« マニフェストがいかに空疎か | トップページ | 確かにポストは赤だが »

2007年3月31日 (土曜日)

TBSってのは東京放送ではなくトンデモ放送だったのね

みのもんたの「朝ズバッ!」での不二家は廃業した方がいい発言(みのさん、あんたも会社の経営者という肩書きがあるんだから、こういう発言はどうかと思うぞ)があるかと思えば、「ラジオは脳にきく」なんてお莫迦なキャンペーンもやっている。板倉徹という教授が監修で「ラジオを聴いているときや読書の「場面想像」で脳全体が活性化する—など、脳機能低下を防ぎ、頭を良くするカンタンな方法を提案」ということで「視覚に頼りすぎた生活では脳は萎縮する」のだそうだ。あれ、おまいのところはテレビもやっているんじゃなかったっけ、と思わず突っ込みたくなる。

というか、視覚障碍者でない限り、人間の生活は視覚に依存する割合が高いはずで、要するにテレビの見過ぎはよくないというだけのことだろ。それにだね、時々TBSラジオは聞くけれど、パーソナリティとやらやゲストのくだらない(知性もなければ日本語もいい加減なことが多い)おしゃべり(テレビのバラエティ番組に引けを取らない)をいくら聞いても、場面想像なんかほとんどできないし、してもせいぜいそいつらが大口開けて莫迦笑いしているところしか想像できない。

古くは麻原教団(いわゆるオウム真理教)による坂本弁護士一家殺害の原因となり、そのことで畜死(筑紫)哲也に「TBSは死んだ」と言いたいことを言わせ、でも彼は未だにTBSのニュース番組のキャスターやっている(笑)。畜死は、その「死んだ会社」に寄生して高収入を得ており、まるでハイエナである。

真面目な話し、放送免許取り上げろよ。

|

« マニフェストがいかに空疎か | トップページ | 確かにポストは赤だが »

コメント

ラジオと脳との関係が本当だとすれば、私の脳はずいぶんと効果を享受している(もしくはしていた)はずだが、それでこれかよ!(泣)

投稿: Joe | 2007年4月 2日 (月曜日) 17時17分

>>Joeさん

まあまあ、そう興奮せずに(^_^;)。
森のゲーム脳に対して板倉のラジオ脳ですな。

ラジオといっても、AMとFMでは情報量が違うのですよねえ。
従来型のAMはモノラル放送、FMはステレオ放送ですから。
板倉理論で言うと、AMの方が想像力をかきたてることになりますが、オーケストラの楽器配置はAMでは復元できないけど、FMだと可能です。前後配置まできちんと再現となるとサラウンドが必要でしょう。

情報量と想像力(ないし脳への刺激)というのは単純に割り切れるようなものではないというのは、脳の専門家でなくてもわかりそうなものです。

投稿: フロレスタン | 2007年4月 3日 (火曜日) 01時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/14472722

この記事へのトラックバック一覧です: TBSってのは東京放送ではなくトンデモ放送だったのね:

« マニフェストがいかに空疎か | トップページ | 確かにポストは赤だが »