« 違和感あるねこの社説 | トップページ | 東大阪が熱い(笑) »

2006年7月 2日 (日曜日)

そして欧州勢だけが残った

イングランド・ポルトガルは、もやもやした展開のまま0−0で延長も終了して、準々決勝2度目のPK戦。ポルトガルGKリカルドの好セーブで、3−1でイングランドを退けて、40年ぶりのベスト4進出。ポルトガル代表にはイングランド・プレミアリーグでプレーする選手も少なくなく、これも巡り合わせなのだろう。

ポルトガルはパスがよくつながり、イングランド陣内に攻め込むがなかなかペナルティエリアには侵入できない。イングランドDFの固さが光る。テレビ解説では、簡単にクロスをあげないのがポルトガル、と言っていたが、クロス入れても跳ね返されるのが関の山だからな。高さではイングランドが優位なのは誰の目にも明らか。だからボールをサイドに散らして揺さぶってゴール前をこじ開けようとするのだが、この試合では出場停止のデコの代わりに入ったティアゴがあまり機能せず、うまくいかない。マニシェがミドルシュートを何度も放つが、枠からはずれたり、相手DFに当たったり。

イングランドGKのロビンソンはほとんどのシュートをがっちりと捕球するなど好セーブである。時折こぼれ球がゴール前にころがるが、詰めているポルトガル選手はいない。

イングランドも、ルーニーのワントップがまたもや機能せず、J・コールら中盤からの攻め上がりも少ない。ランパードのミドルシュートもGK正面をつくなどまたも不発だった。後半早々にベッカムが足を痛めて退いたのはチームにとっても痛かったかもしれないが、代わりに入ったレノンは、何度も右サイドを突破してチャンスをつくっていたから、それほどのマイナス材料ではなかったと思う。それよりもルーニーの退場で10人になり、守勢一方になってしまったことの方が問題だろう。結果的にはグループリーグでのオーウェンの負傷が痛かったことになるが、大会前に骨折したルーニーを代表に入れてまで期待したのが不発に終わったことになる。Wonder boyではなくWander boyだったかもしれない(^_^;)。

ランパードに関して言えば、今大会何度も強烈なミドルシュートを放ち、ゴールマウスを捕らえたものも多かったが、結局得点することは出来ず、最後にこの試合のPK戦の1番手で登場して、リカルドに止められてしまったのが象徴的だった。

フランス・ブラジルはフランスがアンリのゴールを守って1−0で勝利。
4年前はあまり評価が高くなかったのに、本大会に入ってからどんどん調子を上げて優勝したブラジル。そして今回はクァルテット・マジコを擁して史上最強と言われながら、最後まで圧倒的な強さを見せることなくベスト8で去ることになってしまった。前評判とはこんなものかもしれない。

これまでのW杯ではフランスの2勝1敗、通算でも2勝2敗3分けとブラジルはフランスに対してあまり相性が良くないようだ。しかも8年前と同じヨーロッパでの試合である。

決勝トーナメントの初戦のガーナ戦で快勝したことが、調子を上げることにつながらず、逆に課題を覆い隠してしまったのではなかったか。フランス戦、ホナウドは、時折縦に鋭い動きを見せるものの、全体としてはまた元に戻ってしまったようだ。ホナウジーニョはやはり代表ではバルサほどには輝けないのか。

前線では今大会孤軍奮闘だったカカーを途中交替させることになったこと、守備的MFの要エジウソンエメルソンをこの試合では欠いたこと、決勝トーナメントの前半くらいまでは黒子に徹して目立たなかったゼ・ホベルトまでが攻め上がらなくてはならない状況を作ってしまったこと、右サイドのカフーに疲労の蓄積が見えたこと、DFとGKの連係が悪いという課題が見えてしまったことなど、結果論ではあるが負ける要素は満載だった。

逆にフランスはグループリーグの立ち上がりは、ブラジル同様ヨタヨタで、4年前に続いてまたも敗退かと思われたのを、内紛でもめたトーゴに当たるという幸運もあって、調子を上げていた。韓国戦も引き分けはしたものの(ゴール1つ認められなかったしね)、シャンパンサッカーの復活を思わせるような内容だった。決勝トーナメント初戦のスペイン戦で、ジダンが輝きいい試合が出来たのが大きかったかもしれない。ブラジル戦では、さらにジダンのプレーには全盛期の片鱗が見えたし、アンリがゴールを決めたというのも大きい。相変わらずマケレレ、ビエラ、サニョルらの守備陣は固い守りでブラジルを自由にさせなかった。若手のリベリが途中交替したものの、いいプレーを見せたのは今後にもつながる。

準決勝はドイツ・イタリアとフランス・ポルトガル。全てヨーロッパだが、開催国に対してラテン包囲網という形になっている。1990年のイタリア大会では、開催国イタリアが3位で当時の西ドイツが優勝という結果だった。イタリアは当然16年前の雪辱(準決勝で負けた相手は西ドイツではなくアルゼンチンだったが)を狙ってくるだろう。フランスはジダンの花道に2大会ぶりの優勝を、ポルトガルはデコが戻ってきて8番目の優勝国となることを、それぞれ狙ってくる。

大詰めで面白い舞台が整った。

|

« 違和感あるねこの社説 | トップページ | 東大阪が熱い(笑) »

コメント

フランス-ブラジル戦は、子よいこ先生がフランスを必死に応援してました。

(^@^)<アンリが格好よかったので、ナカータ坊主は止めてまたツルツル君になりましたよぉ。

投稿: JosephYoiko | 2006年7月 2日 (日曜日) 19時14分

>>Yoikoさん

やはり子よいこ先生はフランスサポでしたか(^_^)。

日本にとっては、ブラジルもフランスもサッカーの発展のために世話になっている国なので、お手本になるような試合を期待したのですが、ブラジルはあまりいい出来ではありませんでしたね。

投稿: フロレスタン | 2006年7月 2日 (日曜日) 20時18分

ルーニーは若気の至り(若干20歳らしいが、あれはとてもその年齢には見えない。)で審判に罵詈雑言でも言ったんですかね?ポルトガルのGKはナイスセーブ。
ヨーロッパ勢が残りましたが、さてどこが決勝に行きますかね?
私はイタリアに行って欲しいなぁ。

投稿: outlaw | 2006年7月 2日 (日曜日) 20時27分

>>outlawさん

私もイタリアには決勝進出して欲しいですね。ドイツに行って欲しくないからですが(笑)。

ルーニーは、なんでも倒した相手のカルヴァーリョの股間を踏んづけて、抗議したC・ロナルドを突き飛ばした、というのが退場の理由のようです。どうせなら17歳で代表に入れたウォルコットを一度使ってみて欲しかった。

ところで、若干ではなく弱冠ってのはズバリ20歳のことですね(^_^)。

エリクソン監督曰く「彼は貧しい家庭環境で育ったので感情をコントロールできない」そうですが、ガセネタかもしれませんね。そのルーニーを代表に選んだのはエリクソンですから(笑)。すぐにカッカするので「子供」というあだ名を頂戴しているようです。

投稿: フロレスタン | 2006年7月 2日 (日曜日) 20時37分

辞書で調べました。

”弱冠”ですね。ついつい字につられてしましました。漢字って難しい(笑)。

投稿: outlaw | 2006年7月 3日 (月曜日) 08時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/10761732

この記事へのトラックバック一覧です: そして欧州勢だけが残った:

« 違和感あるねこの社説 | トップページ | 東大阪が熱い(笑) »