« いい方法がありまっせ | トップページ | いつもの手抜きかな »

2006年10月28日 (土曜日)

安倍も鳩山も公明も狂っている

安倍ちゃんには実はそんなに期待していなかったが、

<履修不足>政府が生徒の救済措置検討 リポート提出案も

これには失望だな。「教育の専門家」である下村官房副長官の本音を聞いてみたいものだ。しんきろうの豚おっさんも、子供がかわいそうだ、などと頓珍漢なことを抜かしているようだし、「自民、公明両党も27日の教育再生協議会で、履修不足の生徒の不安を早急に解消するため、文科省に31日までに対応策をまとめるよう要請」って完全に政権党の人気取りだな。いつも正直者が莫迦を見る、なのか、この国は。

高校必修科目未履修問題 民主・鳩山幹事長、文部科学省に大きな責任との認識示す

確かにゆとり教育なんて失策では責任あると思うが、今回の件は、指導要領どおり、ちゃんと履修させている高校の方が多いのだろうから、この批判は間違っているというべきだろう。現政権との違いを出したくて焦っているのかも知れないが、鳩山の最近の発言は頭が惚けているのではないかと思わせる。高教組が怖いのか?

昨日のTBSラジオ、荒川強啓デイキャッチでは、その荒川本人が、一流の進学校の名前がたくさん出てきて、と言っていたが、どうみても本当にその県のトップクラスの進学校が出ている方が少ないぞ。2番手、3番手クラスが多いのが実態だ。

それと「受験という現実、教育という理想」という聞こえのいい対比をしていたが、受験は高校生全員がするものではないのに対して、高校教育は高校生全員が受けるもの。教育こそ明日の人材を育てる現実なんだぞ。批判の仕方が間違っている。もっともマスゴミの世界も、正直者が莫迦を見て、要領良くルール破りする奴がいい目を見ているのだろうが。

|

« いい方法がありまっせ | トップページ | いつもの手抜きかな »

コメント

こちゃこちゃ小細工して、要領よく立ち回って他蹴落として、登り詰めた人間がトップで仕切っている国ですからねえ。
ここで救済方法を見出したら、まともに定められたカリキュラム修めてきた高校生たちは、ほんとに「正直者は莫迦を見る」を、教えてもらったと思うでしょうよね。
こういうのよくないなあ。教育ってそんなものか?というのはきれいごとなんだろうか?

投稿: 圭 | 2006年10月28日 (土曜日) 19時24分

>>圭さん

だめでしょう。「救済」なんかしたら。
与党の一部が宗教政党だから「救済」するんでしょうかねえ。キューサイの青汁でも飲んで、よく考えるべきでしょう。

こんなことがとおるようなら、私は日本という国の教育そのものを全く信じられなくなります。もともとあまり信用してないけど(笑)。

投稿: フロレスタン | 2006年10月28日 (土曜日) 19時31分

手を抜いて生きてきた奴らに、「可哀想」というような馬鹿が、教育行政や政治を仕事にするのは止めて欲しいものですね(=_=)。

てか、高校の社会科なんて、寝転がって本読むレベルでも一ヶ月で完了すると思いますけどねえ。

僕は社会科って机に向かって勉強したことは、共通一次前の一ヶ月間だけです。普段は授業の前日、ないしは学校の休み時間に寝転がって教科書読むだけでした(^^;。

投稿: JosephYoiko | 2006年10月28日 (土曜日) 23時25分

>ちゃんと履修させている高校の方が多いのだろうから、この批判は間違っているというべきだろう。

どう考えても、プロレスタンさんの考えが原則ですね。必要な授業数がなく、その分生徒側が楽をしてきたわけですから、それをもとに戻すのに姑息な「救済」など考える必要はないと思いますが。個々の生徒・父兄からは苦情はあるでしょうが、それは当該校、教育委員会で対応すべきと考えます。

>...どうみても本当にその県のトップクラスの進学校が出ている方が少ないぞ。2番手、3番手クラスが多いのが実態だ。

中途半端な進学校ほど、この手のごまかしを考えつくようです。

それより、卒業資格もないのに、卒業証をもっている人間をどうするかの方が大きい問題です。

投稿: ドルフィン | 2006年10月28日 (土曜日) 23時29分

>>Yoikoさん

漏り元総理は、ラグビーを手段にして早稲田に入り、すぐにラグビー部やめた莫迦ですよね。これはラグビーも冒涜していることになる訳で。

世の中の多くの人間はYoikoさんのように優秀でないから、寝転がっては社会を1ヶ月では修得できんのですよ(笑)。受験に関係ないから、必要ないとかやりたくない、と言っている時点で二流の人物だと言うことに気がつく教育しないといかんですね。

この関連の最初のエントリーで書いたように、私が高3の時は、確かに受験科目かそうでないかで座席替えや「脱走」をクラスメート間で交換してましたが(笑)、常態化していたわけではないので、皆それなりに勉強してました。

>>ドルフィンさん

これを書いている時点で、該当する高校生は全体の2%程度のようです。私立の実態がはっきりしませんが、増えても1割行くかどうかでしょう。

大騒ぎして原則論を曲げるのは、この国のあり方に禍根を残します。安倍総理の「美しい国」は、どこぞの野党のように逆さから読むまでもなく、馬脚を現してしまいましたね。

なお、盛岡一高の東大志望君みたいなのが、仮に東大理系合格したとしても、駒場のカリキュラムに絶望するでしょう。

投稿: フロレスタン | 2006年10月29日 (日曜日) 00時22分

この件でも内部告発がキーでしたね。
やはり、社会の浄化には内部告発が一番です。

ちなみに、いわゆる文転組の私ですが、早稲田の法科に入ったとき、同級生の中学数学も理解しない姿に衝撃を受けました。20年前のことです。ある友人が塾講師のバイトで頭を抱えていました。

投稿: takeyan | 2006年10月29日 (日曜日) 02時35分

>>takeyanさん

20年前にして既にその状態でしたか。

問題の根は深そうですが、どうも安直な救済策が出されて一件落着の可能性が出てきました。教育再生会議も含めて、現内閣の教育政策には何も期待できないようです。

投稿: フロレスタン | 2006年10月29日 (日曜日) 16時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/12462846

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍も鳩山も公明も狂っている:

» 「閉塞的階層内競争社会」−僕の考える [ブログ新聞 『市民ジャーナル』]
「ぼくはこんなに小さいけど、もう60年は生きてきただろう。随分古ぼけたけど、まだまだ磨けば光る。ぼくは2次大戦前にアメリカという国からやってきたそうだ。その時既に誰かがはいていたようだが、日本にやってきてある... [続きを読む]

受信: 2006年10月28日 (土曜日) 20時09分

« いい方法がありまっせ | トップページ | いつもの手抜きかな »