« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土曜日)

TBSってのは東京放送ではなくトンデモ放送だったのね

みのもんたの「朝ズバッ!」での不二家は廃業した方がいい発言(みのさん、あんたも会社の経営者という肩書きがあるんだから、こういう発言はどうかと思うぞ)があるかと思えば、「ラジオは脳にきく」なんてお莫迦なキャンペーンもやっている。板倉徹という教授が監修で「ラジオを聴いているときや読書の「場面想像」で脳全体が活性化する—など、脳機能低下を防ぎ、頭を良くするカンタンな方法を提案」ということで「視覚に頼りすぎた生活では脳は萎縮する」のだそうだ。あれ、おまいのところはテレビもやっているんじゃなかったっけ、と思わず突っ込みたくなる。

というか、視覚障碍者でない限り、人間の生活は視覚に依存する割合が高いはずで、要するにテレビの見過ぎはよくないというだけのことだろ。それにだね、時々TBSラジオは聞くけれど、パーソナリティとやらやゲストのくだらない(知性もなければ日本語もいい加減なことが多い)おしゃべり(テレビのバラエティ番組に引けを取らない)をいくら聞いても、場面想像なんかほとんどできないし、してもせいぜいそいつらが大口開けて莫迦笑いしているところしか想像できない。

古くは麻原教団(いわゆるオウム真理教)による坂本弁護士一家殺害の原因となり、そのことで畜死(筑紫)哲也に「TBSは死んだ」と言いたいことを言わせ、でも彼は未だにTBSのニュース番組のキャスターやっている(笑)。畜死は、その「死んだ会社」に寄生して高収入を得ており、まるでハイエナである。

真面目な話し、放送免許取り上げろよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月28日 (水曜日)

マニフェストがいかに空疎か

27日付の毎日新聞東京版に「知事選腫瘍、もとい主要5候補アンケート1」というのがあって(どうして中松の爺さんが「主要」なのか相変わらず理解に苦しむのだが)「4年後の東京」という欄にそれぞれの未来像が書かれている。

ほとんど呆れるね。絶対にできっこない。マニフェストなんて言っても、片や本音の部分では結局有権者を舐めているとしか思えない候補が4人ほどいる。

吉田万三候補。
「憲法が都政に生かされ(相変わらずの台詞だな)、東京の貧困と格差が解消に向かい(どうやって?プロレタリアート革命ですかw)、都民が安心して働き暮らせる元気な東京が生まれています(働いている中には神奈川都民、千葉都民、埼玉都民なんかもいるはずだが)。中小企業が活性化し(たった4年でそんな訳ねえだろ。こちとら15年以上も苦しんでいるのにさ)、地域の力が発揮されています。水と緑、二酸化炭素や大気の自然環境が改善され(滅茶苦茶な言い方だな)、防災対策が強化されています。」

浅野史郎候補
「高齢者が孤独死することなく、子どもが保育所の入所待ちをすることもなく(ほって置けば子供の数が減るからなw)、障害者もそのもてる力に応じていきいきと暮らせる安心の東京になっています(なっています、かよw。そもそもこの文脈で「安心の」ってのは違和感ありありだ)。木造住宅やマンションの耐震化が進み(おい、一部の偽装物件を除けばマンションという名の集合住宅は基本的に耐震構造物だぞ。木造住宅と一緒にするな)、大地震にも耐えられる安全な東京が目の前に見えてきています(たった4年でそんなの不可能だよ)。」

黒川紀章候補
「第2庁舎売却(そんなに丹下師匠が憎い?)。知事室はガラス張り(田中康夫のマネかよw)。職員との意見交換が日常化(それだけで4年間終わっちまうぞ)。国際フォーラムは民間に売却(また売却?)。オープンスペースに足湯温泉(都民フォーラム)開設(ハァ?何よそれ)。莫大な隠れ借金を情報公開(ああ、それ多分都議会や都職員から拒絶されるでしょうな)。築地市場、下町の保存(下町は保存対象なのか)。商店街に町医者、寄席、グループホームが完成。」

