« 何この役所間のダブルスタンダード? | トップページ | 自主とは? »

2006年10月29日 (日曜日)

履修科目の記憶をたどってみる

私は1973年4月〜76年3月まで、県立の進学高校の生徒だった。国立大学に一期校、二期校の区別があり、共通1次試験が導入される以前の高校生。年取る訳だよな(笑)。時間割は、月、木が6時間、火、金が7時間、水、土が4時間だった。

履修した科目が何だったか、思い出して列挙してみることにする。
ちなみに、1、2年次に何故か芸術科目は選択でなく、体育の剣道と柔道が選択だった(私は剣道選択)。それと当時はまだ男子は家庭科必修ではなかった。

1年次:
現代国語、古典I乙(古文、漢文)、数学I、英語、生物I、地学I、地理B、保健、体育、美術I
2年次;
現代国語、古典I乙(古文)、数学IIB、英語、物理I、化学I、世界史、倫理社会、保健、体育、音楽I、必修クラブ(電子計算機選択)
3年次(理系進学コース):
現代国語、数学III、英語、物理II、化学II、政治経済、日本史、世界史、体育、必修クラブ(フランス語選択)

でもって第一志望の国立大学の受験科目が、現代国語、古典I乙(古文、漢文)、数学I〜III、物理I、物理II、英語、化学I、世界史(1次試験のみ)、地理B(1次試験のみ)。

こういう時代もあったのよ。ゆとり教育世代には「シンジラレナ〜イ」だろうけど。

|

« 何この役所間のダブルスタンダード? | トップページ | 自主とは? »

コメント

フロレスタンさんとは、大学違うけれど、共通一次導入前で、国立一期校受験組でした。
予備校や進学塾には通ってはいませんでしたが、今考えるとよく勉強してたかな?なんて・・・懐かしい。時代が違うなんて言葉でかたづけないでね、できが違うと言ってほしいって。(・・・?)
この問題をとおして、全ての事柄でフロレスタンさんのおっしゃる、「正直者が莫迦をみる」ような社会をかえなくてはいけませんね。そうでないとそのうち日本人から、人間としての教養が喪失してしまうぞ。

投稿: 圭 | 2006年10月29日 (日曜日) 18時26分

>>圭さん

私の出身高は県内で2番目に歴史の古い学校(明治33年創立)で、旧制中学校の伝統受け継いでいます。いわゆるバンカラ、文武両道という奴ですが(^_^;)。

そういう学校って、良くも悪くも粋がる雰囲気があって、受験に関係ないから勉強しない、なんてのは莫迦にされる訳ですよ。

理系でも私立第一志望の奴には、表面では「お前受験科目少ないからいいよな」なんて言いながら、心の中では「国語や社会も勉強している自分を褒めていたり」しました(笑)。

少なくとも私は高3の時の世界史の授業と試験で、数式を使わないで、文章だけで論理構成組み立てる、という知的訓練させてもらったので、受験の時は選択式の問題8問しか解きませんでしたが、今の今までずっと役に立っていると感謝してます。

今回、そういう旧制中学の流れを汲む進学校の名前がいくつか挙がってますが、伝統捨てちゃったんだろうかと残念ですね。

投稿: フロレスタン | 2006年10月29日 (日曜日) 19時17分

 私は共通一次一期生です。高校のバックグラウンドは、県は異なるものの同様で、フロレスタンさんが仰った「大人の対応」でしたね。

 理科Ⅱの選択が化学Ⅱ生物Ⅱであったことを除けば同じですね。
 古典にⅠ乙が付いていたかが思い出せません...

投稿: tygrysojciec | 2006年10月30日 (月曜日) 06時47分

>>tygrysojciecさん

3学年下ですね。確かに入試制度がいじられ始めた頃なので、入試での共通体験はありませんが、私の学年が当時の新学習指導要領の第一期なので、高校での履修科目は共通のはずです。

古典はI甲、I乙、IIとあって、文系の連中が3年生でIIを履修してましたね。I甲は数学IIAと同じで実業高校向けの科目だったと思います。

一学年上までは、古典は甲I、乙I、乙IIという区分でしたね。理科は4科目ともA、Bの区分でしたね。

投稿: フロレスタン | 2006年10月30日 (月曜日) 23時09分

私は教職員組合の左翼が作った総合選抜制度(地域の高校を強制的にすべて同じレベルにする制度。広島、京都、兵庫など左翼の盛んな地域の公立名門校を壊滅させた)により、強制的に偏差値51で統一された地元の公立高校に行きましたが、2年生から文理に分かれ、文系でも世界史日本史から一つ選択ということで社会2科目の受験には対応しないし、という状況でした。ただ、今のカリキュラムと違うので、一概に履修不足とかそういうことは判断できないのですが。
まあ、結果的に共通一時でしくじったので社会2科目(あ、理系に未練があり理科も二つ勉強してました)を使う機会もなかったのですが(笑。
しかし、3年生になると数学、理科の授業がないクラスとか(国語、社会のないクラスもあり)がたくさんあって、今思うと恐ろしいです。
しかも、結局高校内のレベルにバラツキが大きすぎて授業にならないため、一年生から学力別の輪切りクラスにされていたのですが、それじゃ、輪切りで高校に行くのと変わらないんじゃないか、という話もありました。

投稿: takeyan | 2006年10月31日 (火曜日) 11時37分

>>takeyanさん

共産主義を徹底するなら、文理分けもなしで、全員同じ科目を履修しないといけないと思うのですけどね(笑)。左翼のダブルスタンダードの典型ですね。それこそ子供が被害者、かわいそう、です。救済が必要だ。

ところで、日本には安倍首相の他に、森元という太った首相がいるらしいです(笑)。

投稿: フロレスタン | 2006年10月31日 (火曜日) 11時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/12474959

この記事へのトラックバック一覧です: 履修科目の記憶をたどってみる:

« 何この役所間のダブルスタンダード? | トップページ | 自主とは? »