« やはり「貴族院」は不要 | トップページ | もう帰っちゃうの? »

2006年12月 2日 (土曜日)

IT業界にはノー天気なアホが多いのか?

Web2.0に始まって、インターネット2.0だのケータイ2.0だのモバイル2.0だの、何でもかんでも2.0をつければいいってもんじゃないだろう。中にはWeb2.0ってそんなに凄いのか、という疑問を呈した(日経トレンディ)から何だと思ったら、Web3.0に期待する、と来たよ(笑)。

坂村健先生のたまわく、Web2.0はマーケティング用語だから評価のしようがない、と。そりゃそうだ。

そもそもWeb.2.0という言葉はIT業界以外ではあまり認知されておらず、また、Web2.0に批判的な書籍を見ると、Web2.0と称される企業(サイト)=アマゾンやグーグルなどが代表的とされている、SNSやブログもそうだが=はWeb2.0的な企業であると呼ばれることに抵抗があるという指摘もある。

それはものの味方の問題であり、立場や業界が異なれば当然違っていてよい。
でも、寡聞にして誰もセキュリティ2.0とは言わないな。恐らくネットセキュリティの業界も、2.0の胡散臭さが分かっているから、そんなことは言わないのかもしれない(私が知らないだけでどこかで言っている奴はいるのかもしれないが、いたらそうとう軽薄な輩だろう)。

さて、そこでこの記事である。
2007年はビデオ共有も攻撃の標的に——McAfeeのマルウェア動向予想

確かにそのとおりだろう。日本の状況からすると、こうしたセキュリティに対する脅威での(匿名化が進む)SNSの割合が高まる可能性があるだろうし、ブログのトラックバックなんぞも大いに悪用されることだろう。糞アフィリエイトサイトは現状でも逝ってよし。

携帯電話に対する脅威が増加したら、依存症で低脳ユーザーの多い日本なんかあっという間にパニックになるだろう。何も考えないで110番に電話する莫迦が今でも多数いるくらいだからな(苦笑)。携帯乗っ取ってニセのエラーメッセージを表示させて119番通報でも大量にさせたら、どういうことになるか考えてみたらよい。

最後に、Winnyで軍事機密を流出させた自衛官は、軍法会議で銃殺刑だな(^_^;)。
防衛省になったら、インターネットなんか使ってないで独自のネットでも構築しなさいって。

|

« やはり「貴族院」は不要 | トップページ | もう帰っちゃうの? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/12898440

この記事へのトラックバック一覧です: IT業界にはノー天気なアホが多いのか?:

« やはり「貴族院」は不要 | トップページ | もう帰っちゃうの? »