« 甘ったれるなよ! | トップページ | あーうー »

2006年11月21日 (火曜日)

適切な選択なのか

決定に至る過程を把握していないから、断定的なことは言えないのだが、これはちょっと疑問だ。

川口市:災害時は立体駐車場が避難場所 ジャスコなど3社と協定締結

大型SCということで、記事中にある「食料品、飲料水、日用生活必需品の供給」「立体駐車場の使用には付帯設備の非常用発電機による『照明や防火水槽内の水の利用、トイレの提供』も含まれている」というあたりが重要視されたことは想像に難くない。食料、飲料、トイレというのは災害避難時に特に重要な要素である。

だが、立体駐車場が本当に大地震の時に安全なのか、というのは疑問が残る。
立体駐車場そのものがダメージを受ける、というのは設計・施工に手抜きがない限り考えにくい。明け方くらいに地震があって、駐車場がガラガラならば機能するだろう。しかし、日曜の午後くらいに満車状態で駐車場待ちの自動車も列を作っている、という状況ではどうなのだろうか。

 現場付近の地図

拡大すると分かるが、グリーンシティというのがジャスコ川口店の位置である。

すぐ脇を芝川が流れていることからわかるように、このあたりは低地である。しばしば水害にも襲われる。立体駐車場は水害対策にはいいかもしれない。いくらなんでも立体駐車場の自動車が流されるような水害の確率は極めて低い。

大地震の時はそううまくいくとは限るまい。川口市街地からはこの芝川がバリアになる。

安行という地域は丘陵地で緑が多く、植木の町である。江戸時代から、江戸近郊に位置して植木の供給源であった。グリーンセンターという大きな公園施設もあるし、川口高校、鳩ヶ谷高校(これは鳩ヶ谷市域だが)やゴルフ場などの施設もある。グリーンセンター近くには医療センターもある。これらの中には災害時の避難場所に指定されているものもあるのだろうから、せっかくの協定をうまく活かすためにも、施設間の連携をどうするのかが重要なポイントになるだろう。みんながジャスコに殺到したらパニックにならないとも限らない。

|

« 甘ったれるなよ! | トップページ | あーうー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/12767872

この記事へのトラックバック一覧です: 適切な選択なのか:

« 甘ったれるなよ! | トップページ | あーうー »