« これは毎日新聞の出番ではないのかな? | トップページ | 実態としての太陽系には何の変わりもないのだが »

2006年8月24日 (木曜日)

寅さんシリーズなんかではなく

寅さんの仲間役、コメディアンの関敬六さん死去

懐かしい名前に接したと思ったら訃報である。

渥美さん主演の映画「男はつらいよ」シリーズには、寅(とら)さんのテキ屋仲間役で存在感を示した。

映画が弱点の小生だが、特に寅さんシリーズには興味がない。故に全く見ていない。
私からすれば、関敬六といえば、チキチキマシン猛レースである(笑)。中学1年の時にこんなのを見て喜んでいた訳ね(^_^;)。ケンケンの真似はよくやったよ。

合掌。

|

« これは毎日新聞の出番ではないのかな? | トップページ | 実態としての太陽系には何の変わりもないのだが »

コメント

不敬ではありますが、彼が亡くなったことよりも、むしろまだ存命だったことに驚いた私。

私も関敬六といえば浮かぶのは、寅さんではなく、
・ケンケン
・ムッシュムラムラ
・関敬六だど
・底抜け脱線ゲーム
といった辺りでしょうか。

テレビで最近の映像が出たいましたが、昔の恰幅の良さはなくなっていました。当然か。

投稿: Joe | 2006年8月24日 (木曜日) 09時30分

>>Joeさん

そうそう、底抜け脱線ゲームもありましたね。

ロート製薬提供、金原二郎司会。その連想でアップダウンクイズ、小池清。金原氏(1932年2月生まれ)は97年に没していますが、小池氏(1931年8月生まれ)はご存命のようです。この2人、同学年だったのですね。

あと、底抜け毛脱線ゲームで連想するのが、何故かNHKのシャープさんフラットさん(^_^;)。

投稿: フロレスタン | 2006年8月24日 (木曜日) 11時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/11578883

この記事へのトラックバック一覧です: 寅さんシリーズなんかではなく:

« これは毎日新聞の出番ではないのかな? | トップページ | 実態としての太陽系には何の変わりもないのだが »