« 俺の誕生日に祭り状態にしやがって(笑) | トップページ | 2ch.netの「ドメイン差押え」 »

2007年1月13日 (土曜日)

ネット検索による情報の精度に関連して

テレ朝の深夜番組で「検索ちゃん」というのをやっている。
伊集院光のプロポーズの言葉で「結婚なんてどうせ勘違い。だったら僕と××しよう」という××を中てる問題が出された。本人解答者で出演中(他の問題もあるのよ)。

でもって、本人曰く(プロポーズ時の年齢と平均寿命を考えて)「60年間勘違いしよう」と言ったとのこと。相手の女性は「余裕をもって100年くらい」と言い返したそうで、伊集院は「負けた」と思ったらしい。

ところがネット検索の解答(つまり番組での正解)は「100年間勘違いしよう」というものだった。もちろん伊集院本人の解答は正解なのだが…。

要するにネットに転がっている情報は、実は結婚前の伊集院夫婦の2人の言葉が1人分に一緒になったものであって、もしもこれが自分だったら俺はネットの情報は間違っている、と主張するね。

玉石混淆のネット上の情報をまるごと鵜呑みにしては危険だ、という1つの見本として捉えたい。

|

« 俺の誕生日に祭り状態にしやがって(笑) | トップページ | 2ch.netの「ドメイン差押え」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/13462334

この記事へのトラックバック一覧です: ネット検索による情報の精度に関連して:

« 俺の誕生日に祭り状態にしやがって(笑) | トップページ | 2ch.netの「ドメイン差押え」 »