« プール絡みでこれはよいニュースだ | トップページ | 脳トレブームという割にはいい加減 »

2006年8月 7日 (月曜日)

「原理主義」もここまでくると滑稽だ

<灯籠流し>水に溶ける商品…「環境問題」で揺れる

灯籠流しは1年中、大量に毎日やるのか?

そうではあるまい。環境を盾に、人の心まで抑制しようとするのはいただけない。
環境省のエアコンの室内温度設定も根っこは同じだと思うが、目的達成のために複数ある手段のうちの1つが、いつの間にか絶対的な目的と変質してしまっている。

窮屈な世の中になったものだ。

|

« プール絡みでこれはよいニュースだ | トップページ | 脳トレブームという割にはいい加減 »

コメント

原理主義NPOの連中は、電気は自分で作りなさい、問いいてやろう。

投稿: スーパーTS | 2006年8月 7日 (月曜日) 20時52分

>>スーパーTSさん

いやね、最近思うのですが、こういうことを本気で主張する連中には、おまいらの存在そのものも環境負荷高めているんだぞ、と言ってやろうかと。そんなに環境破壊がいやなら、まずは自分たちがこの世から消えればいいのに(笑)。

投稿: フロレスタン | 2006年8月 7日 (月曜日) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/11318186

この記事へのトラックバック一覧です: 「原理主義」もここまでくると滑稽だ:

» No.374:クソミソ [!? びっくり&はてな]
   おはようございます。昨日紹介した「灯籠流し」が物議を呼んでいるそうです。 ? 夏の風物詩「灯籠(とうろう)流し」。最近、水に溶ける灯籠が回収の手間がかからないことを売りに増えつつある。ところが、環境NPO(非営利組織)などが「川が汚れる」と問題視し、国... [続きを読む]

受信: 2006年8月 8日 (火曜日) 08時38分

« プール絡みでこれはよいニュースだ | トップページ | 脳トレブームという割にはいい加減 »