霞ヶ関に低所得者住宅を、というのと併せて考えると、都庁内は無政府状態になり、低所得者や高齢者があふれかえり、外資が跋扈する悲惨な都市が浮かんでくるのだが…。

石原知事
「環境最先端都市として、渋滞解消や緑化の推進、ディーゼル車規制をさらに進め、東京に緑と青い空が広がるとともに、地域・民間の総合力と行政の力を結集し、犯罪・災害に強く、教育と子育て支援が充実した『暮らし満足度世界一の町 首都東京』が実現している。」

実績があるので、結局石原氏の将来像しかリアリティが感じられないのである。
渋滞解消は環8などで実証済みだし、ディーゼル車規制も国に先んじた。教育も都立高校改革が進められている。難を言えば、新銀行東京のように問題のある施策もあるし、犯罪対策はなんか歌舞伎町だけ目の敵にしているような気もしないではないし(笑)、災害対策に今ひとつ具体性がない。「暮らし満足度世界一」が4年で実現するとは考えられないしスローガンだというなら、せめて「日本一」くらいにしておくべき。

中松の爺さんはカルトなのでパス。

あと、皆さん文化施策はどうなってますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月27日 (火曜日)

こういう訃報に接するとやはり年を感じるな

植木等死去。80歳。呼吸不全とのこと。
3歳の頃、振り付きでスーダラ節を唄って、周囲の大人に受けた(唄って踊ったことは記憶にあるが、受けたというのは親から聞いた)私としては、一言お悔やみを述べない訳にはいかない。

しばらく前、タフデントのCMに出ているのを見て、ああ、年取ったなあ、と感じたものだが、青島幸男の葬儀の時は呼吸器をつけている映像があった。もしかしてヘビースモーカーだったか?吸ったタバコは「五万本」だったら悪い冗談だ。

人気商売は決して「気楽な稼業」ではなかったはずだが、あの世では気楽に過ごしてもらいたいものである。ハナ肇が待っている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月25日 (日曜日)

民降る

副作用?で子供が飛び降りるらしいので、タミフルは「民降る」である(^_^;)。

という冗談はともかく、メディアの騒ぎは尋常ではない。これこそ異常行動だと思うが、いつものことだとすれば異常でもないのだろう(笑)。痴の虚人立花隆も便乗して騒いでいる

浜六郎がテレビで「インフルエンザは風邪の酷いの」などとバカをぬかしているらしいが、メディアの大半もその程度の認識だから、少数の副作用のことばかり針小棒大に取り上げるのだろう。少なくともタミフルがインフルエンザの特効薬であるという側面は事実であり、だとすれば薬害エイズと同類に扱うのはやはり頭がいかれていると考えた方がいい。

副作用の大きい抗癌剤はどうなんだ。治る見込みがないのに抗癌剤投与して副作用で苦しんだ人はタミフルの副作用の比ではないだろう。癌は難病だからそれでもしかたない、ということなのだろうが、だとすればインフルエンザだって「風邪の酷い」のではなく、死と隣り合わせの恐ろしい病気だと認識すれば、報道の姿勢は今とは全く異なるはずだ。確率とかリスクマネジメントという視点が今のメディアの報道姿勢からはすっぽりと抜け落ちている。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

親の七光り(いや十四光)か

柴本幸ってのは大根なのか?
いえ、足ではなく、役者ってことですが(^_^;)。

大河ドラマ「風林火山」での諏訪頼重の娘「由布姫」役。今日は無言でチラッと写ったワンシーンのみだが、クレジットはタイトルバックの「花」のところで登場。ここにクレジットされたのは、あとミツ役を好演した貫地谷しほりだけ。同じ位置のクレジットなのにこの違いは何?あれならわざわざ登場させなくてもいいのにな。母親の真野響子は好きなので、あまり娘のことを悪く言いたくはないが。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

水増し政令指定都市の酷い区名

浜松市。来月政令指定都市に移行で、現在市長選の告示中。

区名の一覧を見ると、これが酷い。何も考えてないのが一目瞭然。

中区、東区、西区、南区、北区、浜北区、天竜区。まともなのは旧浜松市でない浜北と天竜だけだ。
まるで麻雀だよな。または浦和の駅名みたいだ。いっそのこと、浜北区を白区、天竜区を發区とでもすれば「満貫」成就だったのに(本当は役満だが)w。

