名の5駅がちょうど50kmの区間に建設される。特に新鳥栖・久留米間は5.7kmしかない。長崎ルート分岐のための新鳥栖なんていらねえだろう。鳥栖の住人には交通の要衝としてのプライドがあるかもしれないが。
(参考までに北陸新幹線の分岐は高崎駅から3.3km先である。ここに駅はない(笑))
それに船小屋も後から「でっち上げた」駅だしなあ。

この駅の多さは前から分かっていたことで、新潮が記事にするのは何かあってのことだろうが、今更ながら、こちらの方が"SUGOCA"である。

予定されている山陽新幹線からの直通は1時間に1本程度(全体では4本程度)で、航空機との対応を意識しているというから、最速達列車は博多・熊本・鹿児島中央だけの停車で、これに久留米、新八代、川内あたりが停車駅に加わる程度だろうが、「各駅停車」の博多・熊本間はかったるそうだ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年10月29日 (月曜日)

相変わらず気になるアナウンサーの日本語表現

週末のテレビ番組に出てきたアナウンサー(いずれも民放)でちょっと気になったこと。

まずはひき逃げを伝えるニュースの男性アナ。地名の中野区江古田を「なかのくえこだ」と発音していたが、中野区江古田は「なかのくえごた」である。先日の都営大江戸線の停電事故に関するエントリーでも同様の記述をしたが、番組で訂正はなかった。西武池袋線の江古田(えこだ)駅だけが頭にあったのだろうか、このアナ氏は。局の関係者で誰も気がつかなかったのか、気がついても遅かったのか。

地名の発音はきっちり正確にすべきである。町や村をつける場合にはそれが「まち・むら」なのか「ちょう・そん」なのかも含めてである。伊勢崎(いせさき、群馬県)と伊勢佐木(いせざき、横浜市)の混乱などテレビやラヂオでは日常茶飯事である。

次に女性アナの「冠婚葬祭のご祝儀」という表現。
一般的にはこれで通用するのかもしれないが、冠婚葬祭には葬式が含まれており(というか、冠婚葬祭のうち冠と祭は寺社への寄進や成人式、節句などは現在でもあるものの、婚葬の2つが中心だろう)、葬式に「ご祝儀」はない(はずである。憎たらしい親戚が亡くなったら、心の中では香典は祝儀かもしれないが(^_^;))。

私は形式的なことが嫌いなので、冠婚葬祭に関するマナーや表現、慣例といったものに疎いのだが、キー局の番組で「冠婚葬祭のご祝儀」などという表現がまかり通っていいものかどうか、皆さんのご意見を伺いたいところである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木曜日)

非難と避難

大江戸線の停電事故。

年に1回の法定自主点検でスイッチOFFの戻し忘れをして、こんな弱点があるんだぞ、と教えてくれた東京交通サービスという会社は偉い(もちろん皮肉)。しかも状況証拠はクロなのに、誰もそんなことはしていない、と職員は否定しているという。こんな会社、委託契約解除しろよ。それとも東京都の職員の天下り先なのかな。調べてみると東京都が株式の22.5%出資しているではないか。

昨日の報道ステーションではまたまた古舘と加藤の陰険ネチネチコンピが、深刻な顔して大都市のインフラのいざというときのもろさを批判していたが、大江戸線のトンネルの断面積が他線より小さいことや地下深くを通っていることなど、最初からわかっていること。今更あんた達に言われなくても利用者はわかっている(理屈を知らない人でも車両の狭さと階段、エスカレーターの長さで本能的にわかる)。最新技術で対応しろ、などと頓珍漢なことをいっていたが、要するに事故が起きた時の対応の問題である。都営地下鉄は浅草線でもチョンボやって国土交通省から目玉喰らっているらしいので、お役所体質が抜けないのかもしれない。

それから新江古田(しんえごた)駅を「しんえこだえき」と読んだレポーターの姉ちゃん、勉強不足だ。練馬区の「江古田」は旧北豊島郡江古田村(えこだむら)、中野区の「江古田」は東多摩郡江古田村(えごたむら)なのだ。同じ漢字で読み方の違う「江古田」が2つ存在する。

多くの場合停電しても惰性で駅まで走行できるのが、昨日の事故の場合、線路の縦断勾配がきつくて途中で停まってしまったという専門家による解説もあったが、そうなると駅にワイヤ使った非常用の牽引機でも設置するしかないな(笑)。

