« 老害それとも皮肉? | トップページ | 「小松玄庵」逝く »

2007年2月24日 (土曜日)

三バカ親トリオ(^^;

今日24日付の毎日新聞16面の論点「今どきの親」。最近の毎日新聞の記事は、とみに知的レベルが落ちているような印象をうけるのだが(前からそんなに大したことはなかったが)、気のせいではなさそうだ。この特集の内容は本当に内容の知的水準が低い。
論者は広田照幸(日大教授)、佐々木かをり(イー・ウーマン社長)、鈴木光司(作家)の3人。3人ともタダの莫迦なのか、毎日新聞にレベルを合わせた記事を書いたのか。

まずは広田教授。「今どきの親はダメ」と決めつけるな、という主張なのだが、なんと引き合いに出しているのは給食費未払いの親なのである。世間の常識的なとらえ方は、別にこの問題をもってして、今どきの親はダメだなどとは主張していないと思う。単に払えるのに払わない(そのくせ遊興費などには出費している)その行為を責めているだけである。

しかも全国の給食実施校の平均値を持ち出して、給食費を払わない親は一校当たり2ケース程度である、などと言っているのである。こんな平均どこに意味がある!現実に未払いが多い学校では、給食費の単価を下げざるを得ず、エビフライがイカフライになったり、デザートが切りつめられたりしているのである。そういう個別の現場こそが問題なのであって、全国平均など糞食らえではないか。いや、もしかすると平均でも一校に複数の給食未払い親がいる、というのは深刻な事態なのかも知れない。本来この値は1を切っているべきではないか。

東大大学院の博士課程を出て、東大教授を歴任した人物がこんな粗雑な主張をしていていいのかな?

主張の最後に「給食費未納問題は法的措置をとることを含めて、徴収業務システムの強化をドライに工夫すればよい問題だ。ごく一部の『困った親』に怒って、今の親たち全体を問題視するのは筋違いでしかない」とある。前の文章はそのとおりである。しかし後ろの文章はそれこそ「筋違い」である。繰り返すが給食費未納のみをもって、今の親はダメだ、などというのはおかしい。今の親がダメだと言われるのは、もっと深いところに原因がある。社会規範や常識の欠如や利己中心主義であり、そうしたダメ親はいつの世にもいるものだが、自分の身近にそういうのが多くなっている、と感じる人が増えているということだろう。

次に佐々木かをり。
「目指す人物像や目標設定の言語化が必要」とあるから、言語化とは何かと思ったら、学習指導要領に例えば「小一では家庭で○○を身につけさせる」などと書くことなのだそうだ。それって言語化ぢゃなくて文章化というのではないのかにゃ?

でもって、多様化した社会だからこそ、とこういう画一的な目標を掲げよ、というのは論理矛盾ではないのか。そもそも小一といっても、発達段階には個人差があるから、一律に学習指導要領で決めることが適切なのかどうかも疑わしい。中教審の臨時委員だそうだが、女社長というだけで就任したんじゃないのか。最近そういう肩書きコレクターがけっこういるからな。

そして最後には、自分の会社を礼賛しつつ、企業の発想転換を求めている。この人の会社は「親業休暇」「進学休暇」を就業規則に盛り込んでいるのだとか。大きなお世話だよね。必要な時に有給休暇を取ればいいのであって、いかにも我が社は先進的です、と言わんばかりの規則など、かえって後進性を表しているようなものではないか。そういう休暇を強制しないとダメな社員ばかりなのではないかな。

あとね、早く帰宅し、地元の商店街や学校、家庭などで体験をする知識は発想力を高め、新たなビジネスチャンスにつながる、のだそうだ。結局は会社のためかよ(笑)。商店街や学校は踏み台か。もっとも、ビジネスチャンスを見つけるために会社から早く帰って地域でいろいろな体験をしなさい、などとお節介を焼くのは、「目標の言語化」を主張し「親業休暇」「進学休暇」を押しつけるのと根っこは一緒である。

最後に3人目の鈴木光司。
彼は2人の娘(大学生と高校生)と論理的な会話が出来ることを自慢したくてこの記事を書いたらしい。そして、自らが参加した審議会でも、うまく戦略を立てて、自分の意見を採り上げてもらえるように工夫した、という自慢話も、娘との会話の話しとセットになってくっついている。

凄いことを書いているのである。
「まず第一に意見を形成するためには、世界共通の論理に立脚すること」というのだが、世界共通の論理って何さ?

そして「日本語はもともと情緒的な言語なので、表現の前の思考は徹底的に分析的、論理的であった方がバランスがとれる」ですと。出ましたねえ。日本語が情緒的な言語という妄想。これはよく英語は論理的な言語だ、というこれまた根拠のない断定とセットで登場する。

日本の文学の過去からの膨大な蓄積を見れば、日本語が叙情的な言語であることは想像できるし、同様に叙情的な言語は世界に多数あるようだ。叙情的と情緒的は違う。この場合の情緒的はよくない意味、つまり非論理的である、ということである。

よく日本語は主語がないが、英語は主語がある、というのがこの手の話しの根拠で使われるのだが、これは日本語と英語しかしらないやつの妄言だ。主語なんて、言わなくてもわかるのなら省略されるのはどの言語でも同じであり、英語だって主語がない(命令形でない)文章はいくらでもある。動詞の語尾変化で主語が分かる他の多くの印欧語では主語は通常省略される。

そもそも、言語にもともと情緒的だとか論理的だ、などということはない。
人間が情緒的に使えば、言語も情緒的になり、論理的に使えば論理的になるだけである。表現の前の思考は徹底的に分析的、論理的であるべきなのは、当然のことであり、日本語を使っているからではなく、どんな言語の使い手でも同様に必要なことである。あ、もしかしてそれが「世界共通の論理」のことかいな(笑)。

そして、家父長制の時代の父権を断罪し、コミュニケーション不足であるとも言っているのだが、こういうのは現在の価値観で過去を断罪する悪しき手法であり、それこそ論理的、分析的ではない。論理的に発せられた言葉だけがコミュニケーションの道具である、というのは現代人の思い上がりだろう。

むしろ、論理的に考えれば、子供相手であろうと誰が相手であろうと、その意思の疎通に論理的な言語が必要であると判断されれば、そういう風に言葉を使い、「言葉はいらない、俺の背中を見ろ」というリーダーシップが必要な時には言語以外の身体の部分を使って意思の疎通を図るのが人間というものだろう。

家庭での娘との会話が上手く行ったからと言って、それで言語万能主義に陥るのは、作家の職業病なのかもしれないな。

この3人、私と同世代なのだが、この記事を見た他の世代から、1950年代後半生まれの世代の親はダメだ、などと後ろ指さされはしないかと心配である(笑)。

|

« 老害それとも皮肉? | トップページ | 「小松玄庵」逝く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/14036282

この記事へのトラックバック一覧です: 三バカ親トリオ(^^;:

« 老害それとも皮肉? | トップページ | 「小松玄庵」逝く »