ちなみに同日政令市に移行する新潟市も似たようなもの

中央区、東区、西区、南区、北区、江南区、秋葉区、西蒲区。

後発の政令市で区名が比較的まともなのは仙台市くらいだ(青葉区、宮城野区、若林区、太白区、泉区)。東西南北中(中央)ってのは禁止すべきではないだろうか。

これくらいの広さだと、かつての郷(郡・郷、郷村の郷)くらいの広がりだろうから、伝統的な地名を保全する意味からも、そういう地名をベースに考えるべきだと思う。郡名を採用すると足立区、葛飾区、豊島区(これは特別区だが)、都筑区のように僭称になる危険があるが、旧上野国片岡郡のように狭い郡域のこともあるから、そういう場合は郡名でもいいだろう。

浜松市の場合ではこんな史料があるではないか。浜松の地名の起こりは浜津だという。それなら今回の中区なんてのは、浜松市浜津区とでもしたらよかったのに。また、僭称の可能性もあるが北区は引佐区でもよかったと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月23日 (金曜日)

知事選告示報道に見る思想のバイアス

都知事選他12道県知事選の告示である。私が選挙権を行使するのは東京都。
実は同じ投票日に都議の補選もある。地元の都議が区長選に出るために辞職したからだ。こちらの告示は来週。

それにしても、見れば見るほど浅野史郎氏は悪人顔だなあ。口曲がっているし、宮城県知事選に最初に出た十数年前はもっとまともな顔だった印象がある。年齢のせいだけではないだろう。宮城でいろいろと毀誉褒貶があるようで、恐らく阿漕なこともやったのだろう。福祉のプロという触れ込みだけれど、宮城ではその福祉関係者から無能・裏切り者呼ばわりだ。それと教授をしている慶応SFCでも、つまらない授業だと槍玉に挙がっているそうである。体験談の先に何があるのか、というのがある学生さんの評価なのだそうだが、もしも当選して(欲しくないけど)都知事になったら、それと同じ調子で、宮城県知事の体験だけを基礎にしたつまらない都政をやりそうだ。

それに比べれば、あれこれ悪く言われているけれど石原都知事はそれほど悪人顔じゃない。確かに息子の問題など「疑惑」もあるが、実績に比べれば小さな悪にすぎないと思う(それがいいとは言わないけれどね)。

石原都政の8年を「失われた8年」と批判しているが、何が失われたのかね、一体。
環状8号線が全通して交通事情は改善されたし、公教育の正常化も進んでいる。

それから、実質的に共産党推薦の吉田元足立区長は泡沫候補に間違いない。しかしメディアは四大候補の一角扱いである。最終得票は3位か4位くらいなのだろう。

黒川さんの発言は、新聞報道通りだとすると、やはり少し頭おかしいよ。ボケが始まっているんじゃないか。

元ハンダースの桜金造が立候補しているのには驚いた。東国原の二番煎じ狙いか(笑)。当選(しないけど、もしも)したら副知事にアゴいさむを起用したりしてな(^_^;)。岩手にも、ザ・グレート・サスケなる同類がいる。

毎日新聞の夕刊。都知事選立候補の必要書類を請求したらしいが、出たがりの丸山和也弁護士(のバッジをつけた品のないタレント)にコメント求めるかなあ。あとさ、確かに石原氏は作家なんだが、他の道県の現職の肩書きがみな知事なのに、どうして石原氏は作家なんだ。本人がそう主張しているのかも知れないが、それなら作家・知事と書くべきだ。田中康夫の時はどうだったんだろう?

