« この被害者の頭の中はどうなっているんだ? | トップページ | 命の「重さ」 »

2007年7月 4日 (水曜日)

誤報かどうかは本質的な問題ではないのではないか

M$のオフィスアプリが標準仕様から外れているので政府では購入できなくなるとするNHKの7月1日の報道。誤報かどうかが問題になっているようだ。NHKのサイトのファイルが削除されているので、ここを見てください。
MS「ワード」排除報道 政府の「ホンネ」ポロリ?

これに対して総務省とM$は反論。

「WordやExcelが購入できなくなることはない」,総務省がNHK報道を否定
マイクロソフトもNHK報道に反論、「報道は大変遺憾」

これは当事者にしてみれば真剣な反論なのかもしれないが、納税者の立場で言わせてもらえば、どうでもいいようなくだらない一種の神学論争のように思える。

私自身もMS-Wordを使う場合にたいしたことをしている訳ではない(そのあり余る機能の大半は使っていない(^_^;)、ということ。余計なことを勝手にするので使いにくいし)から偉そうには言えないが、官公庁職員の大半は「書類の清書」に使っているのが実情だろう。例えば「文字の均等割り付け」機能を使わないで、スペースを挿入して文字揃えをやっているような文書をしばしば目にするのである。要するにOpenOfficeで十分だということである。というか、OpenOfficeでももったいないくらいである。

税金を使って購入するのだから、いくら割引になっているとはいえ、コストに見合わない使い方しかしないのであれば、M$-Officeは不要である。openoffice.orgからダウンロードすれば購入費用はかからない。サポートやマニュアルが、というのならソースネクストあたりで製品を購入すればいい。

いずれにせよ、M$への逆風が強まりつつあるのだろう。こういうニュースもあるしな(笑)。

Windows向け開発者の数が減少--米調査

|

« この被害者の頭の中はどうなっているんだ? | トップページ | 命の「重さ」 »

コメント

私はプレゼンなんて時々しかやらないので、基本的にはパワーポイントは使わないです。
ただ、編集屋としては困るんですよ。
とにかくあれで図表をよこす人が多いもので・・・。
ちなみに自分のプレゼンはオープンオフィスです。

投稿: takeyan | 2007年7月 4日 (水曜日) 23時34分

>>takeyanさん

私もプレゼンはあまりしませんね。以前はFlash使っていたことがあります。どれも似たり寄ったりのような気がしますが、PowerPointは一般名詞化したような表現されるくらいで、ユーザーが多いと言うことでしょう。

グラフィックソフト使えない人はけっこう多いように思います。

私の周りには、Wordの図形機能で図を作成する人や、PowerPoint一本槍の人がいます(笑)。

ピクセル単位の移動が扱いにくいのとレイヤーがない(同一レイヤー内での上下のコントロールしかできない)ので、やりにくくてしかたありません。

一般的なアプリではないので、M$ほどユーザーは多くないですが、Adobeのアプリの値段が莫迦高いのもなんとかしてもらいたいですね。最近は複雑な組み合わせの商品を何通りも出して、違いが分かりにくい。

MacromediaをAdobeが吸収してしまったので、機能と価格の争いもなくなってしまった。

投稿: フロレスタン | 2007年7月 5日 (木曜日) 11時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/15651943

この記事へのトラックバック一覧です: 誤報かどうかは本質的な問題ではないのではないか:

« この被害者の頭の中はどうなっているんだ? | トップページ | 命の「重さ」 »