« 宮城のお下がりかよ | トップページ | この言い訳は本当なのかい »

2007年3月13日 (火曜日)

滑走路の火花

前輪のでない全日空機の着陸の様子を、リアルタイムに中継で見てしまいました。

あんなのがまだ飛んでいたのか、というのもびっくりだけど(大阪・高知という短距離、小規模輸送だからそんなものかもしれないが)、もしも自分が乗っていたら、どれだけ冷静にしていられたか、とちょっと考えてしまった。

タッチアンドゴーは一度経験あるけど(^_^;)。

でも、中継見ている限りで機長が冷静沈着なのが伝わってきて、実際もそうだったという報道だった。
機長の技量と落ち着きには敬意を払うべきだが、なんで前輪出なかったのか、というのはちゃんと総括してね、ANA。

そういえば何年も飛行機乗ってないなあ(^_^;)。

(追記)
事故に遭遇した方は肝を冷やしただろうから恐縮だが、この事故のために最近のターボプロップ機の導入状況やボンバルディア(フランス語読みしたらボンバルディエだなあ)という会社の存在も知った。やはり国産で高速艇騒音のこの手の航空機作れるようになって欲しいよな。

それにしても、「大石英司の代替空港」のコメントで、あれは胴体着陸なのか、という違和感を表明している人がいたが、私も同感である。ちなみに読んでいただければ分かるが、エントリー冒頭で私は「前輪のでない全日空機の着陸」とそのままを表現した。決して胴体着陸とは書いてない。

実際主脚(後輪)が出ているわけだし、滑走路にこすったのは機首部分である。
メディアの報道は胴体着陸一色だが、あとから記事の文章だけ読んだら、前輪だけが出なかったとイメージする人はいないのではないかな。

こういう事実から離れたセンセーショナルな書き方をしたがるメディアの体質というのは、あるある大事典に典型的な捏造体質とどこかでつながっているような気がする。

|

« 宮城のお下がりかよ | トップページ | この言い訳は本当なのかい »

コメント

>あんなのがまだ飛んでいたのか

ターボプロップでは最新鋭の部類らしいですよ。
昨年二度乗りました。静かで速かったです。
最初に空港で見たときには、頼りなく思いましたが。

投稿: Joe | 2007年3月14日 (水曜日) 12時14分

朝一で伊丹に行く時は常に使ってます。
ANAの朝一伊丹便が暫く運休するらしく、洒落になんねぇです(=_=)。

投稿: JosephYoiko | 2007年3月14日 (水曜日) 22時38分

>>Joeさん

最近飛行機に乗ってないので知らなかったのですが、そのようですね。最近は小型ジェットで低騒音なのもあるけれど、燃費や性能からこの機種にシフトしていたのですね。

航空会社はYS11の後継という位置づけのようですが、製造する方も国産に期待したいところだけれど、現実はそうなっていませんからねえ。

>>Yoikoさん

おお、そうなんですか。それは不自由だ。高知空港もしばらく閉鎖らしいし、困る人はたくさんいるでしょうね。

この事故と同じ日、北海道でも同じ機種がトラブっている他、あちこちでトラブル続出のようですが、ワイブル分布が当てはまる、というのには早すぎると思いますね。となると、やはり設計や製造に問題がある、ということなのでしょう。この事故はボルトの脱落が原因らしい。

投稿: フロレスタン | 2007年3月15日 (木曜日) 02時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/14254842

この記事へのトラックバック一覧です: 滑走路の火花:

« 宮城のお下がりかよ | トップページ | この言い訳は本当なのかい »