車両の構造やトンネル内の非常用設備の見直しなどもすべきかもしれない。現実的ではないかもしれないが。

そんなことより、都営地下鉄の駅には、東京オリンピック(1964年のものではない)誘致PRのために、五輪旗と同じ五色ののぼりが設置されている。万一誘致に成功して、大会期間中にこういう事故でもあったら大事だ。とんだ弱点をさらけ出したものである。えっ、業者に点検されなければいいってか(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火曜日)

グルメ気取りに鉄槌だな(笑)

秋田の比内鶏という会社(なんちゅう社名だ!)が比内地鶏を全く使っていないのに、使ったと偽装した商品を出荷し続けた問題。もう何が起きても驚かなくなって久しい(笑)が、赤福の赤が「真っ赤な嘘」の赤だったのに続いて「比べるのにならない(内)」悪徳会社の登場である。

しかし、騙される方も騙される方だな。私は比内鶏なんてブランドに全く魅力を感じない。ケンタッキーフライドチキンの方が美味いし、近所の安い焼き鳥の方が性に合っている(などというと「化学調味料」や添加物にならされている、とかアメリカ資本に丸め込まれている、なんて批判がありそうだが、それは無視する)。

騙される奴は、固くて歯ごたえがあれば地鶏だ、くらいの味覚と食感しかもってないから、固い廃鶏で偽装されてもわからないんだろうな(笑)。そこがやつらの狙い目な訳だし。パッケージのブランド名見て美味しい美味しいと食べてりゃ世話ないわ。無農薬とあれば一切の薬品を使ってないと錯覚しているのと同じくらい目出度いオツムである。

注)赤福については、先代社長のことを小林よしのりがSAPIOの連載、ゴーマニズム宣言で絶賛していたが、コメントが聞きたいところである。彼のことだから恐らく誌上で何らかの反応があると思うが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日曜日)

「パッチワーク」の新宿駅改修

JR東日本:中央線特急乗り場、来月25日から変更−−新宿駅始発着

山梨や南信はほとんど行かないし、成田エクスプレスも京成スカイライナー派の私にはあまり関係ないのだが、新宿駅の5・6番線は不便だ。実質「新宿代々木駅」だからなあ。ホームの南端はほとんど代々木駅だ。やっと9・10番線が供用開始になるか。

私が大学に入った30年前の国鉄新宿駅は島式ホーム5面の10番線だった。今は8面16線なので、ホームの番線の数字は当時より6多い。今の7番線から16番線が当時からのホームで、ほとんど南北位置にずれがないので、乗換も比較的便利である。これに対して1から6番線は構内の東南部の「空きスペース」に順次新設されたために代々木寄りに位置している。新宿駅といいながら、ほとんど渋谷区に属しているのである(甲州街道が区界)。

故に、3・4番線も不便で、埼京線使う私にはこっちの方が何とかしてほしいが、これは変わらないだろうなあ。それこそ甲州街道が上通っているから、東京駅の中央線発着用の1・2番線みたいに上に重ねるわけにもいかない。新宿の3番線着とか4番線発ってのは欝だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プロ野球ポストシーズンの混乱

パ・リーグはリーグ優勝の北海道日本ハムがCS(クライマックスシリーズ)を制して日本シリーズに進出したが、セ・リーグは2位の中日が無敗で日本シリーズ出場権を獲得した。

これまでもパ・リーグは2位のチームがプレーオフでリーグ優勝から日本シリーズ制覇と問題が指摘されたが、今年はリーグ優勝はリーグ優勝として確定し、日本シリーズ進出チームと切り離されたために、中日の進出でファンや球界、メディアなどあちこちに違和感が広がっているようだ。

まったく自分達で決めたことなのに、いざ現実を目の前にして違和感を唱えるのは日本プロ野球の宿痾であろうか。今年のCSの制度など、敗れた読売は推進派で、逆に中日は反対派だったと言うから、皮肉もいいところである。ドラフト制度も何度もいじった挙げ句、高校生とそれ以外を分離したのも来年から元に戻るようだ。

さて、一報、アメリカのメジャーリーグではロッキーズが無敗でワールドシリーズ進出を決めた。これまで苦労してきた松井稼頭央が脚光を浴びているのは喜ばしいことだが、それはともかく、ロッキーズはワイルドカード(最高勝率2位チーム)でのポストシーズンマッチの出場だ。

