« 今日は私のもう1つの「誕生日」らしい | トップページ | 民主党の生温さ »

2007年5月30日 (水曜日)

やれば少しはできるじゃん。だけど…

発信箱:たばこの危険、牛肉の不安=元村有希子

見出しと本文が乖離しているのは相変わらずだな。
しかし、まともな学者にインタビューすると、普段はトンデモ記事ばかり書いている記者にも、少しはまともな文章が書ける、というのが今日の発信箱だろう。

それでも、他人事みたいな態度も変わってないな。
安井至教授の「マスコミがBSEへの遭遇確率を無視し、毒性を強調しすぎたからだ」という批判についても、そのことに対する自己批判はない(もともと彼女自身も含めてマスコミが悪いとつもりがないからだろうと推測できる)。

煙草についても「たばこは危険なのに許容され」としれっと書いているが、どこぞの新聞社のお偉いさんに、紙面を使ってタクシーの全面禁煙を批判している御仁がいらしゃいましたな。マスゴミ業界は煙草を許容する程度の甚だしいところの1つではないか。

「不安が大きいのは、BSEに未解明な部分が多いためで、億単位の対策費は『安心料』と見ることもできる。」

リスクマネジメントが全然分かってねえよ。この文章でそれがバレバレ。
未解明な部分が多い現象などいくらでもある。それに対して不安を感じるのも人間の心理としてはしかたがない。だからこそ、リスク評価をきちんとしましょう、ということなのに、BSEだけを特別扱いする姿勢は相変わらずである。ゲーム脳のことだって、自分で種をまいておいて、国に調査研究や対策をやれ、と責任転嫁している態度と通底している。

安心料だと?だったらそんなの税金から支出せずに、不安を感じている奴から検査料徴収しろよ、と言いたくもなる。

「そろそろ社会が『安全』と『安心』を切り分け、本来のリスクについて考える潮時かもしれない。」

それはそのとおりである。だったらまず毎日新聞が率先して、「安全・安心」と安直に併記した記述を無くすことから始めてもらいたい。An An, Non Nonである(笑)。

|

« 今日は私のもう1つの「誕生日」らしい | トップページ | 民主党の生温さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/15254279

この記事へのトラックバック一覧です: やれば少しはできるじゃん。だけど…:

« 今日は私のもう1つの「誕生日」らしい | トップページ | 民主党の生温さ »