« 日常と非日常の境界 | トップページ | 今日という日は »

2006年8月14日 (月曜日)

山の神は無能か

世界遺産は「無法地帯」 違法な釣り横行 白神山地

20年前、白神山地という名称や場所、その価値を知っている人がどれだけいたことだろうか。
世界遺産などと言ってはしゃいだ結果がこれだ。環境保全のための有効な施策が未整備なまま、知名度だけが一人歩きした。他人事のような言い方だが、自業自得だろう。危機遺産に指定してもらったらどうかな。

それにしても、釣り人の中にはとんでもない奴もいるものだな。
こんな奴らでも、もし川に転落したら救助しなくてはいけないのだろうか。ピラニアに食われて死んでしまえ。

|

« 日常と非日常の境界 | トップページ | 今日という日は »

コメント

こういう問題に、たとえばQ大の空飛ぶ生態学者は、どういう解決策を提案できるのでしょうね。 理学系大学研究の意義を確認してみたいぞ。

投稿: スーパーTS | 2006年8月15日 (火曜日) 15時20分

>>スーパーTSさん

ああ、確かにおっしゃるとおりですねえ。
彼はこのニュースを把握しているのでしょうか。

投稿: フロレスタン | 2006年8月15日 (火曜日) 16時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/11436333

この記事へのトラックバック一覧です: 山の神は無能か:

« 日常と非日常の境界 | トップページ | 今日という日は »