ところで今日歩いていたら、民主党の「3巨頭」(小沢、鳩山、菅)の写っている「日本を変える」という白地のポスターが目に入った。どうみても、3人の顔のトーンや「日本を変える」という赤い文字が醸し出す雰囲気は北朝鮮である(爆笑)。ホント、いつもながらセンスが悪い。

あれでは日本を変えて北朝鮮のようにするつもりではないかと勘ぐられてもしかたない。
機会があったら、今度写真撮ってきます(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月19日 (月曜日)

中立・公平?ついでに共産党候補批判

毎日新聞が東京版で「検証・石原都政」という特集をやっている。
18日付の記事は「検証・石原都政:/5 オリンピック招致 JOCとそろわぬ足並み」というもの。リンク先の記事はすぐになくなると思われます。ちなみに4は公教育がテーマだった。

いずれもネガティブキャンペーンな訳で、反石原の毎日がネガティブキャンペーンやること自体には驚きはしない。ただね、検証というならプラスの面も報道すべきだ。プラス面はないと思っているのかな、毎日は(笑)。

それとね、多分毎日が大好きだろう浅野前宮城県知事だが、その前知事という実績があるのだから、宮城の12年がどうだったかも同様に検証すべきだ。けっこうボロクソ言われているし、今の知事は反浅野で当選したのだそうだね。

もう1人、共産党推薦の吉田万三氏。この人も足立区長だった訳で、それも検証して欲しいね。
そもそもこの人の政策、おかしいよ

「緑の都市づくり、オフィスビルや自動車走行量の規制と誘導で、地球温暖化、ヒートアイランド現象をおさえます」という一方で、「三環状道路などの建設を抜本的に見直します」だってさ。そうなるとロードプライシングのような都心への車の流入制限やるしかないのだが、現状でそれをやると日本経済はおかしくなるのは必至である。しかも、これってタクシーやトラックのような中小零細事業者に影響するから「中小企業を応援し、地域経済の活性化をすすめます」という政策と矛盾することになる。

共産党のお得意技で(公明党もだなw)、そこで助成金のようなものが登場するのだろうが、そうなると環状道路の凍結と合わせて美濃部都政に逆戻り、という訳である。

あと笑っちゃうのが教育で「『日の丸・君が代』の強制や学校現場への干渉をきっぱりと改め、憲法にもとづいた教育行政を推進します」という一方で「私学助成を拡充します」と来ましたよ。私学助成は憲法89条違反の恐れがある、というのが前々から指摘されていて、実際には設置基準などで文科省の支配下にある、という解釈から助成が合憲であると解釈されているようだ。共産党もその解釈らしいからまあそれはいいだろう。だが、その私学では普通に君が代斉唱、日の丸掲揚が実施されているところも少なくない訳で、やはり共産党の論理矛盾は明らかなのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日曜日)

言葉のプロのはずだが

民放女子アナ、「本業」の日本語ちゃんと勉強せいよ。

本日の平成教育学院の高島彩。「軽んじる」を「かるんじる」と発音していたゾ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今は昔

鹿島チーム初開幕3戦未勝利…J1第3節

得点直後に浮足立った。前半23分にFWマルキーニョスが先制点を挙げたが、その1分後に失点。前半40分にはMF中後が芸術的FKで同点としても、後半開始直後に再び失点。得点後、喜びすぎて、守備の準備が遅れるのを繰り返した。
かつては浦和レッズ戦で、得点して喜ぶレッズ選手を尻目に、キックオフからの速攻で抜け目なく得点したこともあったが、いつの間にかそうした試合巧者ぶりも失われてしまった。

このままだと横浜マリノス、大宮アルディージャ、ヴァンフォーレ甲府あたりと降格争いをしかねないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月15日 (木曜日)

人間のカッシーニが発見したのは土星の輪だが

土星の衛星エンケラドス、生命探しの候補に浮上

これはなかなか興味深いニュースである。この記事は「少なくとも土星の衛星といえば最大のタイタンばかりが注目されたのは過去のことと言えよう。」と結んでいるが、そのとおり。エンケラドスなんて名前、初めて知ったという人も少なくないのではないか。

まあ生命といっても、地球上でいう微生物相当(エンケラドスの生命はムシケラドス、だなw)だろうが、別に地球外生命に、かつてのタコのような火星人の姿を期待している人はいないだろう(笑)。そんなことを言うだけで年がわかるってか(^_^;)。

異なる環境下で「生命」が存在するとしたら、どういう仕組みなのか。また本当に生命が存在したとして、その起源が何億年くらい前か、生命体を構成している物質がどういうものなのか、といったことがわかれば、地球上の生命の起源にも迫れるのだろうな。

