« 分岐点 | トップページ | 頭化石なのか、このスポーツ記者 »

2006年7月 1日 (土曜日)

糞ローゼの「2発」で決まりかよ!

ドイツ・アルゼンチンはPK戦でドイツが勝っちまったよ。

タイトルは何かって?見ていた人にはわかるよね。クローゼの膝蹴り一発で、アルゼンチンGKアボンダンシエリが負傷退場。内臓損傷か骨折でもしていそうな様子なのだが、大丈夫だろうか。このアクシデントでGKはフランコに交替。選手交代の腹づもりが狂うし、こういういきなりの事故は選手の心理にも影響する。このシュートが「決勝点」みたいなものだな。

全く豚野郎といい、壊し屋が揃っているぜ、ドイツは。今日の試合は自分のところの主将のバラックも最後の方で壊れていたけどな。

同点ゴールは確かにクローゼのヘディングシュートが決まった。これは正当な一発である。まるで日本・ブラジル戦の前半ロスタイムを見ているようだった。あそこだけアルゼンチンの選手はボールウオッチャーになってしまった。ボロウスキーのヘッドが絶妙だったとも言えるけれどね。

アルゼンチンは前半は落ち着いてボールを回しながら、サイド攻撃、中央突破の選択肢をちらつかせてドイツゴールを狙っていた。しかもコーナーキックではニアサイドを低いボールで徹底的に狙った。後半早々にコーナーキックからファーサイドのアジャラのヘッドで先制したのも、こういう伏線が生きていたといえる。

守備もそのアジャラ、マスケラーノ、コロッチーニあたりが効いていて、クローゼ、ポドルスキーはほとんど試合から消えていたくらいだ。若いポドルスキーはかなり、カッカきていたな。
惜しかったのは、ロドリゲスのシュートがわずかにゴール右にそれた時。ぎりぎりでドイツDFがシュートコースを切っていたが、ああいうチャンスを決められないと、やはり落とし穴が待っている、ということだろう。途中交替で入った長身FWクルースもほとんど仕事が出来ていなかったが、これが3人目の交替だったからしかたない。勝っていればアジャラはMan of the Matchに選ばれたろうが、逆にPK失敗で敗戦の引き金となってしまった。

試合終了後、アルゼンチン選手が興奮していたが、何があったのか。せっかくいい試合をしたのだから、トラブル起こすのはやめようぜ。この負けでアルゼンチンサッカーの評価が落ちる訳ではない。むしろ場外でのトラブルの方が評判落とす。

日本選手も、体格面であまり差がないアルゼンチンのように、高い技術と落ち着いた試合運びのできる精神力、集中力、そして体力を向上させればいいと改めて思う。ただ、問題は創造力や決定力といったメンタリティだ。南米はあまりに遠いが、またコパ・アメリカーナに呼んでくれないかな。前に招待された時よりはいい成績残せると思うのだが。

|

« 分岐点 | トップページ | 頭化石なのか、このスポーツ記者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/10742049

この記事へのトラックバック一覧です: 糞ローゼの「2発」で決まりかよ!:

« 分岐点 | トップページ | 頭化石なのか、このスポーツ記者 »