« 山の神は無能か | トップページ | まるでテロリストだな、三国屋建設 »

2006年8月15日 (火曜日)

今日という日は

小泉総理が靖国参拝したと寄りのマスゴミはこぞって大騒ぎ。反吐が出そうでテレビ見る気がしねえ。

さて、今日は公式には「終戦記念日」ということになっているが、実は「玉音放送」が流れただけの日に過ぎない。

1945年
8月9日 ソ連が日ソ中立条約を一方的に破棄して対日参戦。
ポツダム宣言の受諾を世界に通告したのが長崎に原爆が投下された翌日の8月10日。
御前会議でこれを正式決定したのが8月14日。
玉音放送が翌15日。
18日 千島列島占守島にソ連上陸。つまり15日過ぎても戦闘状態は継続していた。
9月2日 戦艦ミズーリで降伏文書に正式調印。よってこの日が本当の戦闘状態終結の日である。

1951年
9月8日 サンフランシスコ講和条約に署名。
1952年
4月28日 同条約発効。

本当の戦争状態の解消はこの条約によっている。従って、9月8日または4月28日を終戦記念日とするのが妥当であると考えられる。4月28日として祝日にしたら、翌日は昭和天皇のの誕生日であるし、つながりとしてもいいのではないかな。

8月15日は慣習としての戦没者慰霊の日とすればいい。

しかし、よほどのことがなければ、この意見が受け入れられることはないだろうなあ。

(追記)
日ソ戦は9月4日まで継続し、北方領土の占領完了は翌5日です。したがって2日が戦闘状態終結というのも厳密には正しくないが、これは国際法違反のソ連が悪いとしかいいようがない。

|

« 山の神は無能か | トップページ | まるでテロリストだな、三国屋建設 »

コメント

サンフランシスコ講和条約締結の日が、終戦ですよね。
そして、いつも思っているのですが、8月15日は「破線記念日」なのだ。と・・・
しかし、敗戦記念日なんて「祝日」でもなく「祭日」でもないし、がやがや騒ぐほどの事でもない。とすると、、、
まだ、日本国内では先の大東亜戦争終結していないのじゃない?
我国は真の独立国家として「体」をなしていないのか?
などと、試行錯誤的妄想をするようになってきた今日この頃です。
いずれにしろ、国論を沸かせるマスコミの馬鹿騒ぎが良くなく、この結末は(A級戦犯問題を含む)東京裁判史観を整理し、戦後の俄か共産主義者のDNAを駆逐しなければまともな国家にならないのでは。同時に、明治憲法以降のGHQあてがわれた今の憲法の呪縛から早く脱却し、あらためて我国独自で「新憲法」の制定をしなければならない時代になっているということなのでしょうね。

投稿: エセ男爵 | 2006年8月16日 (水曜日) 00時00分

>>エセ男爵さん

>まだ、日本国内では先の大東亜戦争終結していないのじゃない?
我国は真の独立国家として「体」をなしていないのか?<

そうかもしれません。妙に納得してしまいますね(^_^;)。

国際法も含めて、この問題で法律論を拒否する奴らがいますが(法律論振りかざすよりも戦争責任を明らかにせよ、という論調のブログを見ました)、全て法律に基づいて行われたことなのですがねえ。その制定過程や執行体制の問題はあるにせよ。

正しい理屈の上に論議を展開しないと、支離滅裂になってしまいます。こういう奴らはどうしても自虐史観・反日史観に染まって、良い人面していたいようです。

投稿: フロレスタン | 2006年8月16日 (水曜日) 00時08分

どうも「終戦記念日」という言葉にず~っと引っ掛かっています。満州、樺太では激戦が続いており、8月15日以降も大勢の日本人が命を落としています。
その人たちの慰霊は、8月15日では相応しくないような気もしています。

投稿: mac | 2006年8月16日 (水曜日) 11時13分

>>macさん

似たような内容の記事を書かれていますね(^_^)。
私は、若い頃左翼的な思想に傾いていた時期があり、その頃は終戦ではなく「敗戦記念日」ではないかと感じていました。

今は冷静に歴史的事実を並べて、この日を終戦の日とするのは適当ではないだろうという考えに至っています。私が生まれる前に、シベリア抑留の後遺症で若い命を落とした伯父(母の兄)の存在も影響していますね。

投稿: フロレスタン | 2006年8月16日 (水曜日) 12時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/11447613

この記事へのトラックバック一覧です: 今日という日は:

» アンチ・ヒロイズム(終戦の日に寄せて) [つらつら日暮らし]
15日61回目の終戦記念日 東京で全国戦没者追悼式 (共同通信) - goo ニュース こういった戦没者追悼式があることを知りつつ、拙僧は、今日の「終戦記念日」に因んで卑見を開示しよう。なお、最初に断っておくがまだ「敗戦の日」ではない。敗戦とは、戦艦ミズーリ号の上で、講和条約が結ばれたときのことを言うのだろう。今日は一応の戦闘終結(一部では続いていたそうだけど)、だからこそ終戦の日である。 さて、最近読�... [続きを読む]

受信: 2006年8月15日 (火曜日) 17時12分

» 小泉総理 靖国神社参拝 [王様の耳はロバの耳]
飛び交う歓声、外国メディア懸念も 首相参拝の靖国神社 (朝日新聞) - goo ニュース 今朝は小泉総理が靖国神社を参拝するであろうという事で朝6時からTVをつけ仕事の始まるまでに何とか見たいものと思っていたら雨の激しくなった7時30分頃モーニング姿に威儀を正し神社に到着 ついで靴を脱いで参殿する所を目にした 中の様子は勿論分らなかったが神社の要所にはカメラが据えてあり時々横顔が映っていた {/hiyo_oro/} 参拝の所要時間は正味15... [続きを読む]

受信: 2006年8月15日 (火曜日) 21時57分

» 小泉首相、靖国神社参拝…現職で15日は21年ぶり [所謂雑感]
小泉首相は終戦記念日の15日朝、東京・九段北の靖国神社を参拝した。 本殿に昇り、首相名で記帳した。首相は2001年の自民党総裁選で8月15日の参拝を公約したが、従来は中国、韓国などに配慮し、日付をずらして年1回参拝してきた。在任中の最後の参拝で公約を実現し、靖国参拝批判に譲歩しない姿勢を明確にした。 現職首相の8月15日の参拝は1985年の中曽根首相(当時)の公式参拝以来、21年ぶりだ。中韓両国は強く反発しており、9月の自民党総裁選で靖国問題が大きな争点となるのは確実だ。 小泉首相の...... [続きを読む]

受信: 2006年8月15日 (火曜日) 22時28分

» 2006.8.15 [ikeday1な日々]
明日はいよいよ8月15日である。小泉首相の靖国神社参拝が実現するか?その余波はどのように現れるか?非常に注目される。8/15には武道館で恒例の全国戦没者追悼式典がある。この式典ではA級戦犯もBC級戦犯も英霊や戦災で倒れた人たちと一緒に慰霊するものである。勿論、両陛下、総理大臣や閣僚、官僚達も総出で式典に参加するし、献花も行う事になっている。靖国神社参拝と同じ構造の式典なのだ。 では、なぜ靖国神社参拝だけを問題とするのか?中国と韓国が非難するからである。もし、両国が非難しなければ靖国神社への首相... [続きを読む]

受信: 2006年8月15日 (火曜日) 22時44分

» 「終戦の日」に靖國参拝す [MAC`S GADGET ANNEX]
今日8月15日は、所謂「終戦記念日」。 どうもこの「記念日」というお目出度そうな文言が大嫌いですが、定着してしてしまった以上、仕方無いのかなぁ、と感じてます。 そもそも今日8月15日は、玉音放送が行なわれた日に... [続きを読む]

受信: 2006年8月15日 (火曜日) 22時51分

» 小泉首相の靖国参拝は、「ファイトクラブ」特別番外篇だ [BBRの雑記帳]
もう、完全に飽き飽きしております。 とはいえ、一応「実質ニュースブログ」としてこの件に何も触れないというのもなあ、というのがあったりするのが我ながら小市民やと思う所でして。 でもこの件はニュースですらないので「テレビ」の所に入れておきましょう。 ...... [続きを読む]

受信: 2006年8月15日 (火曜日) 23時18分

» 学生が考える小泉総理の靖国神社参拝と、最新映画。 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ ]
昨日のTVタックルでも論議されていた靖国神社参拝。いち大学生がエラそうに論じるつもりはないのだが、いわゆる小泉総理最後の使命の実現に、純粋に感動した。 [続きを読む]

受信: 2006年8月15日 (火曜日) 23時40分

» 日中友好のために その7 [諸葛川]
<首相靖国参拝>小泉首相、靖国神社に参拝 中国や韓国だけが参拝に反対している靖国神社。 毎年8月15日は、靖国神社や第二次大戦について考えさせられます。 靖国神社に参拝することの是非、中国や韓国との関係は大事だと思います。 発展著しい中国。 中国経済の拡大に伴い、中国なしには今後の世界経済を語ることは出来ません。 今日は8月15日の終戦記念日です。 靖国問題など盛んに報道されていますが、日本と中国の関係を真剣に考えて いただきたいと思います。 ... [続きを読む]

受信: 2006年8月16日 (水曜日) 06時16分

» 小泉首相が靖国参拝 [高田大輝ブログ「ニュースいーたいほーだい」]
8月15日は終戦記念日。個人的なことですが、高田の祖父もサイパン沖で戦死しました。(骨が故郷に帰ってきたわけではないので、どっかで生きてるかもしれませんが。。)このような悲惨は戦争は二度と起きてほしくないですね。 ... [続きを読む]

受信: 2006年8月16日 (水曜日) 20時24分

» 終戦記念日・小泉首相参拝 [冒険少年にゅーす塾]
退任直前に公約を守られましたね。 と言うか一国の首相が自分たちの国を護るために戦った兵隊さん達が祀られている所に参拝するのは当然のことでしょう。 マスコミが騒ぎすぎ。 あるテレビで小泉首相が参拝することで騒動になり実は靖国に祀られている人たちは迷惑してい..... [続きを読む]

受信: 2006年8月16日 (水曜日) 23時23分

« 山の神は無能か | トップページ | まるでテロリストだな、三国屋建設 »