そして、そもそも「生きている」とはどういうことなのか、という哲学的な問いにまで発展するだろう。
音楽家や美術家など、芸術家の創作意欲も刺激するかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

この言い訳は本当なのかい

桜開花予想、気象庁が謝罪・訂正…静岡市は21日に

東京、高松市、松山市の計4地点について、計算ミスから、本来より3〜9日早い予想日を発表してしまったとして謝罪し、訂正した。
気象庁の言い分はこれ。
さくらの開花予想用のプログラムの一部不具合について
これらの4地点では、用いた気温データに一部誤りがあり、予想日が正しく計算できませんでした。
その他の地点については、計算に誤りのないことを再確認致しました。
要するに温暖化と暖冬の呪縛から、桜の開花が異常に早くてもおかしくない、とばかりに判断の目が曇ってしまっていた、ということだろう。

先入観なしに物事を見ないと過ちを犯しても気づかない、という教訓だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月13日 (火曜日)

滑走路の火花

前輪のでない全日空機の着陸の様子を、リアルタイムに中継で見てしまいました。

あんなのがまだ飛んでいたのか、というのもびっくりだけど(大阪・高知という短距離、小規模輸送だからそんなものかもしれないが)、もしも自分が乗っていたら、どれだけ冷静にしていられたか、とちょっと考えてしまった。

タッチアンドゴーは一度経験あるけど(^_^;)。

でも、中継見ている限りで機長が冷静沈着なのが伝わってきて、実際もそうだったという報道だった。
機長の技量と落ち着きには敬意を払うべきだが、なんで前輪出なかったのか、というのはちゃんと総括してね、ANA。

そういえば何年も飛行機乗ってないなあ(^_^;)。

(追記)
事故に遭遇した方は肝を冷やしただろうから恐縮だが、この事故のために最近のターボプロップ機の導入状況やボンバルディア(フランス語読みしたらボンバルディエだなあ)という会社の存在も知った。やはり国産で高速艇騒音のこの手の航空機作れるようになって欲しいよな。

それにしても、「大石英司の代替空港」のコメントで、あれは胴体着陸なのか、という違和感を表明している人がいたが、私も同感である。ちなみに読んでいただければ分かるが、エントリー冒頭で私は「前輪のでない全日空機の着陸」とそのままを表現した。決して胴体着陸とは書いてない。

実際主脚(後輪)が出ているわけだし、滑走路にこすったのは機首部分である。
メディアの報道は胴体着陸一色だが、あとから記事の文章だけ読んだら、前輪だけが出なかったとイメージする人はいないのではないかな。

こういう事実から離れたセンセーショナルな書き方をしたがるメディアの体質というのは、あるある大事典に典型的な捏造体質とどこかでつながっているような気がする。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年3月 8日 (木曜日)

宮城のお下がりかよ

大変失礼な表現のタイトルだが、浅野史郎前宮城県知事が東京都知事選に出馬というニュース。
確かに同じ県(都)での多選でなければ腐敗はしないのかもしれないが、だからと言って、知事の座の味をしめた人がまた別のところの知事選に出るというのも何か釈然としない。まさか伊達政宗を気取って「徳川家康」を倒そうというとでもいうのかな(笑)。

そもそも日本という大国の首都の知事になろうという人が庶民感覚を打ち出すというのも納得できないな。石原都知事のことを「差別的」と批判しているが、あまりにも綺麗事すぎ、いい子チャンすぎだろう。ババァ発言あたりのことを指しているのかもしれないが、あれは「ババァ」の方が悪い。

「庶民」には首都の知事なんか務まらないんだよ!まだこの間、当ブログで頭おかしいのでは、と突っ込んだベンガルもとい黒川紀章氏の方が人間の器は大きいような印象を受ける。浅野氏では官僚出身なだけに、東京都の官僚に巧妙に取り込まれてしまう危険性があるのではないか。

改革派知事というのも1990年代には存在意義があったのかもしれないが、結局のところそれで国から権限を委譲させて、財源の委譲は不十分だったためか、都道府県財政は悪化している。高知県知事のように知事室に根っこが生えたような「老害」もあるし、マニフェストで名を馳せた北川正恭氏なども、県政の実態としてはいろいろと県職員と軋轢があったようだし、RDF発電などでは負の遺産を遺してしまっている。梶原前岐阜県知事は、県庁の裏金づくり事件の責任を負う羽目になっている。岩手や鳥取あたりにも改革派知事がいるが、どうせ辞めて大学教授に収まって地方自治を論ずるんだろ。

