« 寅さんシリーズなんかではなく | トップページ | また莫迦の犠牲が »

2006年8月25日 (金曜日)

実態としての太陽系には何の変わりもないのだが

国際天文学連合のプラハ会議で冥王星が惑星から除外された。マスコミは大騒ぎである。産経新聞などは一面トップ扱いだ。科学の中でも身近な話題だけにマスゴミとしては騒ぐ価値があるのだろうな。

冷静に考えれば何も変わった訳ではない。冥王星の異質さを考えればむしろすっきりする。英国の作曲家グスタフ・ホルストの作品に組曲「惑星」というのがあるが、冥王星は含まれない(占星術から発送されているので地球も含まれない)。作曲当時発見されていなかったからだが、結果的にそれでよかったことになる(笑)。一般人が普通に手に入る光学式望遠鏡で見ることができないような星の学問上の定義をどうするか、ということでそんなに騒ぐなよ。

教科書の書き換え云々というが、そんなもの現場で対応すればいいことだろう。それとも理科の教師はそんなにアホ揃いか?

それにしても、毎日新聞の記事中の松本零士のコメントには呆れたね。自分の妄想がいつの間にか「多くの人の夢」になっちまっている。それはねえだろ。

そのうえで「冥王星はこれからも太陽系の一族だ」と強調し、存在感が低下しないよう何らかの形で配慮してほしいと訴えている。

別にあんたが強調しなくても、冥王星が太陽系の一族であることを誰も否定もしないし忘れもしない。存在感なら今回の騒ぎでかえって高まったろう。それより、宇宙戦艦ヤマトだったか、冥王星を跡形もなくガミラスに爆破させてしまったのはあんたではなかったのかな?(笑)

その点、観山正見・国立天文台長の話は冷静かつ中立的でよい。

(追記)
産経新聞の記事はなかなかよい出来だと思った。一面の報道には松井孝典東大教授の談話を掲載(惑星を8個としたことは科学的に妥当であり、わかりやすくて社会的にもよい、という趣旨)。また社会面には「冥王星」という和名の命名者の遺族(娘さん)の残念だが仕方ない、という談話や、ホルストの曲のこと、教科書会社及び科学館や天文台などの対応についても言及し、バランスが取れている。

|

« 寅さんシリーズなんかではなく | トップページ | また莫迦の犠牲が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/11600755

この記事へのトラックバック一覧です: 実態としての太陽系には何の変わりもないのだが:

« 寅さんシリーズなんかではなく | トップページ | また莫迦の犠牲が »