最近ではレッドソックスがワイルドカードからワールドシリーズ制覇というのもあるが、アメリカの場合、ア・リーグ、ナ・リーグとも東西中の3地区に分かれて戦いつつ異なる地区所属同志の「交流戦」もある変則方式のため、ある地区の1位の勝率が別の地区の2位の勝率よりも低いことがしばしばあるので、ワイルドカードには数合わせ以上の意味があると言える。ここが日本の混乱したポストシーズンゲームとの違いである。

セ、パとも8チームにして東西に分割し、東西の1位と2位でプレーオフを、という提案もあるようだが、この「水増し」は経営的にも技術レベルの点でもデメリットが多いように思う。

興行的に試合を増やしたいなら、こんな案はどうだろうか。
日本シリーズは以前のようにリーグ優勝(これも変なプレーオフなどせずに、リーグ戦の勝率で決めればよい。そのため、できればメジャーリーグのように引き分けをなくすことが望ましいだろう)同志の対戦に戻す。そしてリーグ優勝、日本シリーズチャンピオンともに従来の権威を取り戻すのである。

それとは別に、サッカーのカップ戦のようなもう1つのタイトル戦をポストシーズンゲームとして開催するのである。シーズン中のセ・パ交流戦もそれだけで優勝チームを表彰するのだから、もう1つタイトル戦があってもいいだろう。

方式としては、セ・リーグの2位とバ・リーグの3位及びセ・リーグの3位とバ・リーグの2位が一発勝負で勝者を決め、その勝者同志が二戦先勝方式で戦い、その勝者が日本シリーズの敗退チームと三戦先勝方式で優勝を争う。

リーグの二、三位チームと日本シリーズに敗れたチームに最後のタイトルのチャンスを与える、という考え方である。試合数は日程面を考慮すればこんなものだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月19日 (金曜日)

佐藤めぐみタン綺麗(^_^;)

NHKの朝ドラ「ちりとてちん」にA子こと和田清海役で出演している佐藤めぐみは、薬師丸ひろ子の高校(キーワードは青物横丁)の20年下の後輩だったか。

薬師丸ひろ子には面識ないが、同じ高校の同じ学年の何人かとちょっとした因縁があるので、昔を思い出してちょっと感慨にふけってみる(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月18日 (木曜日)

(いつものことだがw)暴論吐いてみる

西友平塚店での小学生がエスカレーターと壁に挟まれた事件について。

建築基準法違反というが、厳密に記述すれば、基準法そのものにアクリル板の長さの規定はなく、政令=建築基準法施行令の百二十九条の十二第一項第1号及び第5号に基づく平成12年の建設省告示に対する違反(※注)である。いずれにしても法令違反には違いない。

●暴論1
法令違反をしたお莫迦な店舗を、エスカレーターから身を乗り出したこれまたお莫迦な小学生(事故にあったのは気の毒ではある。命に別状はないと報道されているが、重篤な後遺症でもひきずるようなら本人も家族も悲惨ではないか)が洗い出した、ということで、毒を盛って毒を制す、という小僧になっているところがなんとも皮肉である。

事故現場となった西友平塚店は、ウォルマート型の店舗のつくりということで、食料品売場が一階、地下一階が「生活用品と衣料品の売場とし、書籍売場や、ファーストフード5店が入ったフードコートを設置」となっていてゲームコーナーも設置されていて、小学生はここで遊んだ後エスカレーターで50円硬貨を落として身を乗り出した、という状況のようである。

●暴論2
遠足にもっていくお菓子を買いに来たのなら、一階で買い物済ませてさっさと帰れよ。そしたら事故に遭わなかった。

●暴論3
小学生に50円は決して安くはないだろうが、それならどうしてエスカレーターから覗いたりするのだ?店員に話して探して(拾って)もらえばいいではないか。この子はもしも駅のホームにいて50円玉を線路敷きに落としたら、電車が入ってくるにもかかわらずホームから身を乗り出して探したり線路に降りたりするのだろうか。

注)建築基準法施行令百二十九条の十二  エスカレーターは、次に定める構造としなければならない。
一  国土交通大臣が定めるところにより、通常の使用状態において人又は物が挟まれ、又は障害物に衝突することがないようにすること。以下略

告示の当該箇所には「交差部と反対側の保護板の端は厚さ六ミリメートル以上の角がないものとし、エスカレーターの手すりの上端部から鉛直に二十センチメートル以下の高さまで届く長さのものとすること」と記載されている。

なお、エスカレーターの設置と管理がシンドラー社、建築確認検査機関がイーホームズ(廃業)ということで、マスゴミの恰好の餌食になっているようである。投下する「燃料」に事欠かないなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水曜日)

