« 民心は洋の東西を問わずかな | トップページ | 2人の武田信玄 »

2007年1月27日 (土曜日)

いい加減に用語を正確にしたらどうだ

ちょうどいいので時事通信を吊し上げるけど、他の日本のメディアも同様である。

王室盗聴の大衆紙編集者に禁固刑=違法アクセス487回−英

スキャンダル目当てのアングロサクソンの大衆紙のクズ編集者のことなどどうでもいい。

イギリス「王室」と書きながら、Empress(Emperorの女性形)ではなくQueenの後継者であるPrince of Walesチャールズを王太子ではなく「皇太子」と表記し、一方天皇=Emperor=ご一家のことをImperial familyと呼ばずにロイヤルファミリーなどと呼んでいる日本のメディア。いい加減にせんかい、ゴルァ!

「チャールズ王太子」で検索すると、ちゃんとそのように表記しているサイトも少なからずある。しかしGoogle検索の上位に大手メディアのサイトはない。

|

« 民心は洋の東西を問わずかな | トップページ | 2人の武田信玄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/13680201

この記事へのトラックバック一覧です: いい加減に用語を正確にしたらどうだ:

« 民心は洋の東西を問わずかな | トップページ | 2人の武田信玄 »