« 開催国が面目保つ3位という予定調和的結果 | トップページ | 8時半の男、人生の8時半で没す »

2006年7月10日 (月曜日)

終了間際の男グロッソ

一端寝て、起きてみようと思ったW杯決勝戦。寝過ごして前半を見逃した(^_^;)。
その間に1点ずつ入っていたのね。しかもどっちも比較的早い時間帯に。

後半はフランスが押し気味に試合を進めていたが、やはりイタリアの守りが固い。フランスも同様なので時々イタリアが反撃しても押し返す。フランスはヴィエラがケガで途中交替したのが痛かったかもしれない。交替で入ったディアラは決して悪いプレーではなかったが、名瀬かカッカしてイエローカードも1枚もらっていた。

延長前半にリベリ相手DFを巧みにかわしてシュートするが、わずかにはずれる。次のチャンスはサニョルのクロスにジダンが頭で合わせてゴールマウスに飛んだがブッフォンがファインセーブ。これが決まっていたら、という場面だったが、実際に明暗を分けた。延長後半5分でジダンが退場。プレーに関係ない部分でマテラッツィとやりあってヘディング。主審は見ていなかったが、ブッフォンがアピールし、副審と協議した結果ジダンが退場。こちらのヘディングは決まってしまった。

NHK-BSの実況では、残念な最後というようなことを言っていたが、ジダンの経歴を考えれば、案外あれにふさわしい幕切れだったかもしれない。もしかしてわざとやったか?いくらなんでもそれはないだろうが。

そしてどちらも消耗して攻撃が組み立てられず結局PK戦へ。
イタリアは12年前のアメリカ大会決勝で、PK戦で負けているので、相手は違うが(でも、その時の相手のブラジルを破って出てきたフランスではある)雪辱を果たしたいところ。

結果はイタリアが5人全員決めたのに対して、フランスは延長の途中で出てきた2人目のトレゼゲがクロスバーに当てる失敗があって、イタリアの24年ぶりの優勝となった。イタリアチームはGK以外の登録選手21人が一度はピッチに登場するという総力戦で、7試合の総失点2で戦いを終えた。優勝という目標に向けて、全選手が気持ちを1つにして強い意志で戦う精神力を感じさせてくれたが、それが最後のPK戦でも発揮された。

イタリアの5人目のキッカーは左SBのグロッソ。決勝トーナメント一回戦のオーストラリア戦では後半ロスタイムにPKを誘う突破、準決勝のドイツ戦でも延長後半14分に先制ゴールと、試合終了直前に決定的な仕事をしてきた男が、最後に蹴って決着がついた、というのは今大会を象徴するシーンである。

決勝の試合内容も、今大会を凝縮したような内容だったといえるだろう。
組織化された固い守りのチームの優位さ、得点の少なさと接近した実力、ボール支配率が高くても必ずしも勝てないこと、そしてレッドカード。

通算優勝回数で単独2位になったイタリアに祝福を。大会前にセリエAの疑惑問題が噴出しただけに、国内は喜びに沸き返っているだろう。しかし、その処分は厳しいものになりそうで、これはこれでまた大きな話題になることだろう。8月には欧州の主要リーグ、そしてEURO2008の予選も始まる。

|

« 開催国が面目保つ3位という予定調和的結果 | トップページ | 8時半の男、人生の8時半で没す »

コメント

おはようございます。

決勝戦面白かったです。ジダンはあれで普通なんですか?フロレスタンさんの発言からすると過激な選手なんですね。言葉のやり取りがあったのでしょうが、美意識からというよりは、チームの勝利の優先という意味でもったいないことをしたと思います。PK戦にも大きく影響したでしょうから。精神統一は他山の石にしたいと思います。

ジダンを欠いた相手にイタリアが攻められていたのはどうかなと思いました。PKならフランスにも可能性が残りますからね。後半終了間際に投入された元気バリバリのデル・ピエロがいましたからイケイケで攻めて欲しかった。

PK戦は選手5人がよくあれだけきわどいところに決めましたね。プロとはいえ、バッジョも外したPK戦ですから、彼らの精神的なタフさを感じました。

次のお祭りはメジャーリーグのオールスターなんですが、こちらは9時放送ですから仕事中でみれませぬ。

投稿: outlaw | 2006年7月10日 (月曜日) 10時03分

>>outlawさん

私も新聞記事でちょこっと見た程度で、実際の試合を確認したわけではないのですが、ジダンはけっこう退場や出場停止食らっているらしいんですよ。今回もレッドカードは昨日だけですが、グループリーグは累積警告で3試合目が出場停止。98年のフランス大会の時も途中で出場停止くらってますね。

普段はとても物静かな紳士なのだそうすですが、試合になると熱くなってしまうのでしょうね(^_^;)。

MLBのオールスターも、本当のオールスターが集まって一試合だけだから、なかなか興奮しますよね。日本のオールスターとは一味も二味も違う。

投稿: フロレスタン | 2006年7月10日 (月曜日) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/10863944

この記事へのトラックバック一覧です: 終了間際の男グロッソ:

« 開催国が面目保つ3位という予定調和的結果 | トップページ | 8時半の男、人生の8時半で没す »