はっきり言って皆過去の人である。いい人はなかなかいないね。もう一期石原氏でいいと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年3月 7日 (水曜日)

ふうっ

強風:JR京葉線・東京〜蘇我駅間、82本が運休

ホントに風に弱い路線だなあ。私も昨年の今頃、一度巻き込まれたことがある。その時は大幅遅延だったが。もともとが貨物線だから、こういうことを想定していなかったのか、あるいは「わかっちゃいるけどやめられない」だったのか。首都圏のインフラは大雪や強風には弱いと言うことで諦めるしかないのかニャ。日本の都市整備は気象学の視点が欠落している、少なくとも大都市ではね。気象予報士がたくさんいるんだろうから、活用したらどうかな。

海岸沿いに防風林でもつくったら、環境対策にもなりそうだけど、そんな土地はどこにもないな。そのために埋め立てなんぞしたら、それは新たな環境破壊につながる。年に何回かの強風のために、シェルター付けるのも金がかかってコストパフォーマンスが悪すぎる。

結局のところ、代替交通手段の確保(京葉線はこれができてないのが致命的)と適切な情報提供というありきたりの方策が結局は一番合理的なようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惨議院だなあ

久しぶりに仕事で運転、それも比較的長時間。

ということで、ラヂオのスイッチを入れると国会中継。参議院の予算委員会ですな。
与党では自民党の田村公平、三浦一水、公明党の木庭健太郎とその関連で松あきら、野党では福島ぬるぽや共産党の小池晃とかいう議員などが登場。

小池議員は話し方だけで共産党とわかる。実際、中継で党名を聞き逃したけどすぐわかった(笑)。
幹部会や常任委員会あたりでああいう話し方を強制するのかな(^_^;)。小池議員なんて声と話し方だけなら志位委員長の影武者出来るよ。

ともかく自分の言っていることが絶対に正しくて、閣僚にもそれを認めさせようという相変わらずのマンネリズム。元データも参加の労働組合によるアンケートが多い。これじゃ政府と噛み合わない。ただねえ、俺は共産党支持しないけれど、一応日本では合法なんだし(それでいいかどうかもあるけど)、選挙で選ばれた議員の質問なんだから、木で鼻を括ったような答弁はやめた方がいいのではないかなあ。

少子化や国民健康保険、医療などの質問が多くて、柳沢大臣が再三答弁をしていたのだが、小池、福島といった質問者は、「総理に答えて欲しい」と何度も言っているのに予算委員長が「柳沢大臣」と指名するものだから、小池議員は「もういいよ、お呼びじゃない」と叫ぶ始末。ふくすぃまは大臣の答弁を勝手な解釈で変形して「力強い答弁をいただきました」と宣言して、柳沢大臣から「私の言っていることと違う。勝手に言い換えて確認しないでくれ」と要請される始末。

年収300万円未満の世帯が4割とか、勤務医の過酷な労働実態、国民健康保険の保険証の取り上げ(資格証発行)、キヤノンの派遣労働者の問題など、確かにこいつらの言っていることは野党としては当然取り上げるべきことなのだ、ということはよくわかるのだが、言っているだけで本気で何とかしようと思ってないのが見え見えなのである。自分達の主張は正しい、政府のこれまでの政策の責任だ、と叫んでいるだけで、妥協点を探ろうとはしないのである。要するに、自分達の党勢の維持・拡大の道具としか思ってない、ということ。社民党や共産党はいつもそうだ。

ぬるぽは、沖縄米軍基地のグァム移転費用に日本政府が7000億円出して、一方で生活保護を60億円削る(母子加算の切り下げなど)のはどういう税金の使い方なのだ、と再三言っていた。この議論はわかりやすい。何しろ桁が2つも違うからな。でも、同列に扱うべき数字じゃない。その7000億円を出さないために、自立した軍備をする覚悟が社民党にはあるのかな。

