« IT業界にはノー天気なアホが多いのか? | トップページ | ポスティングではないけれど »

2006年12月 2日 (土曜日)

もう帰っちゃうの?

Paulo Autuori. パウロ・アウトゥオーリ。2005年のFIFAクラブカップ選手権でサンパウロFCを優勝させた名将にして、2006年の鹿島アントラーズ監督。

今季のアントラーズは結局6位が確定的である。10冠目が遠い。そして監督は来季契約しないという。一季限りで日本を去る。この人なら世界中から条件の良いオファーが殺到していることだろう。10冠目として今季の天皇杯に全力を尽くすというが、リーグ戦の戦い方を見る限りでは難しいだろう。

かつて(20世紀)は試合巧者と言われたが、今は昔。秋田のようなDFの核がおらず(岩政が核になりきれていない)、最近は簡単に点を取られすぎる。ジョルジーニョが守備的MFでいた当時は、えっ、いつ戻ったの、というくらい危険察知能力が高くて、DF陣を助けていたし、今は劣化してしまったとはいえもう1人の守備的MFである「主将」のカバーリング能力も高かった。

そして、決定力にも欠けている。QBKのヘナギ〜。これは得失点状況に如実に現れている。
攻撃的MFにもレオナルド、そしてビスマルクという軸があったし、アルシンド、マジーニョ、黒崎、長谷川とタレントが揃っていた。真中のようなスーパーサブもいたしなあ。

今もタレントは揃っているのだが、いま1つ。本山や青木なんて能力あるのに中途半端。監督はこいつらを伸ばすのが仕事だと思うが、1年ではねえ。鹿島も初代の宮本監督以外は、ブラジル人監督がずっと続いているが、結果を残したのはジョアン・カルロスと(なんのかんの言っても)髭の2人くらいだ。

結局アウトゥオーリの功績は、課題と言われた右SBにルーキーの篤人をレギュラー起用したことだけかもしれない。
来季は、ひょっとして、前にも名前が上がっていたサンターナかな。仙台の監督辞任したのはその布石かもしれない。本当はジョルジーニョがいいのかもしれないが、ドゥンガに請われてブラジル代表のコーチになっちゃっているからねえ。関塚は川崎が離さないだろうし。

かつての2強だった磐田は、人間力が辞めて、DFとして活躍したアジウソンを監督に迎えて、世代交代も進んで復活しつつある。低迷している横浜マリノスは、これまたかつてMFで活躍したディアスを監督に迎える構想があるらしい。

おお、鹿島もレオナルドあたりが監督になったら面白いかもしれない。彼は今どうしているんだ?

|

« IT業界にはノー天気なアホが多いのか? | トップページ | ポスティングではないけれど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/12898849

この記事へのトラックバック一覧です: もう帰っちゃうの?:

« IT業界にはノー天気なアホが多いのか? | トップページ | ポスティングではないけれど »