« 犬死にならぬよう | トップページ | 温情措置? »

2007年2月16日 (金曜日)

転向宣言

別に愛国心を捨てて、左翼になろうというのではない(笑)。

以前、日本橋の首都高に批判的なことを書き(ブログだけでなく仕事でも)、余所様のブログでもそういうコメントをしたことがあった。別に今日いきなり、というのではない。小泉政権末期の国政レベルでの地下化の検討結果を見聞きしたり、いくつかの著作に接して自分の中で考え方が変わっていった。

冷静に考えれば、日本橋上空の首都高の高架構造物は、当時は画期的なことだったはずであり(実際にそういう記録もあるようだ)、その後の日本の高度成長のきっかけの1つであったことは間違いない。

それを今日的な視点で醜悪である、と断罪してしまうのは、先人に対して失礼である。ましてや、少なくともあそこの首都高を一度でも通ったことがあれば、口汚く罵るのは人間性を疑われる(笑)、ほど大袈裟ではないか。

東北大助教授の五十嵐太郎氏は、日本橋首都高の地下化は新たなハコモノ作りである、と批判しているが同感である。電線類を地下化した後の街並みがえらく貧相であることが日本の都市には往々にしてあるが、もっと壮大な貧相な景観が出現する恐れがある。そして事業費を生み出すために、容積率の移転をはじめとして、いろいろと制度がいじられ、そこには新たな利権が発生し、日本の都市が外国資本に蹂躙される可能性もある(都心だからある程度はしかたないかもしれないが)。そんなドロドロの世界の方が、よほど現在の日本橋の景観よりも醜悪である。

物的空間として見ても、日本橋上空の首都高を取り除いただけで、安藤(歌川)広重の浮世絵の世界が登場する訳ではない。川沿いの陳腐な親水公園でカムフラージュされた「日本橋マンハッタン」になるかもしれないのだ。しかも6000億円とも言われる事業費をかけて、である。そこまでわかっていて首都高を移設しろと主張する人は多くはないだろう。

それでもどうしても、というなら急ぐ必要はない。中央環状線や東京外郭環状道路の方が、全体の道路ネットワークから見れば優先度が高い。そしてそれらが完成することには、少子化も今より進展し、自動車の台数も減少するだろう。その頃にゆっくりと日本橋上空の改造に着手しても決して遅くはない。

|

« 犬死にならぬよう | トップページ | 温情措置? »

コメント

> 管理人様

これまでは、とにかく全国にインフラを整備することを目的にしていたように感じる建設省(国交省)が、今後はこれまで出来たものを色々と改変していくことで、一部業者さんに仕事を作ってあげるのか?なんて思っていました。

投稿: tenjin95 | 2007年2月17日 (土曜日) 00時13分

>>tenjin95さん

なかなか目の付け所が鋭いですね。かなり中っていると思います。もちろん私の持っている限られた情報では断定はできませんが(^_^;)。

小泉内閣当時の都市再生とか経済特区などというのは、まさにその「一部業者」の選定、絞り込みです。地方自治体の多くは死に体だと言いますが、右肩上がりの経済成長の時代は等しくばらまきを享受していたのが、財源・税源移譲されないまま分権が進められた結果だ、という見方が出来ると思います。その点では多くがポーズだったいわゆる改革派知事にも責任があると思います。前宮城県知事を東京都知事選に担ぎ出そうと強いる連中は幻影を見ているのではないでしょうか。

従来の公共事業を支えてきた建設関連産業は、その公共事業の減少で四苦八苦しています。国策だから経営能力と関係ありません。談合問題が吹き出しているのも断末魔でしょう。地方の小さな測量会社では社長が自殺したケースも耳にしました。

能力も必要なことは間違いないですが、うまく利権にくっついていかないとダメです。私を殺しても何の得もないから、多分書いても平気だと思いますが(笑)、私の大学の出身学科などはその利権に結びついているところの1つです。例の建築確認、耐震偽装の時もそうでした。以前だとリゾート法なんてのもありましたね。

私のように、大学にも残らず(残れずw)、大企業に就職することもなく、好き勝手にやって来ると、利権と縁遠いところにいることになります。

もちろん、今ガンガン仕事をしている人達が能力がないとは言いませんが、それだけではダメなことも事実です。日本橋の首都高を地下にしようと叫んでいれば、少なくとも今の風向きが続く限り、利権からはずれることはありません。ありつけるかどうかはまた別ですが。

このコメント、読む人が読むと、この莫迦野郎と諸先輩からお叱りを受けること必至です(笑)。

投稿: フロレスタン | 2007年2月17日 (土曜日) 02時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/13935784

この記事へのトラックバック一覧です: 転向宣言:

« 犬死にならぬよう | トップページ | 温情措置? »