まあしかし、6日の参議院予算委員会は、下手なお笑い番組よりも笑える内容だった。テレビ中継の方は視聴率はどれくらいだったのだろうかw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 6日 (火曜日)

いかに出鱈目か

ちょっと仕事の関係で、更新がままならぬ状態が続いております。

数日前から、下級性急、もとい架空請求メールが来るようになりました。
ビデオジャングル事務局っつうお莫迦なところです。「ビデオジャングル」で検索すると、同じ名前の違う団体などもヒットしますが、このお莫迦なところも叩かれておりますね(笑)。

子供の学校のPTAの委員会で使用している共有アドレスの1つなんですが、そんな人を特定できないアドレスにまで出すとは。しかも、「登録してから17日目経過しました」ってえのが最初で、じゃ16日目まではどうなんだよ、と突っ込もうと思ったら、9日目あたりで来ているところ(これまた個人ではなく組織のようです)もあるようで、めちゃくちゃですな。で、私のところは「20日目」というのが今日来まして(笑)、これで圧力かけているつもりなんでしょうねえ(爆)。

賢明な皆さんはこういうのは無視するのがいいし、下手に連絡したらかえってこちらの情報ばらすからよくない、ということはご存知でしょう。

参考までに、ヘッダ付きで本日の分を晒しておきます。

Return-Path: Delivered-To: ****@********* Received: (qmail 23840 invoked from network); Tue, 6 Mar 2007 18:11:41 +0900 Received: from unknown (HELO pxy2nd.*****.com) (***.***.***.***)by smbox51.*****.com with SMTP; Tue, 6 Mar 2007 18:11:41 +0900 Received: (qmail 1945 invoked from network); Tue, 6 Mar 2007 18:11:37 +0900 Received: from unknown (HELO mx2.***.or.jp) (202.247.191.100)by smxg502.*****.com with SMTP; Tue, 6 Mar 2007 18:11:37 +0900 Received: from lisbon.mbos.jp (nagasaki.mbos.jp [***.***.***.***])by mx2.***.or.jp (8.12.11/8.12.11) with ESMTP id l269Banq006826for <***@**.***.or.jp>; Tue, 6 Mar 2007 18:11:36 +0900 (JST) Received: from [202.228.190.250] ([202.228.190.250]) by lisbon.mbos.jp ([192.168.20.43]) with ESMTP id 2007030618:11:35:870092.30201.71498672for <***@**.***.or.jp>; Tue, 06 Mar 2007 18:11:35 +0900 (JST) Received: from vcheck4.******.ne.jp (***.***.ne.jp [***.***.***.***])by outside2.******.ne.jp (Postfix) with SMTP id 63B271EF1EAfor <***@**.***.or.jp>; Tue, 6 Mar 2007 18:11:35 +0900 (JST) Received: from (unknown [***.***.***.***]) by vcheck4.******.ne.jp with smtpid 45c9_aed568ca_cbc2_11db_811d_00188b33249d;Tue, 06 Mar 2007 18:11:35 +0900 Received: from mwn.******.ne.jp (unknown [***.***.***.***])by smtp1.******.ne.jp (Postfix) with SMTP id B5B4E2181F8for <***@**.***.or.jp>; Tue, 6 Mar 2007 18:11:33 +0900 (JST) Received: (qmail 30735 invoked by uid 88); 6 Mar 2007 18:11:34 +0900 Delivered-To: ***********@*********** Received: (qmail 30733 invoked from network); 6 Mar 2007 18:11:34 +0900 Received: from outside2.******.ne.jp (***.***.***.***)by mwn.******ne.jp with SMTP; 6 Mar 2007 18:11:34 +0900 Received: from vcheck4.******.ne.jp (vcheck4.******.ne.jp [***.***.***.***])by outside2.******.ne.jp (Postfix) with SMTP id EE7151EF1AAfor <***@**************>; Tue, 6 Mar 2007 18:11:34 +0900 (JST) Received: from (unknown [172.17.2.150]) by vcheck4.******.ne.jp with smtpid 45bd_ae961c1a_cbc2_11db_b7fa_00188b33249d;Tue, 06 Mar 2007 18:11:35 +0900 Received: from mail.miofey.com (OFScd-03p23-184.ppp11.odn.ad.jp [210.231.64.184])by mx4.******.ne.jp (Postfix) with SMTP id 15CB92B1598for <***@*************>; Tue, 6 Mar 2007 18:11:34 +0900 (JST) Received: (qmail 10457 invoked by uid 0); 6 Mar 2007 18:10:32 +0900 To: ***@********* Subject: 【重要】ビデオジャングルからお知らせ X-TERRACE-DUMMYSUBJECT: Terrace Mail System Sender: Reply-To: MIME-Version: 1.0 Content-Type: text/plain; charset=iso-2022-jp Message-Id: <1168229199.5d2f79017524f20f01456cb3c6d978b8@bruaju.com> From: ビデオジャングル事務局 Date: Tue, 06 Mar 2007 18:10:32 +0900 X-TERRACE-SPAMMARK: NO (SR:7.92) (by Terrace) Status: U X-UIDL: 1173172374.236.smbox51