あっ、そう

埼玉県熊谷市内の秩父鉄道にこういう名前の駅があるのだが、ローゼン氏は知っているかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月16日 (火曜日)

地元民か常時利用者だな

酔った女性転落・痴漢逃走、都内のJR5万人影響

同10時45分には、北区のJR埼京線赤羽駅のホーム上で駅員に痴漢行為で取り押さえられていた50歳代の男性が、いきなり線路上に飛び降り、池袋方面に走って逃げ出した。

この痴漢のおっちゃんは線路状況ちゃんとわかっているよな(笑)。
池袋方面に逃走すると、隣の十条駅の手前で平面交差があるから逃走目的が達成できる。

ところが逆の北赤羽方向に逃走するとアウトである。延々高架と橋梁区間が続くのである。新幹線と併走する区間なのだ。それは大宮駅(埼京線は地下駅)を過ぎて川越線として地上に出るまで続く。何よりまず逃走してすぐに赤羽台トンネルに突入して暗闇を彷徨うことになるのだ。えっ、赤羽台トンネルから縦坑通って星美学園経由で地上に逃げられるのではないかって(^_^;)?さあ、それはどうなんでしょうね(笑)。まあ途中に管理用の階段があるはずだが…

それより酔っ払いをどうにかしてくれ。こんなことで電車が40分も停まったんじゃたまらない。
痴漢が線路に降りて逃走というのも今回が初めてではないし、あまり追い詰めるのも考えものかもな(^_^;)。駅員にカラーボールでも持たせておいたらどうかな。

結局のところ、ホームゲート設置しかないと思うのだが…
いずれにしても、丸ノ内線や銀座線では線路に降りたらアカンよ。もっとも丸ノ内線は最近ホームゲートの設置が進行中である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月曜日)

頭がピーヒャラ

さくら 桃子撃破して1億円突破

一瞬、「ちびまるこちゃん」のことかと思った、というのは嘘です(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土曜日)

熱くなりなさんなって(温暖化防止だよ)

ノーベル平和賞の今年の受賞者がアル・ゴア元アメリカ副大統領とIPCCに決定。
何のことはない、ノーベル平和賞が糞な賞であることの証拠が1つ増えたに過ぎない。

確かに過去にマザー・テレサのような立派な受賞者もいる。
しかし、半島の金・金だって受賞したんだぜ。日本の左寄りの人達は、佐藤栄作やキッシンジャーも受賞者だったことをどう評価するのかな。私の中ではマータイも糞。

そろそろ「ノーベル政治賞」と改名した方がいい時期だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金曜日)

一種の人災だな

首都圏の今朝の自動改札のトラブル。自分自身は直接ひっかからなかったが。

報道ステーションでは、技術が進みすぎて便利さと裏腹にリスクが高まった社会、などとしたり顔でキャスターの古舘とゲストコメンテーターの山田昌宏東京学芸大教授が話していた。まあそういうコメントをしておけば当たり障りがないし、技術の進歩に批判的な人達からは共感を得やすいものな(笑)。

日本信号の機械だけトラブルを起こしたのに、結局混乱を避けるために東芝とオムロン製の機械までフリーパスにして、そのために入場記録がないために、夕方にも再度進入不可能という混乱のおまけ付き。

どうしていきなり今日、こんな大規模トラブルになったかという原因究明は当然必要だろうが、娘の話だと、以前にも同様のことがあり、駅で証明書をもらって自動改札をスルーし、下車駅で精算するように言われたという。ということは今回のトラブルの原因となったアプリケーションないしシステム上の「バグ」は当初からあったことは確実で、しかもそれが恐らく駅員からシステム管理者まできちんとフィードバックされていなかったのだろう。あるいはフィードバックされても適切な対応がとられていなかったのかもしれない。

日本信号の自動改札機は日本信号のシステムでしか動かず、東芝やオムロンのシステムとは互換性がないのだな。(互換性のないシステム同志を相互接続した)合併直後のみずほ銀行のシステムトラブルと根っこは同じではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木曜日)

どの面下げて

10日の夕方、巣鴨駅前で自治労の赤い腕章巻いた連中が、憲法窮状、ぢゃなくて9条を守れって街宣と署名集めをやっていた。

だいぶ日が短くなってきて、既に薄暗い時刻だったので、赤い腕章ってのは目立ちにくいのだが、それでも「赤い」のを巻くところがこいつららしくて笑える。

それにしても、である。年金保険料の横領や記載漏れに始まって、自治労ってのは「できるだけ働かないで、権利は主張して税金に寄生」し、日本をずたずたにした連中である。そして、公教育を崩壊させたのは日教組であり、根は同じ。もしかしてそいつらがこの間沖縄で騒いだか?

