« こういう日もあるのね | トップページ | 1つ大切なことをお忘れなく »

2006年12月24日 (日曜日)

牡蠣食えば金がなるかな?

ノロウィルスの大流行で、牡蠣の出荷と価格が風評否貝ぢゃなくて被害に遭っている。

以前だとカイワレ大根ってのもあったわけで、わっと同じ方向に走る国民性と、それを煽るメディアの責任というのもあると思う。今ここで、それを突っ込んでもしょうがないので、深入りはしない。

パンから感染して、その源がパン屋に出入りの業者だとか、弁当食って感染して、その源が弁当屋の社員の糞だったとか、そういうのが多すぎる訳で、要はトイレ使った後手洗いしねえのが多いってことでしょ。
実際、駅や店舗あたりでトイレ使っても、手洗いせずにそのまんま出て行く奴が結構いる。

それとね、これとは正反対の行動。藤田紘一郎さんあたりの受け売りになってしまうかもしれないけれど、最近話題にもならない日本人の清潔好きや抗菌グッズ。抗菌グッズは普通になりすぎて話題にもならなくなったのかもしれないけれど、そのために免疫力が落ちている、ってことも考えられると思う。きちんと結論づけるには疫学的な調査の裏付けが必要だが、保健所か大学の研究室あたりでそういうのやってくれないかな。

例えば、同じ弁当食っても、発症する奴と下痢する奴がいるわけで、抗菌グッズの使用状況とかガキの頃のどろんこ遊びの有無なんかを調査したら、断定はできなくても、可能性を示唆するくらいの結果が出るかもしれない。

|

« こういう日もあるのね | トップページ | 1つ大切なことをお忘れなく »

コメント

>例えば、同じ弁当食っても、発症する奴と下痢する奴がいるわけで、抗菌グッズの使用状況とかガキの頃のどろんこ遊びの有無なんかを調査したら、断定はできなくても、可能性を示唆するくらいの結果が出るかもしれない。

面白いデータ・傾向値がでると思います。

尤も、トイレで除菌クリーナーを使い、自室に除菌消臭スプレーをシュシュしているのに、彼氏とオーラルセックスを楽しむ馬鹿女や、IHクッキングヒーターの電磁波を不安がっていながら、電車に乗って携帯メールに没頭するオバサンなんぞには、小学生に教えるようにわかりやすく解説してやる必要があるでしょうが。

投稿: ドルフィン | 2006年12月24日 (日曜日) 22時00分

以前日本滞在中、息子に抗菌グッズが流行ってるって話をして直後、電車の中でぺちゃんと床に座っている学生たちを見た息子が言いました。「ママやっぱり日本はすごいね。電車の床も抗菌なんだね」いや~、ただ単にやってることがとんちんかんなだけだと思うけど・・・??

投稿: 圭 | 2006年12月24日 (日曜日) 22時58分

>>ドルフィンさん、圭さん

ドルフィンさんご指摘のちぐはぐさが、まさに圭さんのコメントに端的に表れていますね(笑)。電磁波怖かったら、最近主流のVVVF制御の電車にも乗れないはずなんですよねえ。

しかし、圭さんの息子さん、本当にそう言ったの?真面目な話、嘔吐する奴がいるから、ノロウィルス対策で電車床の抗菌は必要かも。ますます日本人の都会に住む連中(俺もだけど)の免疫力は低下しますねえ。

投稿: フロレスタン | 2006年12月25日 (月曜日) 12時32分

すみません。
私のエントリー中の「発症する奴と下痢する奴」は「発症する奴と下痢しない奴」の間違いですね(苦笑)。同じになっちまう。お詫びして訂正します。

投稿: フロレスタン | 2006年12月25日 (月曜日) 12時34分

フロレスタンさん;
そう、数年前の息子の発言、笑うでしょ?ベルギーは先進国だけど、お医者さんは「風邪はひいてひいて、ひきにくい体になる。食あたりもしかり」と、けっこう恐ろしいこと言います。
すぐ医者に行くと、このくらい放っておけばなおるのにと言われたり、放っておいて、ひどくなって手術する羽目になったり(これ、今年初めのわたしのことね)・・・、生きるのは難しい。

投稿: 圭 | 2006年12月25日 (月曜日) 20時13分

>>圭さん

あれこれ検査したり、基準値を上げたりして病気を無理矢理つくって稼ぐ日本の医者よりは、ベルギーの医者の方が、まともかもしれませんよ。

そのかわり、外科は交通事故の怪我の治療で稼げるかな(笑)。

投稿: フロレスタン | 2006年12月25日 (月曜日) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/13184629

この記事へのトラックバック一覧です: 牡蠣食えば金がなるかな?:

« こういう日もあるのね | トップページ | 1つ大切なことをお忘れなく »