« 新旧俳優顔面相似形 | トップページ | 国際社会は気をつけろ »

2007年2月 7日 (水曜日)

ご近所での悲劇

「止まってくれ」必死の追跡の果て… 東武東上線事故

この事故現場は、我が家から比較的近いところである。当該の踏み切りは何度も渡ったことがある。
ともあれ、警官の回復を祈りたい。

この事故を受けて、警官の勇気を称えたり、○違い女を放置することの是非を論ずるのもいい。

しかし、それだけでは不十分だ。東武東上線は池袋・成増間のすべての路盤が地平であり、高架化ないし地下化されている区間がない。開かずの踏み切りという問題もあるが、こうした事故や遮断機が下りてからの線路内への進入を防ぐため、コストはかかるが早く立体交差にして踏み切りを解消すべきなのである。踏切事故による輸送への影響も回避できる。

こういう指摘をしているメディアは果たしてあるのかな。

|

« 新旧俳優顔面相似形 | トップページ | 国際社会は気をつけろ »

コメント

ツッコミ3点。

>立体交差
「誤って」線路内に侵入するバカを防ぐ事は可能ですが、「謝って」線路内に侵入するバカは防ぎようがありません。これを防ぐには、完全な立体化は勿論の事、最近の都営地下鉄や多摩モノレールのような簡易ホームドアではなく、東京メトロ南北線にあるような正規ホームドアの設置が必要になります。
まぁ、東武に限って言うなら、少なくとも都内区間は遮断を徹底すべきだと思いますけどね。竹の塚のようなバカ事例もある事ですし。

>警官の勇気
最近映画化された新大久保のチョンにしても同じ事なのですが、勇気と無謀とは大違いです。どんなに正義心に満ち溢れていようが、救出の可能性が著しく低い中で線路に飛び込むのは、最早勇気ではなく無謀であり、徒に鉄道事故の死傷者数を増やすだけです。
ここで警官がなすべき事は、決して線路内に飛び込む事ではなく、踏切に設置されている非常警報スイッチを押す事でした。これなら列車に非常ブレーキが掛かりますから、一か八かの線路内飛び込みよりも確実に事故での死傷を軽減する事が出来ます。一般人にその知識を求めるのは酷でしょうが、管内に踏切を擁する警察官であればその程度の知識があって然るべきです。

>警官の回復
回復の仕方にもよりますが、QOLに回復の見込みがないのであれば、必ずしも生存する事が幸福であるとは限りません。家族には酷な言い方かも知れませんが、重介護のコストを一生負担し続けるよりは、死亡による労災を受給した方がいいのかも知れません。

投稿: 五月原清隆 | 2007年2月 9日 (金曜日) 17時59分

>>五月原さん

立体交差云々に関してはおっしゃるとおり。
私も東武鉄道の現実から、東上線での対策は困難なのは分かっていますが、所詮この程度のブログですから、言いたいことを言わせて下さい(笑)。

景観の有機、ぢゃなくて、警官の勇気は、私はああいう行動が勇気だとは思っていません。他でそういうニュアンスの表現を見かけた、ということです。ただね、最近の一般大衆(莫迦を多く含む)の反応は、非常警報スイッチ押して、万一間に合わずにキチ●イ女が死んだら、ほぼ間違いなく警官は責められるのではないかと。非常警報スイッチに関しての知識がなかったとしたらそれは論外。警視庁の怠慢でしょう。

回復も、おっしゃることには賛成します。もしも自分なら、中途半端に生還するより死んだ方がまし。

投稿: フロレスタン | 2007年2月 9日 (金曜日) 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/13828021

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所での悲劇:

« 新旧俳優顔面相似形 | トップページ | 国際社会は気をつけろ »