« 二度あることは三度ある | トップページ | 勘違い女 »

2007年1月30日 (火曜日)

敢えて言おう、柳沢大臣をネチネチと集団リンチしている♀国会議員は機械以下だ

ふくしまとかフクシマとか福島とか、つじもととかツジモトとか辻元とか、たかいちとかタカイチとか高市とか、のだとかノダとか野田とか、いのぐちとかイノグチとか猪口とか、その他大勢。

高市議員は、子供を産めない自分のことを「不良品ですか」と開き直っているようだが、繁殖・種の保存という純粋に生物学的観点に立てば不良品に間違いない。個体というミクロの欠陥を社会というマクロな集団が補うのが人間の営みであって、不良品の存在は許されるのだ。これは論理のすり替えである。本物の機械でも歩留まりが100%なんてことはない。あんた本当に科学技術担当大臣なの?

報道された記事を素直に読めば、柳沢大臣は「女は産む機械」とは言っていない。

「機械って言っちゃ申し訳ないけど」「機械って言ってごめんなさいね」との言葉を挟みながら、「15-50歳の女性の数は決まっている。産む機械、装置の数は決まっているから、あとは一人頭で頑張ってもらうしかない」と述べた。
ということである。

つまり「女は産む機械」と言ったのは、記事に見出しをつけた新聞社員であって、それが一人歩きしているわけだ。見出しをつけた人間に悪意を感じるね。こんな調子だと、政治家だけでなく、有名人の発言は、皆メディアによって都合良くねじ曲げられてしまう恐れがある。おお、怖っ!

政治家たる者、こういう具合に足を引っ張られないよう、例え話といえども、あるいは後援会という内輪の場での発言にしても、気をつけなくてはならない、ということも事実である。

負傷、もとい不肖この私も立候補しないか、などと寝言を言ってくる御仁がいるが、その気はないので全て断っている。それはこういう本音が言えないからだ。正論であっても例え話が不適切だ、というだけで集団言論リンチにあったのでは、いくら給料もらっても割に合わないよ。ましてプライバシーがなくなり、土日もなしに分刻みのスケジュールを他人に決められるなんざ、こっちから願い下げでえ。

閑話休題

それにしても、与党と言わず野党と言わずおばちゃん議員達はここぞとばかりに攻めかかっているが、それがあんた達の本来の役割なのかな。他の議員の揚げ足とっているだけでいいなら、立候補してもいいぞ(笑)。んな訳ねえだろ。

それこそ大臣辞任に値するような発言(見出しの方じゃないよ)とは思えないが、謝罪してるわけだし、いつまでもこんなことを引きずっていないで、ちゃんと政策考えてくれよ。そんなこと言ったら、福島よ、あんたのところの阿部知子なんて誤りもせずに開き直る始末だぞ。その上こっそり自らのウェブでの記述の「国土保安隊」を「警察予備隊」に書き換えている。悪いと思うなら、正々堂々と訂正して謝れよ。

情けないのは与党のおっさん議員達だ。政治資金の問題など、スキャンダルが相次いでいるせいか、自らに降りかかる火の粉を避けようとするのに汲々としているように見える。少子化対策というなら、「四の五の言わず、男も女も結婚して子供を産め」とほえる政治家はいないのか。「機械に喩えて誤解されるような発言をしたのは悪かったが、柳沢大臣は少子化による悪影響を懸念してああいう発言になったのだ」くらいのことは言ってもいいと思うのだが。

|

« 二度あることは三度ある | トップページ | 勘違い女 »

コメント

>こんな調子だと、政治家だけでなく、有名人の発言は、皆メディアによって都合良くねじ曲げられてしまう恐れがある。

随分、控えめな表現ですね。「恐れ」ではなく「都合良くねじ曲げられている」のが常態となっています。

それにしても、この程度の例え話や比喩が政治問題化するのですから、つくづく我が国は自由と民主主義の国だと実感させられます。

福島や辻元には、自論である非核論や人権擁護を、友党である中国共産党や朝鮮労働党に対し、今回の騒動と同じ熱意をもって主張してもらいたいものです。

>本物の機械でも歩留まりが100%なんてことはない。あんた本当に科学技術担当大臣なの?

高市には「歩留まり」という用語自体がわからないでしょう。

投稿: ドルフィン | 2007年1月30日 (火曜日) 22時52分

>>ドルフィンさん

その「自由と民主主義の国」は言葉狩りの国でもありますね。たまたま報道ステーション見ていたら、加藤千洋が「つんぼ桟敷」という言葉を発しました。

別に文脈からはおかしくないのですが、とにかくこれは「放送禁止用語」。すぐに気がついた加藤本人が、1つ不適切な言葉を言ってしまいましたが、と言った後、コマーシャル前に古舘が再度「不適切な言葉」と謝罪してました。本来「つんぼ」というのは差別語ではなかったのですけどねえ。

古舘の言葉の中にも不適切な表現がありました。それは加藤の説教を「味のあるお話」とよいしょしたことです(笑)。

投稿: フロレスタン | 2007年1月30日 (火曜日) 23時48分

生物学的というか女性美的生き方にたてば、男社会が決めたワーカホリックな生き方を選んでいる産めない女性たちには、女性固有の権利と美徳を主張できる立場じゃないよな。。。

投稿: スーパーTS | 2007年1月31日 (水曜日) 11時13分

>>スーパーTSさん

その手の女性は、普段は男並みに、とか男女平等などと言いながら、都合が悪くなると「女」に逃げ込むようなところがあると思いますね。

投稿: フロレスタン | 2007年1月31日 (水曜日) 20時38分

久しぶりに理系白書を見に行って、リンクをたどるうち、見慣れたこちらに来ました。
 某知事発言によると私もババァということになるんですが、「産む機械」発言を聞いても、どこに腹が立つのか理解できない一人です。
 女性議員が一致団結して抗議するのも気持ちが悪いのですが、これ幸いと「女性蔑視の発言はとうてい許されるものではない」と大問題であるかのように発言する野党男性議員にも胡散臭さを禁じ得ません。
「本当にそう思っているの? 自分は女性の味方だとアピールしたいだけなんじゃない? 便乗してるだけでしょ(^^)」と言いたくなります。
 女であるとか、学歴がないとか、単なる属性だけを見て軽く扱われたり馬鹿にされたりするのは世の常と思いますが、本当に実力が伴えば、男でも女でもいずれは認めざるを得ないのではないかという気がします。
 男だ、女だと敵対してもいいことはないですし、異性からの敬意が本当に欲しいのであれば、激しい抗議よりも自分の言動によって勝ち得るほうが効果的かもしれないと思っています。

投稿: 野バラ | 2007年2月 2日 (金曜日) 16時46分

>>野バラさん

コメントありがとうございます。
仰ることには全くもって同感です。

上っ面の言葉がどうこうではなく、人の内実をきちんと見ないとダメですね。自己宣伝みたいになってしまいますが、私は仕事モードの時は男女を区別することはしません。周囲に有能な女性がけっこういるせいかもしれません。ということは、逆に考えると、政治の世界では有能な女性はいないのかも(笑)。

議員達は男女を問わず、選挙の票目当てというのが大きいと思いますね。自身が直接関係なくても、政党の問題として影響を懸念しているのでしょう。宮崎県知事選挙の「衝撃」もありますし。

投稿: フロレスタン | 2007年2月 2日 (金曜日) 19時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/13719271

この記事へのトラックバック一覧です: 敢えて言おう、柳沢大臣をネチネチと集団リンチしている♀国会議員は機械以下だ:

« 二度あることは三度ある | トップページ | 勘違い女 »