« 誤変換わはは | トップページ | またおかしな日本語つくりやがって »

2007年5月 6日 (日曜日)

利権を守りたいやつら

こういう記事は何も知らない人に誤解を招くよなあ。

ビーチバレー:浅尾ショック!盗撮男“御用”

まず、この記事は「カメラマン」を盗撮男と断定して書いているが、本当にそうなのか。
「白昼堂々と望遠レンズのカメラを構える不審人物が出没」とあるように、堂々と撮影していたのだから盗撮というのは無理があるのではないか。それにいきなり不審人物って断定もさあ、これは人権侵害ではないの?それこそ報道カメラマンでいかがわしいの、いくらでもいるぜ。報道だから許されるのだろうな。これ一種の利権。

それと「ビーチバレー会場に現れ」とあるのだが、このカメラマンはビーチバレー会場に表れたのではなく、150m離れた陸橋に現れたんだよな。記事は正確に書きましょうね、新聞記者さん。無理矢理盗撮男にしたいために、客観性が破綻しているよ。

カメラマン氏は「警察官に連行され」たらしいが、2chでは民事不介入の原則はどうしたんだ、という議論があることを付記しておこう。お仲間らしいサヨクが起こした事件だと、警察の不当捜査だの不当逮捕だのと大騒ぎする癖に、こういうことになると警察の行動を問題視しないのは、ダブルスタンダードだな。

協会の方は「ツアーを主催する日本ビーチバレー連盟は、ネット上での違法掲載防止を目的に今年から一般客の写真撮影を禁止している」というのだが、違法掲載ってなんだ。肖像権の侵害ということなのだろうが、ネットで画像を売って商売している奴がいるのだろうか。それなら撮影禁止ではなく、ネット上での商売に対して法的措置を講ずればいいだけのことだ。

エロ写真を撮影される、ということなら、ビーチバレーはそもそもエロも売り物の一部だろ。裸でプレーしているのではないし。実際、毎日新聞のサイトにも、浅尾選手の下半身写した画像が掲載されている。浅尾選手だって水着のグラビア出したりしている訳で、だとすると、これはやはり協会や所属会社が利権を維持したいだけだろう。あっ、会社(ツァー主催)はあのファイテンだったか(笑)。

ところで、一般客は撮影禁止、ということなら男子の試合も当然撮影禁止なのだろうな。

今朝の新聞に赤外線を利用した盗撮(肌が透けて写る)某氏のためのインナーウェアを熊谷市の会社が開発したとのこと。そういうのはどんどんやってもらいたい。常軌を逸した卑怯な撮影はよくないからな。

|

« 誤変換わはは | トップページ | またおかしな日本語つくりやがって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/14977745

この記事へのトラックバック一覧です: 利権を守りたいやつら:

» 三角形の(水着)面積を求める規定 [時評親爺]
BBRの雑記帳さんがお困り?(汗)だったようでなので、早速ビーチバレーのユニフォーム規定をちょっくら調べてみた。まずはこちらの06年6月2日の毎日新聞コラム部分に解説があった。そこには確かにBBRさんの指摘する「女子がサイドが7センチ以下のビキニタイプ」と定められているようである。くれぐれも「7センチ以上」ではなくて「以下」なのである(謎)。不肖のような親爺からすると、「それは毎日新聞の間違い(誤植)でないか?」とも思ったりするわけで(いやBBRさんを疑っているわけではないので・・・汗)、さらに突っ... [続きを読む]

受信: 2007年5月 7日 (月曜日) 18時45分

« 誤変換わはは | トップページ | またおかしな日本語つくりやがって »