« 公共交通で臭いの規制をしてくれ | トップページ | 自分たちは特別な存在ですか? »

2006年7月30日 (日曜日)

ずっと忘れるなよ

なかなか終わらない梅雨の影響で、各地で日程がなかなか消化できない高校野球の地方予選。
朝日の偽善と野球だけの特別扱いが気にならないので、あまり高校野球のことは取り上げたくはないのだが、これだけは是非。

今、東京は西大会の決勝やっているが、明日は東の決勝。

その東大会で、シンドラーのエレベーターで死亡した市川大輔君(自分の子供と同い年なので他人事には思えない)の所属していた都立小山台高校の野球部がシード校の東海大高輪に勝利するなど奮闘した。彼のバットを使って打席に立った仲間もいたようだし、「市川が勝たしてくれた」というような趣旨の発言をした選手もいたようだ。駒場学園に1-11でコールド負けして、彼らの夏は終わったが、一緒に過ごした時間はこれから先もずっと忘れないでいてくれよな。一緒に練習した仲間が忘れなければ、市川君の肉体は滅びても、魂は仲間が生き続ける限り滅びない。

|

« 公共交通で臭いの規制をしてくれ | トップページ | 自分たちは特別な存在ですか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/11151361

この記事へのトラックバック一覧です: ずっと忘れるなよ:

« 公共交通で臭いの規制をしてくれ | トップページ | 自分たちは特別な存在ですか? »