« やはりそんなに単純ではないのだ | トップページ | これで知事ですか? »

2006年9月25日 (月曜日)

遂に逝ったか

19日に源義経がらみのドラマの配役のことを書いたら、なんと丹波哲郎氏が亡くなってしまった。
2002年の大河(利家とまつ=井口太郎左右衛門役)の頃から激やせ状態だったが、やはり衰えていたのだろうな。

35g軽くなって大霊界に逝ってしまった訳だが、これからはどうやってこの世と行き来するのだろうか。
よって敢えて「冥福」は祈らない。

|

« やはりそんなに単純ではないのだ | トップページ | これで知事ですか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/12038022

この記事へのトラックバック一覧です: 遂に逝ったか:

» 丹波哲郎さんが死去 大霊界に行ったのか? [つらつら日暮らし]
俳優丹波哲郎さん死去 国際的活躍、死後の世界にも関心 (朝日新聞) - goo ニュース 映画「日本沈没」「砂の器」、テレビドラマ「Gメン75」などに出演し、スケールの大きな演技で知られ、国際的にも活躍した俳優の丹波哲郎(たんば・てつろう、本名・正三郎=しょうざぶろう)さんが24日、肺炎で死去されました。84歳でした。 まぁ、かの丹波さんが亡くなるとは驚きです。いや、なんだか死んでも大霊界に行くとか... [続きを読む]

受信: 2006年9月26日 (火曜日) 10時06分

« やはりそんなに単純ではないのだ | トップページ | これで知事ですか? »