« ワイン対ビールまたはパスタ対ソーセージ | トップページ | W杯出場国とワイン »

2006年7月 7日 (金曜日)

ワイン対決その1

ポルトワインとボルドーワインの対戦(笑)はボルドーワインの勝ち。

観戦中、当方もだいぶ疲労が蓄積してきて(^_^;)、半分くらい寝ていたが、何故か得点シーンはきっちり目がさえていた。ボルトガルはサイド突破を中心によく攻めるのだが、フランスの守備があまりにも固い。デコはほとんど仕事できいなかった。C・ロナルドのドリブル突破も決定機をつくるまでに至らない。マニシェのミドルシュートも精度を欠いていた。ペナルティエリアでアンリに足ひっかけちゃったカルバーリョにも得点できない焦りがあったのかもしれない。

アンリにPKやらせれば、4得点となって得点王争いにも顔出したのだが、ここは勝負重視でジダンというのは妥当な選択だろう。それにしても、ポルトガルGKのリカルドは、飛ぶ方向あっていたし、少し指先かすめていたよなあ。

最後はそのリカルドまで上がってきて11人のパワープレーも、今一歩及ばずポルトガルの初の決勝進出はならず。残念。しかしフランスもいい試合していたし、どちらが勝ってもおかしくない試合だった。ポルトガルには是非三位決定戦で勝ってもらいましょう。

その3位決定戦は、上川主審が担当で副審の広嶋氏も出る。この2人、決勝トーナメントになってから2度、第4審、第5審を担当する機会があり、本当はピッチに出たかったろうに、淡々と与えられた仕事をこなしていた。もしかして3位決定戦あたりの担当にならないかなあ、と思っていたら、本当にそうなった(^_^)。日本代表がふがいない結果だっただけに、この2人が立派な仕事をしてくれるのが、せめてもの日本人としての誇りでもある。開催国が出場する試合だけに、注目度も高いだろうし、最後にもう一仕事、いいジャッジとゲームコントロールを期待する。

なお、ワイン対決その2である決勝の主審はアルゼンチンのオリソント氏で、アルゼンチン人の審判が決勝の笛を吹くのも初めてだそうだ。彼も荒れた試合の多かった今大会、毅然としたジャッジを見せてくれていたので、妥当な人選だと思う。

第二次世界大戦ではドイツに首都を陥落させられて降伏したフランスと、ドイツと同盟して戦うも途中で降伏して連合国側に寝返ったイタリアの両国が、そのドイツの首都ベルリンで戦うというのはなかなかの巡り合わせである。別に政治や歴史と絡めても意味はないけどね(笑)。ここまで来ると予想してもあまり意味ないと思うけど、攻撃の迫力という点ではイタリアの方があると思う。守備は互角かもしれないが、フランスの方が固そうな気もする。いずれしても先制点を上げた方が優位だろう。94年のアメリカ大会のように、PK戦で決着という可能性もあるが、その場合イタリアにはR・バッジョの悪夢がちらつくかもしれない。

|

« ワイン対ビールまたはパスタ対ソーセージ | トップページ | W杯出場国とワイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/10823995

この記事へのトラックバック一覧です: ワイン対決その1:

« ワイン対ビールまたはパスタ対ソーセージ | トップページ | W杯出場国とワイン »