« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月28日 (金曜日)

「恐怖政治」のJリーグに明日はあるのか

川崎F“バッシング”にWショック

まずは、川崎にJリーグチームは1つしかないのに、なぜ川崎Fという表記を続けるメディアが一部にあるか、という批判をしておく。

さて、Jリーグ当局による「川崎苛め」は、我那覇選手に対するチームドクターの静脈注射に続いて今年2回目である。もっと川崎は怒っていいのではないか。

我那覇の時は、ルール違反として処分された川崎だが、今回の先発選手入れ替えは規約に抵触していないという。だとすれば単に8人という「大量の」選手入れ替えに、リーグ幹部が感情的にカチンと来たに過ぎないと思われる。そんなダブルスタンダードはねえだろう。

記事中にもあるが、同じACLでも浦和のアウェーは時差もなく片道の飛行時間が2時間余りの韓国である。イランに行った川崎と同列に扱うのはおかしい。

犬飼基昭専務の前職は浦和レッズの社長である。これでは名前のとおり「浦和の犬」ではないか。
「26日のセパハン戦前、関係者と報道陣の前で慶大サッカー部の後輩である武田社長を怒鳴りつけた同専務理事」とあるが、先輩風ふかしたのか。こいつ、もしかして人格に問題があるのではないだろうか。

こういう批判もある

| | コメント (0) | トラックバック (1)

もう1つの年金泥棒

社保庁年金システム入札に「不備」…専門家が見直し要請

「新システムは、整備費が1150億円、完成後の運用費は年550億円を見込んでおり」とあるのだが、高すぎないか。相も変わらずレガシーシステムを組んで、運用段階での大量の人員投入による人件費を見積もっているのではないかと疑ってしまう。

「特定企業による独占の弊害」
みかかデータだな。この会社も国民の支払った年金原資をかなりくすねて利益を上げてきた。見直しは当然だろう。試しにインドの会社あたりに見積もらせてみたら面白いのではないかな。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

腐ったリンゴかよ!

今月6日に発売されたiPod nano (3rd gen.)の8GBタイプを26日にビックカメラ有楽町店で購入した。

のだが……

充電完了しているのに、USBケーブルから外してMac本体からの電源供給が切れると、電源が入らないのである。Macと接続するとちゃんと動作するし、同期も取れる。きちんと音楽も再生されるのである。しかし外すとダメなのである。手順はきちんと守っている。トラブルシューティングにあったリセットなどもやってみるがダメ。検索してみると、同様の症状の人がいることも判明した。これはもう初期不良しか考えられないな。

しかたないから、明日の夕方にでも販売店に持っていって交換してもらうとしよう。店の反応がどんなものかもチェックするぞ。

それにしても、やはりAppleである(笑)。これでは"iPod dame nano"ではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月27日 (木曜日)

軍事自転車操業国家アメリカの本音?

中国の影響力行使に期待=ミャンマー情勢で米次官補

「ミャンマー当局は軍や警察を動員することで問題を解決できると考えるのはやめるべきだ」ってw、内政・外交の違いはあるにせよ、「アメリカ合衆国政府は軍を動員することでイラクやアフガニスタンの問題を解決できると考えるのはやめるべきだ」ってそのまま使える台詞だな(笑)。

(個人的には当初イラク戦争には賛成の立場だったが、その後何冊かの本を読んだ結果、中東地域の宗教、歴史、文化、社会に対して不勉強であったと反省している)

いや、本音を言えば、イラクやアフガンに軍を展開していなければ、ミャンマーに石油資源がないにせよ、ブッシュ政権は(コソボ問題の時のベオグラードのように)ヤンゴン空爆やりかねないかもしれない。

だいたい、頼りにしている中華人民共和国が軍事政権みたいなものぢゃないか。人民解放軍を掌握できないと権力が握れないのだからな。チベットを軍靴で牛耳ったその人民解放軍と北京政府を本気であてにするようなら、アメリカの民主主義とやらも底が知れている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だから言わんこっちゃない

親方がビール瓶で殴り、兄弟子が複数でリンチを加える。
今年6月28日のエントリー(引用した記事情報は皆削除されてしまっているが)で指摘したとおりである。たまたま死者が出てしまったわけだが、稽古や指導に名を借りたリンチは日常茶飯事なのではないのか。

しかし、である。新聞報道などでは大相撲のこうした不祥事は最近のことで、まるで北の湖が理事長になってから問題が出てきたかのような論調である。どうして双羽黒(北尾)のことに触れないのかね。これも一種のタブーなのか、マスゴミが相撲協会に遠慮しているのか。