*必ずお読みください*
ご登録から20日経過いたしました。

お客様のご入会された ビデオジャングル のご利用料金99700円が、未だ確認が取れておりません。至急お支払いください。

ご対応して頂けない場合は、運営における利用規約13条に基づき、管理部及び調査部にての対応、又、第13条、16条に基づきまして法的な処置の行使を致します場合もございます事を了承ください。

尚、お振込みをするときは必ず名前の欄に個人認識ID番号G021003493で振り込んでください。

お問い合わせ
----------------------------------
【ダイヤル】
  0120-028-464
【メール】 
  support@bruaju.com
【お支払案内】
http://www1.bruaju.com/atm/?md=@heVIPw@VP618mwm16LV80PLs_w-31

ご登録情報
----------------------------------
【個人認識ID番号】
  G021003493
【御登録日】
  2007-02-14 18:01:17
【IPアドレス】
  58.98.160.40
【プロバイダー】
  株式会社エヌ・ティ・ティエムイー (NTT-ME Corporation)
【ご使用のOS】
  Windows 2000
【ご使用のブラウザ】
  Internet Explorer 6.0
【最終アクセス日】
  2007-02-14 18:01:17
【経過日数】
  20日
【ご利用履歴】
  3回
【アクセス履歴】
02/14 18:01 ビデオジャングル


お問い合わせ
----------------------------------
【ダイヤル】
  0120-028-464
【メール】 
  support@bruaju.com
【お支払案内】
http://www1.bruaju.com/atm/?md=@heVIPw@VP618mwm16LV80PLs_w-31
【番組URL】
  http://www.bruaju.com/?bc=jan02&md=@heVIPw@VP618mwm16LV80PLs_w-31


IE6.0もWin2kも使ってないのに(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金曜日)

あまりにも期待どおりで驚いた

理系白書の「脳」特集

ゲーム脳という誤った概念を広めてしまった毎日新聞科学環境部のM記者自らが執筆者に名を連ねている。
そして「似非科学」を取り上げるのに自らのそうした過去を反省しないのはおかしいだろう、という批判が理系白書ブログに集まった。私も批判した1人である。

しかし、実際の記事での記述はこうである。

>森教授は02年、「ゲーム脳」仮説を提唱した。テレビゲームをしている時には脳波の中のベータ波が低下し、認知症に似た状態になると指摘。その状態が続くと前頭前野の機能が衰えると警告した。単純明快なストーリーはマスコミに乗って広がり、暴力的な描写に眉(まゆ)をひそめる教育関係者や、ゲームをやめさせたい親に支持された。<

は?マスコミに乗って広がり、だと。他人事かよ。誰が広げたんだよ。しかも5年近く経過するというのにそのことを何度指摘されても頬被りを続け、挙げ句に総括がこれである。

そして後半は「話題の」東北大教授、川島隆太氏の話題で巧妙に逃げている。

最後のこれは何だよ!

>研究者はどのように科学的成果を伝え、市民はどう受け止めるべきか。模範解答はないものの、今、一人一人が自らの問題として考えることが求められている。<

研究者と市民の責任は問うているのに、伝える側のメディア自らのあるべき姿は触れられていない。嗚呼。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »