« ヴァチカンの認識って一体? | トップページ | 誰がこんな見出しをつけたのだ »

2006年9月21日 (木曜日)

底の浅いカラクリだこと(ついでに石倉洋子批判)

ネタの宝庫(笑)、毎日新聞の発信箱。

9月20日の枠を飛び出す(元村有希子)に関して、JosephYoikoさんのブログで「これはひどい(=_=)その1」という批判のエントリーがあり、小生もコメントしている。

さて、その一環でネット検索していて、一週間前の13日の同新聞理系白書の記事にこんなのがあった。毎日は購読しているのに、実はバカバカしくて理系白書を読んでいないのだが、やはりそれではいかん、と思った次第(苦笑)。

第2部・頭脳争奪 私の提言/下 石倉洋子氏

この記事、聞き手が元村記者である。

世界で最も優れたものを見極めたり、それを集めてさらに良いものを作ろうという意識が不足していると思います。システム開発を世界一流のインド人エンジニアに任せた日本の銀行の元社長が「机を並べて一緒に働けば、どんなにすごい人が世界にいるか分かる」と言っていました。
その元村発信箱は、日本では何故か文理が仲良くできない、と他人事みたいに書いているのだが、こういうことを平気で文系の奴が言うから、理系はへそ曲げるんだよ。日本人の技術者は「世界で最も優れたものを見極めたり、それを集めてさらに良い者を作ろうという意識」が不足してなんかいねえよ。どういう認識しているんだ、このDBA(経営学博士)のおばちゃんは。後半の銀行の話は、新生銀行の八城政基氏とジェイ・デュイベディ氏のことを指しているのかな?この例は八城氏が慧眼なのであって、日本の多くの(文系出身の)銀行経営者に同様の思考回路がないことの例なのだが。
例えば、日本のすべての大学や研究機関で、外国人と女性が3割いる環境にする。そうすれば、多様な人がいることが「普通の景色」になります。
なんて暴論吐いてる。莫迦でも能なしでも外国人と女なら3割になるまで入れろってか?どうしてフェミ連中はこういう発想するんだろうなあ。

でもって、この3割という数字が、20日付けの発信箱の「黄金の3割」という形で登場している訳だ。これはハーヴァード理論かな(笑)?俺は日本の学校しか出てないし、高校以降は周りに3割外国人や女性がいる環境になかったけれど、多様な人がいることなんて造作もなく理解したぞ。

それから

そして教育の目的を「知識」から「知恵」に切り替える。授業を「疑問を持つ」「考える」「質問する」内容に変えていく。断片的な知識を組み合わせ、論理的に考える力を鍛えるのです。論理力は科学技術だけでなく、企業経営などの戦略に不可欠です。
なんて石倉婆は言っている訳だが、この教育ってのはどの段階の教育を指しているのかな。理系白書だろ。理系だったら、まず基礎知識がないと知恵も疑問も論理もあり得ないぞ。それは大学の学部レベルでもそうだ。もちろん知識だけではだめなのは言うまでもないことだが。
もちろん、日本の都市や大学を、特定の分野でいいから優れた頭脳の集積地にすることも必要です。そこには自然と人が集まり、互いに切磋琢磨(せっさたくま)して「世界一の場」になるでしょう。
あれえ。人は多様に、って主張しているのに大学や都市は特定の分野に偏っていていいのかよ。俺はこんな都市はいやだね。自分がもしも設計任されたらこんなのつくらないよ。全くInterdisciplinaryにならないじゃないか。「特定の分野でいいから」ってのを抜かないとダメだな。

で、結局この記事は何を言いたいのかよくわかないし、言っていることが支離滅裂だ。優秀な人は海外へ出ろ、と言い、その一方で日本を帰ってくる魅力のある国にしろ、という。「国内も同時に変革する両面作戦」というのだが、具体的にどうしたらいいのかは読み取れない。賞味期限切れとも言えるシリコンバレーの例などを出しているところから、結局アメリカ頼みの思考なんだろうな。

いいか。日本の小中学校では、頭の良い子供が授業で疑問を持ったり、考えたりすると、教師に嫌われるんだよ。そういう経験を持っている人は少なからずいるはずだ。少なくともここに1人いる(笑)。そういうところから教育改革していかないと、全ては絵に描いた餅なのだ。それと、もう1つ。海外で成功すればいいかもしれないが、失敗しても温かく迎えてくれる国にしないと、冒険する奴は出ないぞ。

|

« ヴァチカンの認識って一体? | トップページ | 誰がこんな見出しをつけたのだ »

コメント

石倉のおばちゃんは、上智大学外国語学部の出身なわけですが、あの学科は外国人もうろうろしているし、女性も3割超えてますね。

で、貴女はご自分の出身学科に多様性を感じますかと問い詰めたい(^^;。

付属高校無いから、慶応ほどすれてないそこそこ綺麗な姉ちゃんの多い所というイメージしかない。

投稿: JosephYoiko | 2006年9月21日 (木曜日) 12時39分

>>Yoikoさん

実はうちの娘が通っている都立高校が「上智大学付属」と裏で囁かれております(笑)。

推薦合格が多いからなんですが(^_^;)、その高校は外国人子弟や帰国子女もいるし、逆に女の子が8割くらいなんですが、あれで多様と言えるのかなあ。英語莫迦が相対的に多いだけのような気もするのだが…

男の子が3割いないから多様じゃないんだな、きっと(爆)。PTAで女子高とうっかり口を滑らせて、男の子のお母さんから反撃された女の子のお母さんがおりました。

投稿: フロレスタン | 2006年9月21日 (木曜日) 12時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/11977392

この記事へのトラックバック一覧です: 底の浅いカラクリだこと(ついでに石倉洋子批判):

« ヴァチカンの認識って一体? | トップページ | 誰がこんな見出しをつけたのだ »