« 民降る | トップページ | マニフェストがいかに空疎か »

2007年3月27日 (火曜日)

こういう訃報に接するとやはり年を感じるな

植木等死去。80歳。呼吸不全とのこと。
3歳の頃、振り付きでスーダラ節を唄って、周囲の大人に受けた(唄って踊ったことは記憶にあるが、受けたというのは親から聞いた)私としては、一言お悔やみを述べない訳にはいかない。

しばらく前、タフデントのCMに出ているのを見て、ああ、年取ったなあ、と感じたものだが、青島幸男の葬儀の時は呼吸器をつけている映像があった。もしかしてヘビースモーカーだったか?吸ったタバコは「五万本」だったら悪い冗談だ。

人気商売は決して「気楽な稼業」ではなかったはずだが、あの世では気楽に過ごしてもらいたいものである。ハナ肇が待っている。

|

« 民降る | トップページ | マニフェストがいかに空疎か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/14432314

この記事へのトラックバック一覧です: こういう訃報に接するとやはり年を感じるな:

» 植木等さん死去 [healthymania's blog]
植木等さん死去:時代表現した「無責任男」  「お呼びでない? こりゃまた失礼しました」「わかっちゃいるけど、やめられない」。27日、関係者に惜しまれながら亡くなった植木等さん。高度経済成長下の管理社会でのサラリーマンのしたたかな生き方を歌やギャグで...... [続きを読む]

受信: 2007年3月28日 (水曜日) 09時03分

« 民降る | トップページ | マニフェストがいかに空疎か »