いずれにしても、ここまで日本をダメにしておきながら、その日本の平和を守るために憲法改悪反対とはブラックジョークである。北朝鮮やシナのミサイルはどこを向いていると思っているのだろうか。いくら「赤い宗主国様」に媚びへつらっても、有事にあんたらだけ例外ってことはないのだ。

それにしても、あそこの駅前、マクドナルドもあるし三菱東京UFJ銀行もあるし、確かアコムもあったかな、赤い看板が目立つ。交番横にはしょっちゅうパトカーが停まっているし。そして、下一桁が4の日には赤いちゃんちゃんこ来た婆ちゃん達が大挙して押しかける、訳ないな。冗談冗談、婆ちゃんは多いけど、さすがに赤いちゃんちゃんこは着ていない(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月曜日)

アホガキ1人のために

サッカーゲーム機 小1男児が指切断 岐阜・本巣
<ゲーム機>男児の指切断事故でセガが施設を休業 岐阜

でもって、このガキは立ち入り禁止区域に入って遊んでいたという。自業自得ではないか。

確かに指を挟んだチェーンのカバーが外れていなければ事故は起きなかったかもしれないので、その点でゲームコーナーの運営側に全く落ち度がなかったとは言わないが、そもそも立ち入り禁止区域に入らなければ事故は起きなかった。立ち入り禁止区域に入って遊ぶような悪ガキならば、カバーを外してしまうかもしれないし、そうでなくとも別の事故を引き起こしたかもしれない。

こういう時に、営業を休むというのは、糞ガキとその親を甘やかすようなものではないのかな。

6歳の子供が指を切断というと気の毒ではある。しかし、よく考えると、電車の中なんぞで傍若無人に騒いでいるしょうもないガキを時々見かける。そういう類の子供だったとすれば(見てないから断定できないが)同情する気にはなれない。施設を休業するはめになった方こそとんだ迷惑というものだ。
(ただしカバーが外れていたことに関して、施設側に落ち度があればそこはきちんと対応する必要はあるだろう)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月 5日 (金曜日)

明日のなさそうな新聞社

毎日新聞がMSNとの提携を9月で解消した(毎日jp)と思ったら、10月から産経がMSNと手を組んだ(MSN産経ニュース)。
http://www.mainichi-msn.co.jp/ → http://mainichi.jp/
http://www.sankei.co.jp/ → http://sankei.jp.msn.com/

MSN産経ニュースはまるでこれまでの毎日のサイトのような構成で、使いにくそうだ。IE7の広告がページの真ん中に入っていたりと鬱陶しくもある。シナの情報統制に屈したM$と手を組むことに産経は躊躇しなかったのだろうか。沖縄の官製デモの報道を巡って朝日と「文通」をするなど、産経は迷走し始めているようだ。

排日、もとい毎日jpはといえば、色遣いが多くなって派手な印象だが、構造的には大きな変化はないようだ。ということはやはり使いにくい(笑)。

IT Media Newsによると

毎日新聞社は、新ニュースサイト「毎日jp」を10月1日に公開する。オールアバウトなど他社と協業してコンテンツを充実させるほか、有名ブロガーの意見を聞くなどしてサイトを構築。「オープンかつ信頼できるサイトにしたい」としている

ということなのだが、羊頭狗肉っぽいな(笑)。有名ブロガーが誰だか知らないが、必ずしもよいサイトデザイナーとは限らない。他社と協業といえば聞こえはいいが、リンクはったりコンテンツ垂れ流すのがせいぜいだろう。毎日新聞の限界だな。大手のコンテンツホルダーが連係しても、結局は建前本意、見せかけだけの限られた情報がぐるぐる回っているだけだ。それとYahoo!色が強くなっている。

ネットでは日経、朝日、読売が手を組んだので、はじき飛ばされた形の毎日、産経が目先を変えようとしたということかな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年10月 3日 (水曜日)

1970.1.1 9:00AM

夏頃に一時的にスパムメールが少なくなったが、最近また鬼のように届く。ほとんどが英文なのは相変わらずだ。調べてみればわかることだが(専門外なのでそんな時間は私にはないが)恐らくどこかの国ないし州あたりで発信規制が強くなって、発信場所(国)を移動した、といったところだろう。

そのなかのかなりの部分がタイトルに示したように「1970.1.1 9:00AM」とタイムスタンプを偽装している。着信メール時間順に並べると1番端に来るように仕掛けられている訳だ。フィルターにもひっかかりやすい弱点がわるが、何故かこの手法はスパマーに好まれているようだ。莫迦ぢゃないのかな。

プロバイダーは、このタイムスタンプ持ったメールは機械的に削除するようにしたらいいのではないかと思うのだが、何か法令に引っかかるのか?

