« 聞き間違い(笑) | トップページ | 最低の関ヶ原 »

2006年11月 4日 (土曜日)

電車の中の親子二態

最近の都営三田線の乗車時に三田、ぢゃなくて(^_^;)、見た光景。

二、三歳くらいの女の子をつれた30代とおぼしきお父さん。
下車駅到着に気がつくのが遅れて、慌てて駆け込み乗車ならぬ駆け出し下車。娘を引っ張りながら自分の身体が先に出たため、危うく娘がドア、それもホームドア(都営三田線、東京メトロ南北線と東急目黒線は相互乗り入れのため同一のシステムを採用)にはさまれそうになった。あのホームドアはたしかものを挟むと反転するはずだが、それにしても危険だ。

小学校一、二年くらいの娘さんと一緒のこれまた30代とおぼしきお母さん。2人とも美人である(^_^;)。特に娘さんの方は、10年後、いや5年後にはモテモテじゃないかなあ。

というのはともかく、2人であやとりをしていた。電車の中であやとりするのがマナーとしていいかどうかわからないけど、少なくとも、小さな子供を連れているのにほったらかしで、携帯に夢中の莫迦母よりはずっとまともだし好感が持てる。惜しむらくは熱中しすぎて娘が隣の座席にはみ出しそうになったり、口を押さえずに咳をしているのを咎めなかったことだ。それができていれば満点だな。

この2人連れ、私と同じ駅で下車した。おや、ご近所の住人か。

|

« 聞き間違い(笑) | トップページ | 最低の関ヶ原 »

コメント

幼い頃はまだ自動ドアは少なかったですよね。母は必ず自分が先に出入りして、ドアを支えないでそのまま行ってしまうので、わたしはよくはさまれました。「とろいねぇ」(これ、方言?)の一言で片付けられていたなあ・・・・すごい鬼母。このお母さんとどこか似ている。ちなみに母は、欧州生まれの欧州育ちですが、後ろの人のためにドアを支えないって、マナー違反ではないかと・・・・。

投稿: 圭 | 2006年11月 4日 (土曜日) 21時22分

訂正です
母が似ているのはお母さんではなく、
「30代とおぼしきお父さん」のほうです。
ご近所かもしれない、美人のお母さんとはぜんぜん似ていない!!

投稿: 圭 | 2006年11月 4日 (土曜日) 21時59分

>>圭さん

前に「おばあちゃんが孫連れていて、横断歩道で先に渡ったら、孫がおばあちゃん追いかけて車にはねられて亡くなった、その車のドライバーも同じくらいの年回りの女性だった」というのを書いた記憶があるんですが、基本的に目のない自分の背後に小さい子供を置き去りにしたらダメですよね。

私は日本生まれの日本育ちですが、欧州で後ろの人のためにドアを支えるというのを見て、無条件にこれはいい習慣だと思って、それ以来実践してます。

投稿: フロレスタン | 2006年11月 5日 (日曜日) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/12553440

この記事へのトラックバック一覧です: 電車の中の親子二態:

« 聞き間違い(笑) | トップページ | 最低の関ヶ原 »