« 放置しとけや | トップページ | 情けねえけどこれが現実 »

2006年8月 5日 (土曜日)

「パ」クったよ「ロ」スを覚悟で「マ」ツシタを

パロマが松下の真似しているなあ(笑)、テレビCM使った例の問題(一酸化炭素中毒死)への対応。
といっても、全世帯に郵便出すほどの体力も根性もないはずだから、コマーシャルだけだと思うが。

それにしても「マネシタ」の真似するとはねえ(爆)。

|

« 放置しとけや | トップページ | 情けねえけどこれが現実 »

コメント

ははは。僕もそう思いました。例のティムポヒーターと絵コンテが全く同じ。

ああいうCMでは、暗い声のナレーターという指名がされるんですかね?(^^;

投稿: JosephYoiko | 2006年8月 5日 (土曜日) 07時56分

>>Yoikoさん

日本人の心情からすると、ああいうCMで明るい声ってのは反発するのでしょうね。ただ、よく通る声の人でないと告知効果が薄いので、そのあたりは注意する必要がありそうです。

投稿: フロレスタン | 2006年8月 5日 (土曜日) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/11271440

この記事へのトラックバック一覧です: 「パ」クったよ「ロ」スを覚悟で「マ」ツシタを:

« 放置しとけや | トップページ | 情けねえけどこれが現実 »