そもそも八百長問題なども昔から週刊ポストが取り上げて批判しているのに、週刊誌の記事などあてにならない(実際あてにならないのが多いことも事実だけど)とばかりに知らんぷり。二子山部屋の女将のスキャンダルから若貴確執などもあったように過去にも様々な問題があった。新聞やテレビなどの「談合マスゴミ」はそうした問題の核心に迫ることなく、なあなあで大相撲報道を続けてきたと言ってよい。

今回の時太山事件にしても、当初は親方や協会の言うことを垂れ流すだけで、どちらかという事件性に対して否定的な報道であったように思われる。テレビで頷いただけで取材許可証取り上げられてしまうような協会が相手だから仕方がないかもしれないが、大相撲に関する「談合マスゴミ」の報道は眉に唾して受け止める必要がある(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年9月26日 (水曜日)

背水?

<福田首相>「背水の陣内閣」と命名…危機感あらわ

前の内閣とほとんど顔ぶれが変わってないのに(そのこと自体は予想されたこと)、どうして「背水の陣」なのか、よくわからんなあ。首相の選挙区のある群馬は海無し県だから、どっちの端に行っても背水の陣にはならない訳だが、群馬4区の端には榛名湖があったな(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月曜日)

群馬は本州一の小麦の産地だが

福田康夫自民党新総裁(明日総理就任確実)は、アメリカのメディアに生温かいピザと評されたらしい。生温かく見守っていく必要があるのかな。そしてその喩えは同じ群馬出身だった故小淵恵三元総理の冷めたピザにひっかけられているようである。

をいをい群馬はピザの産地かよ、というと実際小麦の産地なのである。日清製粉は群馬県縁の某やんごとなきお方の関連会社で、もともと群馬の企業だ。
高崎市は一部でパスタの街なんて言っているようだし、うどんもよく食される。製麺所も多い。ああ、うちの親戚にも一軒あった(^_^;)。ビザだって生地の材料は小麦粉だよな。

アメリカの連中がそこまで知ってて言っているのなら大したものである。

しかし、福田氏はどうみても、固くて噛み切れないピザになりそうな気がしてしょうがない。セメントより固いということはないだろうが、食べると口が曲がりそうである(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日曜日)

そろそろ論評するか

福田康夫氏、第22代自民党総裁に当選。事実上の新総理である。もっとも25日には正式に決まるわけだが。

私の郷里高崎は大騒ぎだろうな。群馬から4人目、高崎は3人目、そして憲政史上初の親子総理の誕生だ。
しかし、政治信条を考えると私は喜ぶ気にはなれない。早くもこんな報道である。

早期訪中を要請へ=福田氏の「安心感」を歓迎−中国

歴史的に見て、日本はシナと関わったときにろくな目に遭っていないことは、多くの「タカ派」論客が指摘していることであり、私も全く同感である。白村江の戦いで敗れ、元寇があり、そして日清戦争から大東亜戦争である。あの国とは深く関わらずに崩壊するのを待つのがよい。そもそも「北京オリンピックの成功を支援する会」かなんかの会長らしいが、日本人の癖になんだろうか。あのオリンピックはボイコットするのが賢明な選択というものだ。

麻生氏の方がよほど国益に適っているだろう。民意を反映しない国会議員ということらしいが、本当にそのとおりだと思う。いくら否定しても20世紀の派閥談合政治の復活としか思えない。

もっとも次の総選挙までの「選挙管理内閣」と考えればしかたないかもしれないが、官房長官時代を振り返ると福田氏は意外としたたかそうである。ここは「敵の敵は味方」ということで、田中真紀子おばさんに登場願って、引っかき回してもらうしかないかもしれないな(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水曜日)

タイゾー君がまた目立っている訳だが

階段途中で転んでケガ、ぢゃなくて、会談途中で怒って退席、とかブログで総裁選の福田一極集中状況を批判したりと、頑張ってますなあ(笑)。

その福田一極集中状況を派閥のボスに従属するような自民党の先祖返りだと批判しているようだが、あんたも保護者小泉じゃないと何も出来ないのではないかな?いや、そうでないことを示そうとして、こういう行動に出ているのかもしれない。片山とか佐藤とか猪口あたりよりは少しはまともになってきているのかな。若い分だけ伸びしろも柔軟性もあると優しく見守ってあげようか(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日曜日)

さすがテロ朝、ひでえ番組だ

最近のマスゴミは新聞、テレビ問わず、誇大な妄想番組で危機感煽るのが好きだな。
今夜のテロ朝「近未来予測!テレビ ジキル&ハイド 」は、日本人に必要以上に恐怖感を抱かせる劣悪番組だ。地球温暖化の「専門家」として国立環境研究所の江守正多氏が登場するのだが、そもそも温暖化による危機を煽っている立場なのだから、そういう人物1人というのは公平性を欠く。

