« 知事選告示報道に見る思想のバイアス | トップページ | 親の七光り(いや十四光)か »

2007年3月25日 (日曜日)

水増し政令指定都市の酷い区名

浜松市。来月政令指定都市に移行で、現在市長選の告示中。

区名の一覧を見ると、これが酷い。何も考えてないのが一目瞭然。

中区、東区、西区、南区、北区、浜北区、天竜区。まともなのは旧浜松市でない浜北と天竜だけだ。
まるで麻雀だよな。または浦和の駅名みたいだ。いっそのこと、浜北区を白区、天竜区を發区とでもすれば「満貫」成就だったのに(本当は役満だが)w。

ちなみに同日政令市に移行する新潟市も似たようなもの

中央区、東区、西区、南区、北区、江南区、秋葉区、西蒲区。

後発の政令市で区名が比較的まともなのは仙台市くらいだ(青葉区、宮城野区、若林区、太白区、泉区)。東西南北中(中央)ってのは禁止すべきではないだろうか。

これくらいの広さだと、かつての郷(郡・郷、郷村の郷)くらいの広がりだろうから、伝統的な地名を保全する意味からも、そういう地名をベースに考えるべきだと思う。郡名を採用すると足立区、葛飾区、豊島区(これは特別区だが)、都筑区のように僭称になる危険があるが、旧上野国片岡郡のように狭い郡域のこともあるから、そういう場合は郡名でもいいだろう。

浜松市の場合ではこんな史料があるではないか。浜松の地名の起こりは浜津だという。それなら今回の中区なんてのは、浜松市浜津区とでもしたらよかったのに。また、僭称の可能性もあるが北区は引佐区でもよかったと思う。

|

« 知事選告示報道に見る思想のバイアス | トップページ | 親の七光り(いや十四光)か »

コメント

おぉ居住地の話題が(笑)。コメントせねば。
 私も政令市の区名は旧地名を尊重して欲しいと思うのですが,地元の体臭もとい大衆感覚はそうでもないのね。たとえば新潟市秋葉区は,旧新津市と旧小須戸町が合併した区域で,当初案には新津区というのもあったのです。が,旧小須戸の一部住民が「オラたちは新潟と合併したんであって,新津とくっつきたかったわけじゃねえ」と反対運動をして,新津にある山の名前を付けた,という経緯です。
 どこかの旧地名を選ぶと,他のチクの連中が反発するから,無難な方位名とかなんとか。私はこれを地名の「創氏改名」とからかうのですが,こういう際どい皮肉は誤解されても通じないようです。

投稿: ぜっぴ | 2007年3月26日 (月曜日) 10時51分

>>ぜっぴさん

そうでしたね。地元ですね(^_^)。
小須戸の住民の気持ちはわからないではないけれど、新津とくっついたわけでないのに新津にある山の名前なら区名で納得できる、という感覚はよくわかりませんね。「新津」でなければ何でもいいのかとw。秋葉区だと秋葉原あたりを連想するからいいのかなあ。でもそれじゃあヲタクでは(ry

新津区がいいかどうかわかりませんが(旧新津市だけで行政区に移行するなら別)、Wikiを見ると1901年に「小須戸町・横水村・新保村・矢代田村が合併し、小須戸町が発足」とあるので、旧小須戸町も発足時は他の村名を切り捨てた歴史がありますね。駅の名前に矢代田は残っているけど。

投稿: フロレスタン | 2007年3月26日 (月曜日) 13時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/14399903

この記事へのトラックバック一覧です: 水増し政令指定都市の酷い区名:

« 知事選告示報道に見る思想のバイアス | トップページ | 親の七光り(いや十四光)か »