« どっちもどっちだ、能がない | トップページ | いい方法がありまっせ »

2006年10月25日 (水曜日)

工学部だけの問題ではない

大学工学部 志望者10年で半減 来春大急ぎで組織改変へ

工学部出身としては嘆かわしいことだが、これも構造的な問題なのでいたしかたないとも思う。一朝一夕には解決できないだろうし、大学工学部の問題としてではなく、日本社会の問題として捉えて、一度落ちるところまで落ちるのも必要かも知れない。

若い人達があまりにも資格や就職といった実利にばかり目が行きすぎる。しかし、現実に仕事に就けない、稼ぎが低い、というのは困るので、これまた仕方ない面はあるのだが、あまりにも特定の方向に皆目を向けすぎていないか?受験に関係ない科目は勉強するのが無駄だ、という考え方と根っこは同じような気もする。

法科大学院が設置されれば、法律のスペシャリストがこれからはたくさん必要だ、と言ってみたり、特定の医者の私生活をバラエティ番組に利用しつつ医者になれば皆高所得が手にはいるかのような報道をするなど、悉く煽るようなメディアの伝え方も問題だろう。
(法科大学院の場合、あまりにも設置数が多すぎて、司法試験の合格実績に佐賀、ぢゃなくて(^_^;)、差がついたり、授業料が高くついたり、教官の資質が問題だったりと負の側面も報道されるようにはなっているが)

例えば、難関の国家資格(文部科学省所管)と言われている技術士というのがあるが、(社)日本技術士会という組織で定めている技術士の報酬基準というのがあり、(今はどれくらいか確認していないが)私が合格した頃は諸経費込みで日額約15万円である。これが守られることはほとんどない。高すぎるというのである。契約してもらえないと仕事にならないから、皆しかたなく「値引き」しているが、国家試験の合格者を構成員とする公益法人の定めた報酬基準が守られないのである。

こういう実態を放置していては、実利的になってしまった多くの受験生の工学部離れを食い止めることは出来まい。

医療系の学部の教育や医療の現場だって、使用している検査機器などの多くは工学系の手によるのだよ。そのうち検査機器も皆輸入品なんてことになるのだろう。

医学部に関してはアメリカのように、他の学部を修了してから進学させるようなシステムへの変更も考えるべきだろう。今のままでは、受験秀才で金儲け主義の奴しか医者にならないようになってしまう。現に訴訟を恐れての産婦人科医の廃業、減少にその兆候が見えるではないか。

「学問の内容が多岐にわたり、高校側が進路指導しにくい」なんてのは教育機関としての高校側の怠慢だ。教師が対応しきれなければOBはじめ、工学部出身者にガイダンスを要請すればいいではないか。もちろん然るべき報酬を支払ってね。学校単位ではなく教育委員会が主導してもいい。でも、教育界って閉鎖的だから、こういうことには腰が重いのだよね。

何というか、日本の教育は満身創痍になっているな。

|

« どっちもどっちだ、能がない | トップページ | いい方法がありまっせ »

コメント

私も一応工学部出身ですが。技術者の待遇はよくなっていると聞きます。工学部、工業大学が多すぎると思いますね。全部が物づくりに行くわけじゃないし。
そうですね、学部で無理なら修士課程で即戦力を鍛えるような教育はどうでしょうか。学科の数は減らしても少数先鋭の方向にもっていくしかないと思いますが。
社会構造を変えるのは難しいので、新卒のレベルアップから始めるのは、さほど難解ではないような気がします。

投稿: アマサイ | 2006年10月26日 (木曜日) 19時06分

>>アマサイさん

うんうん。確かに数が多すぎるというのはあるかもしれませんね。そうすると志願者が減少したのはむしろ、落ち着くべきところに落ち着く、ということなのでしょう。

ただ、数の問題とは別に、やはり就職がいいという理由で皆が医療系を希望するのはどうかと思います。おっしゃるようなレベルアップは必要ですし、とりあえずの手段としてもいいかもしれません。誰が率先してやるのか、と言う問題はありますが(^_^;)。

社会構造の変革は、自分が生きている打ちはあまり期待していませんが、やはり必要なことでしょう。

投稿: フロレスタン | 2006年10月26日 (木曜日) 19時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/12430243

この記事へのトラックバック一覧です: 工学部だけの問題ではない:

» 工学部はそれほど難解か? [スシの暗黒狂]
工学部の志願者半減のニュースであるが、以前書いたエントリとこのエントリにも書いたとおり、この問題の解決には理工系人材のいっそうの地位向上以外ありえない。 幸い、先日このような判決もでており、少しずつではあるが状況は改善されつつある。 この流れを絶たないようにさらなる地位向上がなされていけば自然と工学部や技術者へ人は戻ってくる。 この流れを大切にしていきたい。 ... [続きを読む]

受信: 2006年10月27日 (金曜日) 00時28分

» そりゃぁ、 [hontoha-sunao]
そりゃぁ、そうだろう! [続きを読む]

受信: 2006年11月 3日 (金曜日) 16時02分

» 医学部受験について [医学部受験ガイド]
医学部受験に関する情報を紹介していきます。医学部受験についてはココからどうぞ [続きを読む]

受信: 2006年11月 7日 (火曜日) 15時11分

« どっちもどっちだ、能がない | トップページ | いい方法がありまっせ »