« ワイン対決その1 | トップページ | 理系白書の看板が泣くぜ »

2006年7月 8日 (土曜日)

W杯出場国とワイン

W杯のベスト4のチームを酒に喩えて、ドイツだけビールと仲間はずれにしておりますが、ドイツも南部ではワインつくってますね。リースリンクの白なんかはちょいと甘いけど、結構好きです。今回の出場国では、日本も山梨などでワインつくってますが、地中海性気候のアメリカの西海岸やオーストラリア南東部などもワインつくっていて、日本でも輸入されたのをよく見かけます。スイス、クロアチア、旧セルビア・モンテネグロ、スペイン、チュニジア、アルゼンチンといったところもワインの産地。

出場国ではないけれど、2004年のヨーロッパ王者のギリシャもそうだし、南米ではチリも。ギリシャとチリのワインは輸入されたのを飲んだことがあります。直前の親善試合で日本が戦ったマルタではマルソヴィンというメーカーが有名だそうです。

中世の温暖期にはブリテン島でも葡萄がとれたようで、ブリティッシュワインなんてのもあれば飲んでみたいものです(笑)。

それにしても最近のココログのレスポンスの悪さは何なんだ!

|

« ワイン対決その1 | トップページ | 理系白書の看板が泣くぜ »

コメント

毎回楽しい解説をありがとうございます。
バカンス先から、パソコン開いて読んでいました。
仕事関係はスルーしましたがね。バカンスやもんね~。
ポルトガル人とイタリア人の騒ぎようにはちょっと怖いものがありました。

投稿: 圭 | 2006年7月 8日 (土曜日) 21時29分

>>圭さん

スペイン人だけ仲間はずれですねえ。
イタリア人やポルトガル人のふりして一緒に騒いでいる奴もいるかもしれませんが(笑)。

投稿: フロレスタン | 2006年7月 8日 (土曜日) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/10843345

この記事へのトラックバック一覧です: W杯出場国とワイン:

« ワイン対決その1 | トップページ | 理系白書の看板が泣くぜ »