今年の欧州の夏の熱波でギリシアの気温が48℃で、緯度が近いと言うだけで日本のも同様の熱波が来るという。可能性はあるが、来年来ると煽っている。1つの設定条件が結果にすり替わっているのだ。さすがに江守氏は来年来るとは限らないと言ってはいたが。

それで日本で外気温が48℃になったらエアコンがどうなるか、という実験やって、「想定外」の結果で室温が上昇して熱中症で死者が出る、というのだが、JIS規格で外気温43℃以上での動作を保証しない、という製品なのだから、想定外などでは決してない。食品添加物の合成着色料使って、「本当に色が付いた、太変だ」と騒ぐお莫迦な学校の先生と同じレベルである(着色料で色が付かない方がよほど大変なのは言うまでもない)。

部分的にはいい情報も流しているのだが、全体としては、最近の風潮に悪のりして、しかもそれを増長する俗悪番組だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月14日 (金曜日)

この比較も

仲間由紀恵ちゃんが夏目雅子をドラマで演じる。

夏目雅子  1957年12月17日生まれ 1985年9月11日没 27歳9ヶ月あまり
仲間由紀恵 1979年10月30日生まれ 27歳10ヶ月あまり

同学年の夏目雅子の亡くなった時の年齢を既に仲間由紀恵が超えてしまったことに感慨ひとしお(^_^;)。

(追記)
仲間発言「夏目さんの記憶はありませんが」にまたまたショック(笑)。

まあ、夏目雅子が死んだ時に仲間由紀恵は6歳直前だから無理もないが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アナグラムと言っていいのかどうか

加藤あい かとうあい
阿藤快  あとうかい

……うーむ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月13日 (木曜日)

流れを断ち切らないと

安倍晋三辞任表明。あちこちで論評されているし、早晩辞めるだろうと思っていたので、特にどうこういうつもりもない。ただ、今日になって、病状によっては入院も、との報道あり。病状が重いとして、それも自らの指導力のなさが招いた結果だろう。

さて、小生が小学生から中学生の頃長期政権を誇った佐藤栄作以降の総理大臣を一覧にしてみる。

佐藤栄作(佐藤派→田中派、一部は福田派=清和会=に合流)
田中角栄(田中派領袖)
三木武夫(三木派・椎名裁定)
福田赳夫(福田派領袖)
大平正芳(大平派領袖・田中盟友)
鈴木善幸(大平派→鈴木派領袖)
中曽根康弘(中曽根派・田中闇将軍)
竹下登(竹下派領袖・田中派後継)
宇野宗佑(中曽根派・暫定短期政権・論外)
海部俊樹(三木派→海部派・竹下闇将軍)
宮澤喜一(鈴木派→宮澤派)
細川護煕(旧竹下派の小沢が実質闇将軍)
羽田孜(旧竹下派・小沢闇将軍・短期政権)
村山富市(小沢闇将軍・55年体制末裔)
橋本龍太郎(竹下派→橋本派領袖)
小渕恵三(橋本派→小渕派領袖)
森喜朗(福田派→安倍派→三塚派→森派領袖)
小泉純一郎(森派)
安倍晋三(森派→町村派)

基本的には、ポスト佐藤の福田・田中対決の構造をずっと引きずっているのである。垣間見えるが、民主党の一部も田中派の流れである。そもそも今の代表がそうである。渡部恒三なんて竹下派7奉行の1人だったし、角栄のわがまま娘が統一会派にいるじゃん(笑)。

こういう腐れ切った流れを断ち切らないと、日本の将来はないのではないか、という気がする。

よく見ると、保守本流と言われたのは、田中派や池田派(宏池会)の流れを汲む大平派〜宮澤派であり、こちらの支配の方が長い。自民党をぶっ壊すといって構造改革を進めた保守傍流の小泉内閣で本当に自民党は壊れて、その残骸に乗った安倍内閣が敢えなく沈没したというのが実態だろう。かつてなら枝葉末節扱いにされた政治資金の処理や軽い失言で大臣が次々と辞めざるを得なかったのも、沈没船だったからに違いない。

谷垣禎一は宏池会なので、何も流れは変わらない。福田康夫も父親が福田赳夫であり清和会なので同様である。後継が取りざたされている麻生は血統は保守本流だが、政治的スタンスは傍流だ。期待がもてるとしたら唯一この部分だが、安倍体制の一員だったということで現状では基盤が必ずしも強くなさそうだ。

