« たかおのかたお | トップページ | またやりおったよ »

2007年2月22日 (木曜日)

怒れる「ご老公」

森進一「激怒」見て直接謝罪へ

確か森進一はシンガーソングライターではないはずだが、長いこと何度も歌っているうちに、自分で作詞したような錯覚に陥っていたのかな。それとも「大物歌手」の著作権意識なんてこんなものなのだろうか。だが、十把一絡げにしてはいけないな。森進一は、自らの判断か周囲の圧力かわからないが、誤らないとだめだ、という状況には気がついたのだろう。ただしその理由はよくわかっていないようだ。

まあ森進一が一曲持ち歌を歌えなくなったところで私には関係ない。
それよりも、作詞家の川内康範には驚くね。テレビで会見の様子を見たが、さすがに外見は86歳だけあって「よぼよぼの爺さん」(失礼!)である。だが、自らの著作物がいい加減に扱われていることに対して、相手が「大物歌手」だろうとなんだろうと怒り飛ばすというそのエネルギーに感服する。だからこそ長寿を保ってもいられるのだろう。

最近、世の不条理に対して諦観を抱き始めているのだが、考え直さないといけないな。50歳まで1年を切った訳だが、精神的に老け込む年ではない。川内氏からみたら私の年代などまだまだひよっ子である。

それと、どうでもいいのだが、この人の名前を見るたびに川端康成の名前が浮かんでしまう。子供の頃は川端康成が流行歌(古い言い方だ^^;)を作詞しているのだと思っていた時期もある(笑)。

|

« たかおのかたお | トップページ | またやりおったよ »

コメント

川端康成が作詞した流行歌を歌うのはちょっとびびるかも・・・・・。

投稿: 圭 | 2007年2月23日 (金曜日) 01時54分

私にとっては、「川内康範」と聞けば「月光仮面」の原作者! (⇒これから、世代が分かってしまうね。)
(但し、「コウハン」ではなくて、確か「カワウチ・ヤスノリ」とナレーションされていたような記憶。)

後年、歌謡曲の作詞家に「川内康範」(カワウチ・コウハン)という人が居るのを知った時、まさかあの「カワウチ・ヤスノリ」のことではないだろうな、と思ったものです。


今、Wikipediaで見ると、“福田赳夫の秘書を務め、鈴木善幸元首相、竹下登元首相のブレーンでもあった。”そうな!(ビックリ)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E5%86%85%E5%BA%B7%E7%AF%84
多才な方ですね。
 同Wikipediaの上記箇所以降に書かれているところを見ると、たいへん気骨が有る方のようです。
フロレスタンさんが、“さすがに外見は86歳だけあって「よぼよぼの爺さん」(失礼!)である。だが、・・・・・。最近、世の不条理に対して諦観を抱き始めているのだが、考え直さないといけないな。”と感じるのも道理ですね!

投稿: 単なるOB | 2007年2月23日 (金曜日) 17時34分

あ~!!なんかわたし大きく勘違いして、コメント入れてるぅ~。
酔っぱらい?すみませんでした。

投稿: 圭 | 2007年2月23日 (金曜日) 20時54分

>>OBさん

ああ、それありましたね。私も知っているけれど、条件反射では出てこない。そこが年代の差でしょうか(^_^;)。

こういう骨のある御大には長生きしてもらいたいものです。

>>圭さん

ガキの頃の私の勘違いに、上塗りの勘違いでっせ。まさかルックチョコレートに中った?そういえば不二家の流通在庫が全廃棄になるようです。販売再開のために山崎製パンが示した条件。今あるのは「貴重品」ですよ。

投稿: フロレスタン | 2007年2月23日 (金曜日) 21時41分

あれから、確かに何かが変化・・・?
空き箱取っておきますぅ~。

投稿: 圭 | 2007年2月23日 (金曜日) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/14006060

この記事へのトラックバック一覧です: 怒れる「ご老公」:

» ん〜気になる! [暮し生活の気になるニュースがいっぱい!]
最近、ワイドショーをに賑わせている「おふくろさん、歌わせない問題」森進一さんっと言えば、この曲ではないでしょうか?昔から、物まね?しながら、歌ったりしてませんでした。(^o^)この曲は、森さんだから良いんですよね〜少しまえに、離婚問題なんかもあって、大変な...... [続きを読む]

受信: 2007年2月22日 (木曜日) 14時36分

« たかおのかたお | トップページ | またやりおったよ »