« 理系白書の看板が泣くぜ | トップページ | 終了間際の男グロッソ »

2006年7月 9日 (日曜日)

開催国が面目保つ3位という予定調和的結果

ドイツ・ポルトガルは3−1でドイツの勝利。

前半は0−0で折り返したが、ポルトガルが優位に試合を進めていた。しかし、パウレタとカーンが1対1の決定的な場面で決められないなど、準々決勝以降、無得点のポルトガルは攻めきれない。特に、今日の試合はフィーゴが先発をはずれ、右SBのミゲルは膝のケガで欠場、CBのカルバーリョは出場停止と、主要メンバーを欠いたせいか、いつもにも増して攻めのリズムが単調で、C・ロナルドの強引なドリブル突破だけが目立つ。ミゲルがいればもっと速攻のバリエーションがあったのだろうが、代わりに入ったパウロ・フェレイラのところで攻撃が滞っていた。時折、日本代表とダブって見えたのは俺だけかな(^_^;)?

デコも時折いいプレーをするのだがドイツのマークがきつくそれが長続きしない。左サイドも「子門三郎佐」が時折ドリブルを見せるが、かなりの時間消えていた。彼が消えていた時は、ドイツの右サイド、シュナイダーが攻め込んでチャンスを作っていた。

後半も立ち上がりはポルトガルペースだったが、11分、シュヴァインシュタイガーが相手DFをかわしてミドルシュートを決めると、ドイツが攻勢を強め、ポルトガルはファウルで止めるのが精一杯になってきた。16分、セットプレーからシュヴァインシュタイガーのFKがOGを誘った時点で試合は事実上終了した。

シュヴァインシュタイガーはもう1点おまけ。先発メンバーを変えたのはドイツも同じことであり、今日はドイツもそんなにいい出来とは言えなかったから、今日はこいつとカーンの2人だけで試合をしていたようなものだ(笑)。そして終了間際に途中出場のフィーゴが絶妙のクロスで、これまた途中出場のゴメスのヘディングシュートをアシストして、ポルトガル代表としての有終の美を飾り、そして決勝トーナメント一回戦以来の得点を演出したのは、さすがに今大会好調の千両役者というべきか。

主審の上川氏は、あまり大勢に影響のない部分での誤審もあったものの、ファウルの見きわめやアドバンテージなど、全般的には落ち着いた試合コントロールをしていたと思う。ややドイツ寄りのようにも見えたが、国際大会ではこんなものだろう。

|

« 理系白書の看板が泣くぜ | トップページ | 終了間際の男グロッソ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/10852535

この記事へのトラックバック一覧です: 開催国が面目保つ3位という予定調和的結果:

« 理系白書の看板が泣くぜ | トップページ | 終了間際の男グロッソ »