民主党に政権が移っても、現状のままでは小沢、鳩山が元田中派、菅は55年体制の左側の残骸のような存在だから、やはり流れは変わらないだろう。ただしその場合、これではダメだということで、この三人の古びた看板が撤去されて、左翼も切り捨てて民主党が新しくなるか、もう一度政界再編が行われるとしたら、それはそれで歓迎すべきことである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水曜日)

パスワードは免罪符に非ず

徳島 診療記録21万人分盗難
※NHKはすぐにファイルを消去してしまうので、リンク先は「ウェブ魚拓」です。

「病院側は、これらの情報を見るには二重のパスワードが必要だとしています」というが、盗むくらいだからそんなものは最初から破るつもりで盗みに入っているだろう。パスワードによるセキュリティをこういう時の言い訳にしてはいけない。これ以外にもPC盗まれていると言うから、この徳島大学病院は外部からの侵入に対してかなり無防備なのだろう。パスワードも相当「ゆるい」ものかもしれない。二重のパスワードも実は同じものかもしれないしな(笑)。(そういうのを許さないソフトを使っていることを期待する)

もしもこの手のセキュリティ対策が杜撰な病院が、個人情報保護の観点から入院患者の病室は教えられません、なんてやっていたらそれこそ悪い冗談だぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火曜日)

白木屋逝ってよしだな

この間白木屋に入る機会があったのだが、メニューにはおいしく健康によい有機野菜だのなんだのとご託が並べてある。特別美味しいとも思わないかったのだが、それよりも店内に煙草の煙が充満しているのだなあ、これが。こっちの方が遙かに健康に悪いのだが、白木屋の経営者は何を考えているのかな(怒)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 8日 (土曜日)

今日は暑くなりそうだからオヤジギャグで寒くしてあげよう

ダルvsマー君の夢対決が札幌最終戦で実現

ダルマだけに、両軍バッターとも「手も足も出ない」だろう。
ダルヴィッシュだけは女に手が出るかもしれないがな(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金曜日)

台風9号直撃な訳だが

雪に弱い首都圏だが、台風にも弱いなあ。

JRやいくつかの私鉄が止まっている(俺「運転見合わせ」という婉曲表現嫌い。英語表記ではそのまんまOut of Operationぢゃないか)中で、TX(つくばエクスプレス)のサイトを見たら、予想通り「平常通り運行」とあった。新幹線も東海道は止まっていた(運転再開)が、東北・上越・長野は問題ないようだ。

同じような路盤でも京葉線は止まっているし、通過地域の地形や気象などの自然条件の違いもあるので、一概には比較できないが、自然災害に対して強い路線と弱い路線があるな。例えば、成田空港アクセスでも、だいたいJRの成田エキスプレス(NEX)よりも京成のスカイライナーの方が災害に強い。

強風や大雨の中、無理矢理突っ走る必要はさらさらないが、現在のような脆弱性はもう少し何とかしてもらいたいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 4日 (火曜日)

大阪ってのは官が出しゃばるとダメなんだな

生まれてこの方居住地がずっと関東の小生だが、大阪という街は嫌いではない。
日本の歴史において政治の中心だった時期は短く、その活力は官に対する反発、民のエネルギーによるものだということは、概ね日本人全体の共通理解といっていいだろう。

その大阪での世界陸上だが、こんな記事がある。
「不振の要因」と「北京への成果」 日本代表の戦いを振り返る

閉会式に盆踊りとはセンスねえな。
オリンピック開催都市にならなくてよかったよ。世界に恥を晒すところだった。

そもそも大会組織委員会が、陸上の素人で官庁関係者によって多く役員を占められている。大阪というのはこういう構造だと力を発揮できない体質なのだろう。気の毒なのは(海外も含めて)選手達だったなあ。運営の不手際に遭遇し、最後の閉会式で訳の分からない踊りを見せられて帰るのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日曜日)

最近のスポーツから

素直にそして心から祝福したい成績
楽天イーグルスの田中投手。高卒ルーキーで弱小球団にあって球団初の10勝達成。
広島カープの前田外野手。ケガを乗り越えての2000本安打達成。
世界陸上女子マラソン三位の土佐選手。

醜態晒している莫迦ども。
その世界陸上の運営サイド。不手際続出。
中継でうるさい「織田まり(お黙り)裕二」といつもどおりのお約束の煽りが鬱陶しいTBS、特に絶叫が五月蠅いアナウンサー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土曜日)

誤字?あて字?

もう何と言いますか、膿淋衰惨大臣になってますな。
厚生労働省も相変わらずどうしようもないけど。役人(元役人も含む)に更正労働させようぜ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »