« 国際社会は気をつけろ | トップページ | さすが「ワンルームたこ部屋」会社 »

2007年2月 8日 (木曜日)

ニュース原稿の「失言」

今日昼頃、TBSラジオのニュースを聞いていたら、こんなのが聞こえてきた。

アメリカ・ニュージャージー州のカジノで、陣痛を腹痛と間違った妊婦が、何度もトイレに行っている内にカジノの施設内で出産。予定よりも1ヶ月早かった。「ここで死ぬ人はいたけれど、子供が生まれたのは初めて」なのだそうだ。

でもって、その赤ん坊、読まれたニュース原稿では「体重が2500gしかなかったが元気」となっていた。

うん?「しかなかった」だと。悪かったな。俺も出産時は2500gちょっと「しかなかった」んだよ。
「しかなくて」悪かったな。体重の少ない新生児はダメな存在なのかな。

という揚げ足取りは、ちょうど柳沢大臣の発言に、ハイエナのように食いついている夜盗、もとい野党やマスゴミと同じようなものである。そんな言葉狩りをやっている暇があるのは羨ましい。まあ、俺にも少しくらいそういう暇があるから、こんなこと書いているんだけどね(笑)。

|

« 国際社会は気をつけろ | トップページ | さすが「ワンルームたこ部屋」会社 »

コメント

えー?2500gあれば十分だと思いますが、
ニュース原稿チェックって甘いんですねー。
確か今は2500g未満は低体重児とか言うけど、
この原稿書いた人って
3000超えないと「未熟児」って思ってるのかも。
だって周りの年配の人たちって、2800gなんて聞くと
「ちっちゃいわね!」なんて言いますもん。

フロレスタンさん、2500gだったんだー。
かーわいい!
ちなみに私は3300gありました。

投稿: 蓮花 | 2007年2月 9日 (金曜日) 01時09分

蓮花さん;
うちのバカ息子は、4500gで生まれてきました。

投稿: 圭 | 2007年2月 9日 (金曜日) 10時48分

圭さんへ
圭さんをひたすら尊敬します。
めっちゃしんどかったでしょう?
うちの娘は3200gでしたが、出てくるのに31時間もかけてきやがりました。

投稿: 蓮花 | 2007年2月 9日 (金曜日) 11時32分

>>蓮花さん

私は2540gくらいだったようです。ぎりぎり保育器行きを免れた(^_^;)。

今朝の毎日新聞の記事で、日英の研究成果として2500g未満で生まれた子供はメタボリックシンドロームが多いそうなんですが、恐らくこれは疫学調査の結果だと思います。生物学的な因果関係はどんなものだかわかったもんじゃない。2500g未満で生まれた子供が皆同じような環境で同じような生活しているわけもないし。

それと低体重児は10歳くらいまで脳の発達が遅い、という話も聞いたことがあるのですが、仮にそれらが研究成果だとして、このニュース原稿書いた奴はそんなことは知らないと思います。原文は英語だと思いますよ、アメリカ初のニュースですから。

だからといって「しかない」はないと思いますよ。以前のフジテレビなら、鹿内かもしれませんが(笑)。

>>圭さん

実はそのニュースの後、別のニュースとして、南米のどこかだったか6400gの赤ん坊が生まれた、というのが流れてきました。

投稿: フロレスタン | 2007年2月 9日 (金曜日) 14時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/13833879

この記事へのトラックバック一覧です: ニュース原稿の「失言」:

« 国際社会は気をつけろ | トップページ | さすが「ワンルームたこ部屋」会社 »