« 英国で90年代に牛肉食った私が来ましたよ | トップページ | あまりに一面的な見方ではないか? »

2006年10月 7日 (土曜日)

暴動起こせや

通勤ラッシュの力で発電−JR東日本が東京駅で実験

これ、ラッシュ時に電車通勤してない幹部の発想かなあ?
通勤ラッシュというのは、緩和すべきもの、本当ならなくすべきものだと思うのだが、いつから利用するものになったのかな?

ただでさえ辛い通勤ラッシュを、よりによって駅の発電に利用など、客をバカにしていると思うのだが、そんな私の考えはおかしいか?

そもそもこんな不安定な電源も少ないだろうに。それに記事によると

1日約70万人が利用する東京駅の全改札に設置したとしても発電量は100ワット電球が10分程度点灯する約70キロワットにとどまり、発電効率の向上が大きな課題だ。
発電効率の向上って、仮に10倍にできたとしても電球が1時間半くらいしか点灯しない。
JR東日本は「通勤ラッシュという未利用のエネルギーを活用し、環境にやさしい駅づくりを目指したい」としている。
こんな研究する方がよほど環境負荷を高めることになると思うのだが、なんでもかんでも未利用のエネルギー(通勤ラッシュを未利用のエネルギー源とみるのも「何ともはや」だが)を利用すればいいってものでもない。床の振動を電気に変えるって、相当発電効率悪そうだ。そのうち、発電効率向上の名の下に、歩きにくく疲れやすい床材(でも、振動エネルギーは大きい)に変えられたりするかもしれない。

一瞬、通勤客が実験用のラットに思えてもの悲しかった。自分自身はJRの通勤ラッシュには関係ないが、娘は通学時にはそのまっただ中にいる。ただでさえ疲れる通勤ラッシュに、自分のエネルギーが一部搾取(おお、サヨク的だなw)されるなんて許されないだろう。

そんなパネルが設置されたら、暴動起こしてでもはぎとって欲しいものだ。何だったら逮捕覚悟で俺が行こうか(笑)。いや、それより対抗して、振動吸収して疲れにくい新しい靴底材を開発する方が建設的だな。

|

« 英国で90年代に牛肉食った私が来ましたよ | トップページ | あまりに一面的な見方ではないか? »

コメント

「京葉線ホームまでの動く歩道の電気すら賄えないじゃねえか。」という嫌味は禁句でしょうかね?(^^;

110円高いし、ちょっと時間読めないけど、確実に坐れますので、最近幕張行く時はリムジンバスが多い。

投稿: JosephYoiko | 2006年10月 7日 (土曜日) 23時01分

>>Yoikoさん

報道する側ももう少し批判的な視点を持って欲しいと思うのですが、文系記者ないし体育会系記者だと、この手の記事に定量的な批判を期待するのは無理なんでしょうね。

ところで、私の知り合いのコンパニオンの子で、バス派自称するのがいて、ビッグサイトも東京駅からバスで行くと言っていました。

時間さえ見通せれば、バスというのは都市交通の手段としては優れものなので(パリやロンドンもそうですね)、優先または専用レーン化とIT使ったPTPS(Public Transportation Priority System)普及させるべきだと考えます。
http://www.utms.or.jp/japanese/system/ptps.html

投稿: フロレスタン | 2006年10月 8日 (日曜日) 11時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/12186899

この記事へのトラックバック一覧です: 暴動起こせや:

« 英国で90年代に牛肉食った私が来ましたよ | トップページ | あまりに一面的な見方ではないか? »