« 終了間際の男グロッソ | トップページ | この展開は… »

2006年7月14日 (金曜日)

8時半の男、人生の8時半で没す

宮田征典(みやたゆきのり)氏が逝去した。ある世代以上なら、8時半の男はあまりにも有名である。そして読売ジャイアンツの背番号24と言えば、この人だった。悪いけど、中畑や高橋由伸はこの番号汚しておるよ。

前橋高校出身。我が母校のライバル校である。こちらはプロ野球選手がいねえよなあ。

宮田氏が最も活躍した1965年は、ジャイアンツの9連覇の最初の年だが、私は思い出すのもいやな小学2年生だった。しかもアンチGだった私だが、郷土出身の選手が活躍するのは、スカッとしたものだった。今でも覚えているのが、9勝1敗という成績(リリーフ投手でこの成績もなかなかの感動ものである)で登場した試合で、いきなり打球が足にあたり、そのまま起き上がれなかった試合である。相手チームも記憶にないのだが、記録を調べればわかるはずだ。しかし、その後も活躍して、結局20勝投手になった(うち先発勝利1勝)。いかに先発投手がだらしなかったか、ということの裏返しであるが、実際このシーズンは金田、城野内といった先発投手が不調だったようだ。今のルールを適用するとリリーフでの19勝の他に、22セーブが加わって、合計41セーブポイントとなるという記事が各紙に出ている。

ちなみにこの1965年生まれのプロ野球選手(元を含む)には個性的な選手が多い。昭和40年会というのもあるらしい。今も現役なのがヤクルトの兼任監督の古田敦也、中日の山本昌、オリックスの吉井理人。ブンブン丸池山隆寛、水野雄仁、斉藤雅樹、紀藤真琴、武田一浩、与田剛、渡辺久信ら。西武ライオンズの投手だった渡辺久信は郷土の先輩でもある宮田氏から指導を受けているはずである。

この年の登板過多が原因なのか、もともと心臓に持病があってリリーフにまわったということだが、実働は8年で通算45勝30敗。

記録よりも記憶に残る選手、というのが最近よく言われるけれど、宮田氏の場合、数字だけなら平凡だが、記憶以外に、このリリーフ投手で20勝という記録も特筆すべきで、記録にも残る選手と言ってよい。みんなが認めなくてもおいらは認めるぞ。

そして、コーチとして古巣以外に中日、日本ハムなど複数球団で活躍。進学校の出身ということもあって、そこいらの野球馬鹿とは頭の出来も違ったのだろう。

享年66歳はまだ若いと惜しむ声が多い。人生80年時代に66歳での人生の幕引きは、まるで真夜中の12時になる前に、夜8時半くらいで退場してしまったようなものだ。来世にもプロ野球があるのならば、早速8時半の男で登板しているに違いない。

合掌。

(追記)
1965年生まれのプロ野球選手で、重要人物を忘れておりました(^_^;)。ロッテの小宮山悟です。ちゃんと頭の中ではリストに入っていたのに、年ですねえ(笑)。

|

« 終了間際の男グロッソ | トップページ | この展開は… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/10940268

この記事へのトラックバック一覧です: 8時半の男、人生の8時半で没す :

» ≪ 8時半の男 逝く・・・。 ≫ [★☆どんちゃんのプチギャンブラー☆★]
    7月13日(木)14:11 [続きを読む]

受信: 2006年7月14日 (金曜日) 21時26分

» V9時代前半に活躍した「8時半の男」宮田征典氏死去 [オールマイティにコメンテート]
13日元巨人の投手で8時半の男として主にリリーフで活躍した宮田征典氏が14時11分亡くなりました。享年66歳でした。宮田氏はV9の主に前半の時代にリリーフとして活躍した投手で、先発完投が当たり前だった時代にリリーフで活躍した数少ない投手でした。引退後は投...... [続きを読む]

受信: 2006年7月15日 (土曜日) 00時22分

» 「8時半の男」逝く [つらつら日暮らし]
宮田征典氏が死去=元巨人「8時半の男」 Yahoo!ニュース 1960年代にプロ野球巨人軍の救援投手として活躍し「8時半の男」の異名をとった宮田征典(みやた・ゆきのり)氏が、13日午後2時11分、肝不全のため、前橋市の群馬県立心臓血管センターで死去されました。66歳でした。 前橋市出身の宮田氏は、前橋高から日大を経て62年に入団すると、V9巨人1年目の1965年、主に抑えとして69試合に登板し、20勝5敗、防御率2.07の成績を残しました。... [続きを読む]

受信: 2006年7月15日 (土曜日) 06時44分

» 王貞治監督が胃全摘出手術を受けられました。 [ロハスな生活で健康ライフ]
腹腔鏡を使っての手術だったそうで10日ほどで退院できるそうです。早期胃がんだったそうです。 [続きを読む]

受信: 2006年7月19日 (水曜日) 09時35分

« 終了間際の男グロッソ | トップページ | この展開は… »