« メディアのいじめ | トップページ | ホンの軽い突っ込みですがw »

2006年12月19日 (火曜日)

産業界のゴキブリ

詳細は記述しないが、(銀行系ではない)某クレジットカード会社のカスタマーセンターの野郎の電話口での話し方が異様に慇懃無礼だったので、腹が立った。まあ、マニュアルライクな話し方しかできない女の場合もイライラするけどね(笑)。

私ゃずっと根に持つような怒りを覚えることはほとんどないのだが、金融関係のやつらだけは、頭に来ることが多い。死ぬ直前には、ささやかな復讐をして人生を終わりたい。

(追記)
先日、このカード会社からアンケート依頼のDMが来た。ウェブで出来るというから回答していったら、半ばくらいでシステムエラーが出やがった。OSとブラウザ変えてやったが、同じところでエラーが出る。おかげで30分くらいロスした。記載の番号に電話したら、担当に伝える、ということで、結果の連絡を希望しますか、というから当然希望する、ということで当方の連絡先も教えたのだが、なしのつぶてである。糞か。「出かけるときは忘れずに」の会社である。以前はこんなことなかったと思うのだがね劣化しているのか?

それと今朝の毎日新聞で、黒字なのに特例で法人税払わない大手銀行が、政治献金する意向だという記事もあった。やはりゴキブリだな。政治献金のどこが社会貢献なんだよ。糞政治家の懐肥やすだけぢゃないか。

|

« メディアのいじめ | トップページ | ホンの軽い突っ込みですがw »

コメント

ゼロ金利で金融機関が家計に払うであろうハズだった利息が300兆(億)?円くらいあるそうな。こういう表現は英語の方が便利だが、would have payed ...

ウチの近辺では大手のりそなが、自民党融資ダントツだそうで、献金すると、融資の返金の原資になるわけで。蛸の脚食い状態。。。

金融天国ニッポンですな、=_=

投稿: スーパーTS | 2006年12月19日 (火曜日) 21時33分

>>スーパーTSさん

「りそな」は共鳴する、のResonantからの造語で「理想的な」というのにもひっかけているようですが、実は「りそくがない」の略なのではないでしょうか(笑)。

私の仕事場の近くには旧協和のりそながあって、メインではないのですが、口座も持っています。窓口は5時までやっていていいのですが、3時過ぎると翌営業日扱いなので、単に開いている、というだけですね(笑)。

今朝のテレビ。
ゴールドマンサックス証券の新人社員のボーナスが平均1200万円。一方で、ゲーム機の部品を作っている町工場はボーナス払えず。これが近代資本主義国家とやら正体なんでしょうかねえ。

投稿: フロレスタン | 2006年12月19日 (火曜日) 22時57分

おはようございます。

Goldmanは世界でも屈指の投資銀行で、国内でしか大きな顔ができないどこかの、たかが”商業”銀行=単なる金貸しとは違いますから許してやってください(笑)。また、向こうの学生はそのステイタスの高さを得るために、Ivyリーグに通い、一所懸命勉強してますから、投資の回収という意味でも1200万なんて安いもんでしょう。

日本の金融機関は銀行、生保、損保含め高給という不思議はありますねぇ(苦笑)。

最近は、医学・薬学にいけないんで、理学・工学を志望する高校生が多いと聞きました。うーん、技術でしか飯食ってけない国なのに考えもんです。

一方で、スーパーTSさんとフロレスタンさんの母校で来春から大手の外資投資銀行がスポンサーになった金融のプログラムが教養部で開かれるそうです。時代の潮目かもしれません。しかし、言葉が通じない国民は物作りでしか食てけない事実は変わらないでしょうね。

投稿: outlaw | 2006年12月20日 (水曜日) 09時28分

>outlawさん、

時代の潮目、確かに。

日本語広めることもできなかった老国。。。

ものづくりで得た富を外資と税金に持っていかれる制度。。。

エネルギーと食料と安全保障を外国に頼る脆弱な基盤。。。

まあ、どの道、どん詰まりですかねぇ。。。

投稿: スーパーTS | 2006年12月20日 (水曜日) 13時23分

>>outlawさん、スーパーTSさん

世界史を見れば、没落した国は数えきれず。栄枯盛衰は世の習いなので、国の浮沈をあれこれ言っても始まりませんね。私自身、この先何百年も生きるわけではありませんし(笑)。

花火のようにぱっと輝いて、ばっと散るのもいいかもしれません。そのかわり後世への影響力は絶大。13世紀~15世紀にかけてのイェケ・モンゴル・ウルスのように。今でも世界はあの国のもたらした「タタールのくびき」から逃れていません。宗教で言えば、ゾロアスター教なんてのがそういう位置づけ(本体は滅亡しているけれど影響力を保持している)かもしれません。

日本という国は、かつては国内にある金銀を大量流出させ、貴重な美術品を流出させ、そして今はスーパーTSさんのおっしゃるように、またまた優秀な頭脳や国内に蓄積された富を海外に持って行かれる、という過去と同じ過ちを繰り返そうとしています。

これはこの国の運命なのかもしれません。

投稿: フロレスタン | 2006年12月20日 (水曜日) 14時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 産業界のゴキブリ:

« メディアのいじめ | トップページ | ホンの軽い突っ込みですがw »