« 痛ててっ! | トップページ | 犬死にならぬよう »

2007年2月12日 (月曜日)

「非情」通報装置

過日のエントリーで触れた東武東上線ときわ台駅付近の踏み切りで、キチ○イ女を救出しようとした警官が亡くなったそうだ。ご冥福をお祈りする。警察官の遺族はこの莫迦女と親族・後見人に損害賠償請求できるのだろうか。

死者を茶化したくはないが、あまりに職務に熱心すぎて正義感が強い、というのも一般論としては考え物だ。人の命は皆平等で大切だ、などというが、本音を言えばそんなもの建前に過ぎない。今回のように、大勢の人に迷惑をかける鉄道自殺を図ろうとするような精神を病んでいる奴に生きている価値が本当にあると思う人間は何人いるのだろうか。

それはともかく。
<踏切事故>非常通報装置、誰も押さなかった
ということだそうだ。

線路に転落した人を助けようとして飛び込んで自分も巻き添えで死んでも、同時に助けようとしてやはり死んだ人間が半島の人だったりすると、そちらばかりが脚光を浴びて賞賛され、日本人の方は忘れ去られてしまう、なんて世の中である。自分の命は大切にしたいし、自らの意志ではなく偶発的に電車に轢かれそうな人の命も助けなければならない。

いざという時、非常警報装置のボタンを押せるように、よく利用する駅や踏み切りなどでは、その位置を頭に入れ、そして非常時にためらわず行動に移せるように意識してないとだめだな。もっとも1つ間違えると列車往来妨害になってしまう可能性もあるので、判断が難しい場合もあるかもしれないが。

(追記)
12日の夕方、用事があって仕事場にちょいと顔出しました。夜のニュースで、この警官の遺体が板橋警察署に安置されていて、12日の夜に安倍総理が弔問にやって来たようですが、これが私の仕事場のすぐ近く。先日ICカード免許証に更新した場所でもあります。ニアミスだったわけですが、別に安倍総理と会っても嬉しくはないので、どうということもありません。

それよりも、総理が「勇敢な警察官を誇りに思う」というようなことを言ったらしいのですが、そんなこと言っても彼が生き返る訳ではない。支持率が低下しているから人気回復のパフォーマンスだとしか思えませんね。それよりも、ホームドアなり立体化なり、あるいは警報装置の改良でもなんでもいいから、物理的に鉄道の人身事故、特に自殺を防止するような手だてを講じてくれることを強く望みます。まあ、期待してないけどね。

|

« 痛ててっ! | トップページ | 犬死にならぬよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「非情」通報装置:

« 痛ててっ! | トップページ | 犬死にならぬよう »