ところで最近来るようになった日本のスパムメールで、「噂の生活情報マガジン」という陳腐な名前のものがある。こいつも日付は「1970.1.1 9:00AM」である。そして送信者はnikkei.co.jpとなっていて日経新聞を偽装している。いやあ、権威に寄りすがろうというせこい根性が気に入った、基い、気に入らないな。かなり根性のひん曲がった奴がやっていると思われる。実態は広告メールなのだが、どうも汚い金の臭いがする。

日経新聞が気がついているかどうか知らないが(誰か通報しているだろうから気がついてないとしたら相当間抜けである)、さっさと訴えたらいいのに。

ちなみにこのメール、送信者のアドレスのドメインはnetnjoy.comである。韓国のサーバ会社を使っているようである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 2日 (火曜日)

爺さん正気か?

昨日の北極の氷に関するエントリーにトラックパックをいただいたが、そちらのエントリーでラブロック博士の地球温暖化対策なるものに言及していたので、エントリーを改めてコメントしてみる。正直、奇想天外なアイディアなのでスルーするつもりだったのだが(笑)。

これである。
深海水の栄養で藻類繁殖、CO2吸収…温暖化防止へ新構想

全くどうして皆、二酸化炭素さえ減らせば全て解決するかのような主張をするのかよくわからん。

「栄養価に富んだ深海の水をパイプで水面近くに吸い上げて藻類の繁殖を促し、より多くの二酸化炭素(CO2)を大気から吸収させ」
うん?これはこれで新たな海洋汚染や海流の変化による気候変動をもたらす危険性があるのではないのかな。なにしろガイアは生き物なんだから(笑)。海水面付近の富栄養化で漁業が壊滅状態になったら食糧どうするのだろうか。


「使用するパイプは、長さ100〜200メートル、直径10メートルほどで、海中に垂直に浮かぶように設置。パイプの下部に開けた穴には弁をつけ」

この製作と設置過程でかなりの二酸化炭素を排出することになると思うのだが…

「藻類は太陽光とCO2を材料に「光合成」を行い、繁殖する。しかし、太陽光が降り注ぐ海面近くは栄養価が低く、光合成がうまく進まない海域が多い。このため、博士らは、栄養価が高い深海の水をくみ上げることで、藻類のCO2吸収能力を高められると考えた」
しかし、そういうバランスで藻類が棲息しているのが現状の生態系なわけで、それを崩そうということか。その繁殖した藻類が死滅した時には大量の二酸化炭素が大気中に放出されて(ry

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リンゴ交換

結局iPod nano (3rd gen)は、電源が入らず、購入店で初期不良認定で交換。
その結果、何事もなかったようにちゃんと起動する。

まあApple製品なんてこんなもの(笑)。怒ってはいけないのである。

カードサイズにCD何枚分も音楽データが入れられるのは便利である。
クラシック音楽何枚分か入れたらすぐに2GBくらいのデータ量になってしまった。
ああ、いけねえ、リンゴなのにまだウィリアム・テル序曲を入れてなかった(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月曜日)

人間の時間尺度で大騒ぎする愚

北極海の氷、減少止まる…衛星画像で判明

だから言わないこっちゃない。地球の46億年の歴史を考えれば、たかだかここ20年〜200年くらいの気候変動で大騒ぎすることがどうかしているのだ。もちろん、だからこそ、北極海の氷の減少がたまたま止まったからと言って、それで温暖化が止まったと結論づけるのも同様に愚かなことではある。

ところで、ホッキョクグマの絶滅を心配する声があるようだが、あれは二万年くらい前にヒグマから分化したのだそうだ。ということは一万年くらいまえの温暖期にも絶滅はしなかったことになる。個々のホッキョクグマの生命ということでみれば、可哀想な個体も存在するだろうが、人間が大騒ぎしてどうこうできるものでもないということだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »