« まさか本当に起きるとはね | トップページ | 言論の自由の判断基準 »

2006年10月14日 (土曜日)

MNP、うっちゃりか寄り切りか

MNP(Mobile Number Portability)の導入で、1000万台くらいのキャリア乗換が予想されているらしい。どうせ広告代理店あたりが絡んでいて、ある程度数字をでっちあげて利用者を踊らせようとしているのかも知れないな。絵文字だの着うただの(若い連中など、それが一番大切な判断基準なのかも知れないが)で客の引っ張り合いを展開していて、一番大切なはずの料金の引き下げはどこかに行ってしまっている。

価格破壊の役割を期待された=SoftBankは、Vodafone買収に多額の資金を借り入れしたため、銀行に首根っこを押さえられていて思い切った料金引き下げができないらしいのだが、まったく銀行という存在には困ったものだ(低金利のまま空前の利益なのに特例で法人税も払っていないらしいし)。SoftBankホークスが優勝していたら、記念で料金引き下げになっていた、訳ないよな(^_^;)。

テレビのコマーシャルでAre you DoCoMo ?っておかしな和製英語が最近耳に飛び込んでくるのだが、それにあわせて、テレビの画面いっぱいに朝青龍の顔が広がる。DoCoMoは客を手放したいのかね(^_^;)。

そもそも契約時に年間割引なんか使っていたら、途中解約には違約金が発生する訳で、それを窓口で知らされた段階で、じゃ乗換やめた、なんてことになるだろう。もしも、キャリアや販売店がそれを阻止しようとして、違約金を負担したりしたら、乗り換えない顧客を裏切ることになる。

この状態では、意外と利用者は冷めていて、キャリア各社の思うような動きはないかもしれない。大山鳴動して鼠一匹、だったりするかもな(笑)。

|

« まさか本当に起きるとはね | トップページ | 言論の自由の判断基準 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/12286116

この記事へのトラックバック一覧です: MNP、うっちゃりか寄り切りか:

« まさか本当に起きるとはね | トップページ | 言論の自由の判断基準 »