« 選良という言葉は死語か | トップページ | 社説のパロディを作ってみますた »

2007年1月23日 (火曜日)

これは見習いたいな

<カラオケ店火災>女子中学生は低い姿勢、明暗分ける 兵庫

第1回科学ジャーナリスト大賞受賞の毎日新聞記者様から、以前、記事の全文コピーはやめるように注意されて、それ以後「忠実に」(^_^;)実行しているのだが、たまには例外認めてくれ。この記事は保存に値する。

これは緊急時の携帯電話のよい使い方の例である。火災にあった中学生も、通報受けた消防隊員も冷静であったことが一番だが、とっさの場合にここまでよくできたな、というだ。しかし、これを幸運で済ませてはならない。両者の行動とも是非見習いたいものである。特にパニックに陥りやすいタイプの人は日頃から意識すべきだろう。

ただ、意識だけではどうにもならないことがある。最低限の防災の知識を身につけておくことはもちろん大切である。しかし、災害の現場は多様であり、知識だけでは当然限界がある。せっかく携帯電話というよい道具があるのだから、これを活用して外部に救援を求める、というのは適切な行動の1つといえよう。

この場合、電話をかける側が冷静に行動する必要があることはいうまでもない。通報を受けた相手が状況を的確に判断する必要があるからだ。また、通報を受けた側は災害現場にいる人間の心理状態を考えて、安心させるような指示ややりとりができるよう日頃から訓練を受けていることも必要だ。

日頃の避難訓練も大切だが、多くの場合お決まりの模範となる避難パターンをなぞるだけではないのか。それでは本当の災害の時にやはりパニックに陥る。パニックに陥ると、いかに適切な判断力を奪い、また避難行動に時間がかかり、周囲の冷静な人間にまで悪影響を及ぼすか、といったネガティブなシミュレーションも経験することが必要なのかもしれない。任天堂のWiiあたりが進化したら、実体験に近いその種のゲームもできるのではないかな。

それから、通信インフラに負荷がかかるし、端末の高機能化による複雑化に拍車をかけるかもしれないが、別回線経由で一発で警察、消防につながる緊急通報用のボタンでもつけたらどうかね、とこれは妄想レベル(笑)。しかし、手許の端末を操作してみてほしい。110番、119番とも1と9または0とが離れていて、意外と操作しにくいのだ。短縮登録なんて普段使わない番号なら緊急時にはとっさの訳には立たない。携帯からの緊急通報を111と112に切り替えるのがいいのかな(笑)?

1月22日22時36分配信 毎日新聞

 兵庫県宝塚市のカラオケボックス「ビート」の火災で、2階で煙に巻かれ3人が死亡、1人が重傷を負った男子高校生らのグループと、軽傷だった女子中学生4人の明暗を分けた要因に、中学生が宝塚市消防本部の指示で身をかがめていた可能性が浮上している。女子中学生の1人が火災発生直後、携帯電話で119番通報。消防本部の男性管制課員(39)は「低い姿勢で煙を吸わないようにして」などと具体的な指示を出していた。
 「ビートという店。すぐに来てください」。女子中学生が119番通報したのは、20日午後6時36分。煙を吸い込み、のどが苦しい様子で終始、恐怖におびえたか細い声だった。「ビートの関係者?」という管制課員の問いかけに「違います。(店に)来てて、来てて」と店内に取り残されていることを告げた。管制課員は落ち着くように指示。約30秒で電話は切れた。
 直後に管制課員が女子中学生の携帯電話に連絡。「低い姿勢で煙を吸わないようにして。間もなく消防隊が到着するから待っていてください」「煙が入ってくるのでドアは開けないように。消防隊員が着いたら、ドアをたたいて知らせるように」とアドバイス。「付近に誰かいるのか」の問いに、女子中学生は「自分を含め3人いる」と答えた。
 消防・救急隊員の現場到着は午後6時41分。1階調理場の火の勢いは増し、狭い階段を伝って2階に煙が充満していた。女子中学生のうち1人は自力で脱出。店内には7人が取り残された。隊員8人が二手に分かれて建物内に突入し、意識を失って倒れていた7人を午後7時25分までに救出した。
 消防本部によると、男子1人、女子2人がそれぞれカラオケをしていた部屋にとどまり、男子2人と女子1人はバラバラに逃げて2階の3部屋で救出された。残る男子1人の発見場所は、はっきりしていない。
 通報した女子中学生を含む3人は、管制課員のアドバイスを守り、身を低くしていたとみられる。

(追記)
カラオケ店や消防の調査体制には穴があった、というオチなのはちょっと(^_^;)。
地元消防、調査怠る=8人死傷のカラオケ店火災-兵庫・宝塚市
非常ベル、避難具なし 宝塚カラオケ店火災

|

« 選良という言葉は死語か | トップページ | 社説のパロディを作ってみますた »

コメント

正直、考えるとカラオケ店、特に繁華街の店はずさんな店が多そうです。何かあったら危ないかも。
しかし、検査というものはずさんですねぇ。

投稿: takeyan | 2007年1月23日 (火曜日) 20時49分

>>takeyanさん

まあ私もベランダにもの置いているので偉そうなことは言えないのですが(^_^;)、客商売の業務用の施設で防火体制がいい加減なのは、カラオケ以外にもたくさんありそうです。

今回は、それでも軽傷で済んだ被害者がいて、教訓が引き出せたことは不幸中の幸いでしょう。亡くなった少年達は気の毒ですが。

投稿: フロレスタン | 2007年1月24日 (水曜日) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/13627552

この記事へのトラックバック一覧です: これは見習いたいな:

« 選良という言葉は死語か | トップページ | 社説のパロディを作ってみますた »