« そもそもこいつは本当にめぐみさんの「元夫」なのか? | トップページ | 着工してしまったのにどうするつもり? »

2006年7月 3日 (月曜日)

ソースネクスト化する?ジャストシステム

ジャストシステム、2980円からの実用ソフトシリーズ、スーパーなどで販売

ここのところ赤字基調なので、一種の方向転換かもしれない。
かつては一太郎がワープロソフトの代名詞だったが、今では使いにくいM$ Wordが圧倒的なシェアである。ATOKは秀逸な仮名漢字変換システムであるし、使い慣れているので、これはずっと頑張って欲しい。小生、携帯電話を選ぶ時もATOK搭載のものを探す。以前はMobile Rupoの東芝だったが、今はATOK搭載の日立のW32Hである。

あと、リモートディスクスペースサービスのInternet Diskも、他社の同種のサービスと比較して使いやすいし、価格も手ごろである。

現実にはWindowsデフォルトのM$ IMEを何の疑問もなく使っている人が多いので、こちらも厳しいのかもしれないが、ワープロはErgosoftのように一太郎Pureなんて廉価版を、仮名漢字変換もAdobe風にATOK Elementなんて廉価版を、それぞれ出して、ダウンロード販売やスーパー、コンビニあたりに置いたらどうでしょ(^_^;)。

創業者の浮川夫妻ともちょっとだけだが面識あるので、純国産ソフトをずっと開発してきたこの会社には頑張って欲しいものである。

ソースネクストは、しょうもないソフトもたくさん扱っている玉石混淆だが、ジャストシステムは遊び心に特化しているようなので、廉価ソフトの販売という点では似たような路線かもしれないが、全くの後追いという訳でもなさそうだ。

「昔話」の部類に属してしまうが、1980年代にワープロソフトもスプレッドシートソフト(Excelなんかね)も「定価58,000円」という時に(しかもLotus 1-2-3はガードがかかっていた)、ガード無しのスプレッドシートソフト9,800円というソフトを売り出していたビル・トッテンって外国人のおっさんがいたなあ。

|

« そもそもこいつは本当にめぐみさんの「元夫」なのか? | トップページ | 着工してしまったのにどうするつもり? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/10778448

この記事へのトラックバック一覧です: ソースネクスト化する?ジャストシステム:

« そもそもこいつは本当にめぐみさんの「元夫」なのか? | トップページ | 着工してしまったのにどうするつもり? »