« CX、嘘垂れ流すなよ | トップページ | まともな大臣は1人だけか »

2007年8月15日 (水曜日)

甲子園優勝投手の訃報

佃正樹氏死去。食道癌、52歳。早すぎる死である。
といっても、誰のことだかわからない人も多いだろう。

今、甲子園では第89回の夏の高校野球が熱戦を繰り広げているが、34年前にその甲子園を沸かせた江川卓と投げ合った広島商業の優勝投手である。「あの」達川光男の相棒、といえば少しはとおりがいいかもしれない(^_^;)。その後法政では江川と同僚に。

この時期に亡くなるというのも何かの因縁だろうし、よほど野球が好きなんだろう、と思ってしまう。

また、元横綱琴桜の先代佐渡嶽親方も死去。
糖尿病に苦しんでいて、心筋梗塞の手術もしたという。先日の琴光喜の大関昇進の時に写真に写っていて、嬉しそうだったが、こんなに早く亡くなるとはねえ。子供の頃に現役時代の相撲を見ていたが、ほとんどの場所が一桁勝ち星という足踏みの長い大関時代(横綱になるとは思ってもみなかった)から、突如変身して14勝1敗の優勝を二場所連続して達成して、遅咲きの横綱になったのが印象的だった。

お二人とも安らかに眠って下さい。

|

« CX、嘘垂れ流すなよ | トップページ | まともな大臣は1人だけか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/16124439

この記事へのトラックバック一覧です: 甲子園優勝投手の訃報:

« CX、嘘垂れ流すなよ | トップページ | まともな大臣は1人だけか »