« 本当に改正する気があるのかどうか | トップページ | 何この役所間のダブルスタンダード? »

2006年10月29日 (日曜日)

北京詣でのお返しか

安倍総理の北京詣では、あの王毅が機嫌良くなるくらいだから、よほど土下座外交だったのだろうな。
それを示すかのように、このタイミングでこれである。

尖閣諸島付近「接続水域」に香港の抗議船 海保が警告

シナ政府の反応見ても、尖閣は自国領だから日本政府が悪いといつもの開き直りである。
この記事からだけだと一部の活動家の仕業のように読めるが、いつも裏で政府が糸を引いている。
エンジン故障まで海保の船と衝突したからだとほざいているくらいだから、ならいっそのこと撃沈してしまえや。

|

« 本当に改正する気があるのかどうか | トップページ | 何この役所間のダブルスタンダード? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/12468616

この記事へのトラックバック一覧です: 北京詣でのお返しか:

« 本当に改正する気があるのかどうか | トップページ | 何この役所間のダブルスタンダード? »